実況アナ大集合。日本一ゆるいドラゴンズ応援番組

特集記事 / スポーツ

3月29日、プロ野球ペナントレースが開幕しました。
前日の28日、CBCラジオでは『CBC実況アナ全員集合!だからドラゴンズは優勝する!開幕直前スペシャル』と題し、塩見啓一アナ、柳沢彩美アナをメインに、水分貴雅アナ、宮部和裕アナ、西村俊仁アナ、江田亮アナ、そして野球解説者の彦野利勝さんが参加して今シーズンの中日ドラゴンズを占いました。

リスナーも興奮?

与田新監督就任に、根尾選手のドラフト入団。そしてキャンプにおける松阪投手の負傷など、ストーブリーグも大きな話題を提供していた中日ドラゴンズ。
今シーズンの期待の大きさをうかがわせるように、番組には数多くのメッセージが寄せられました。

「半年後は笑ってオフシーズンを迎えたいですね」(Aさん)

「ドラゴンズ優勝の根拠。打線が好調になってきた。渡辺、阿部、なんといっても堂上、高橋周平が当たってるのが頼もしいですね。
投手陣は、昨シーズンは抑えが踏ん張りきれず逆転負けというシーンがありましたが、今シーズンの抑えは調子がいい投手が何人かいます。特に田島投手は復活をかけて挑んでます。
これだけ揃えばドラゴンズ優勝は間違いないですね」(Bさん)

塩見「彦野さん、どうでしょうか?」
彦野「もう振るんですね。僕に」
塩見「油断してますね。困ったことがあったら彦野さんに振る」
 

逆転負けを減らせ

「良いとこついてるんじゃないですか?」とリスナーのおたよりを肯定する彦野さん。

「単純な話をすると、去年、逆転負けがずいぶんあったと思うんです。それが半分以上なくなれば、もう優勝争いですよ、ぐらいの感じで、あながち間違いではないと思います」と続けます。

彦野「後半のピッチャーは点を取られてないから、自信が付いたんじゃないですか?」
塩見「前半は全然打線が機能してませんでした」
彦野「わざとですから」
柳沢「わざとだったんだ」
塩見「最初飛ばしたらダメでしょ」
 

優勝の根拠

「今はキャンプの後半からオープン戦の始まる辺りに、やったら勝つんですよ。そして、なんとなくふわっと開幕してました。
でも、今年は調子が良くない。だから、最後ぐぐぐぐぐーっとピッチャーもバッターも上げてきてますから。だから一番良い形で公式戦に入るのはドラゴンズじゃないかな」

強引な彦野さん。

「オープン戦、最後の1週間だけで見ると、ドラゴンズが首位ですからね」としれっと言う塩見アナに、「あ、あ、そ、そうですか」と慌てる柳沢アナ。
江田アナは「そういう切り取り方したらシーズン中、どこでも1位になります」と冷静です。

水分アナも「彦野さんの言う通り、半分近くをモノにすれば80勝以上です。去年、広島が82勝でしたっけ。中日も82勝ぐらいするわけだから、少なくとも優勝争いですよ」と冷静。

宮部アナは「80勝したら、もう優勝ですよ。優勝しました~!」と無駄にテンションが上がっています。
 

笑って泣ける瞬間を

ここで若狭アナによる与田監督インタビュー音声が紹介されました。

与田監督にとってドラゴンズとは?(若狭)

「私の夢を叶えてくれたチームであり、地域であり、プロ野球人生がスタートした場所ですからね。死ぬまで変わらない愛情を持ってます。

現役時代、まだまだやらなければいけないことがたくさんあったのに、ドラゴンズを去らなければいけない状況だったので、だからこそ恩返しをしたい。
ドラゴンズファンを楽しませたいというか、泣かせたいですよね。一緒に喜んで泣きたいとすごく思います」

ビールかけで、笑いながら泣くことになるかもしれませんね。(若狭)

「笑顔と涙でわけがわからなくなるぐらい、それぐらい心が躍る瞬間を夢見ています。でも、簡単ではないことはわかってますし、簡単ではないから、やりがいもある仕事です。選手たちも覚悟してやってくれてます」

今シーズン、ファンにどういう戦いを見せたいと思ってますか?(若狭)

「最後まで諦めないという月並みな言葉なんですが、勝ちにこだわる野球。負けてもファンが、明日ももう一回応援に行こうと、テレビでもう一回応援しようと、そういう風に思っていただけるような戦い方のできるチームにしたいと思います」
 

11月まで仕事がしたい

インタビューを聞き終えたスタジオ内。

「笑いながら泣きながらビールかけっていいいですね」と無邪気な宮部アナに、「あなたは得意そうですね。そんなこと言われなくても、ずっとやってるんじゃないですか」と塩見アナ。

西村アナは「ビールかけしたいですよね。僕は入社以来、宮部先輩、若狭先輩がやっているのを会場の端っこで見ていたんですよ。なので中に入りたい。浴びたい。かけられたい」と妙なアピール。

それに対し「ビールかけを陰から見てる…クックックッ」と、恐らく『巨人の星』の飛雄馬の姉を連想したであろう柳沢アナ。

「11月まで仕事したいですよね。10月で終わって、日本シリーズ、プレーオフは家で見るもんだと思ってますから」と相変わらず真面目な江田アナ。

「優勝パレードまで仕事したいですね。ドラゴンズには頑張っていただきたいと思います」と締めるスポーツアナの重鎮・塩見アナでした。

実況アナが集合して、威勢の良いタイトルの割には、なんともゆるく、彦野利勝さんもいつもと違う力の抜け加減を披露したドラゴンズ応援番組でした。
チームにはピリっとした、そして心の躍る試合を見せてほしいものです。 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年03月28日19時10分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×