2017年8月9日(水)

買ったけど物が来ない。ネット上の売りつけ詐欺が急増中

北野誠のズバリ / ニュース

ITジャーナリストの井上トシユキが、現在急増中の、代金を払っても商品が届かない、ネット上での「売りつけ詐欺」について注意喚起しました。

この「売りつけ詐欺」とは何でしょうか?

オレオレ詐欺から売りつけ詐欺へ

「売りつけ詐欺」とは、オレオレ詐欺のような、いわゆる特殊詐欺の一つ。
特殊詐欺全体で見ると被害額自体は下がっているのですが、件数自体は上がっています。

「その一端を担っているのが、どうも、このネット上での売りつけ詐欺のようなんです」と井上。

オークションサイトとか、メルカリのようなトレードサイトではなく、SNSや掲示板上で連絡を取り合って、売り買いの約束をします。
でも買い手がお金を払っても、物が送られてこないんです。

ポイントは「急に引っ越しが決まった」とか「仕入れたんだけど、取引先が倒産して売る先がない」ということで、「新品未開封」だとか「新品同様」の物を、とにかく急いでますので、どなたかに格安でお譲りします、という謳い文句です。

なので金額も安いんです。
「え?これが、この値段?」みたいな形で売られているらしいんです。

「ところが、言ってみれば、振り込んでもらっても、物を出す気はないわけやな」と北野誠。

プリペイド型電子マネーで払わせる

相手は初めから、物を出すつもりはありません。

売値は、数千円~数万円を提示してくるらしいのですが、「プリペイド型の電子マネーのIDとか番号を言ってくれれば、それで代金を払ったということにしてあげますよ。だから、お互いスピーディーに、物の売り買いができるでしょ?」と誘いかけてくるわけです。

コンビニで売っているプリペイド型電子マネー。amazonギフト券やiTunesカードなどがあります。

使い方は、まず3千円とか1万円など、使いたい金額のカードを買います。
専用サイトで物を購入する時に、カードに記されているIDを入力します。すると購入した金額分の物と交換できる、という仕組みです。

コンビニでカードを買う、そしてサイトで物を買う、というプリペイド型電子マネーの使用には、銀行振り込みやクレジットカードなど、一切、個人情報が要りません。
カードに記されているIDさえあれば、誰でも使用できます。

犯人に電子マネーのIDを教えると、犯人は専用サイトで物を買って、それをオークションで売ったりして現金に変えるわけです。

電話からネットへ

これまで特殊詐欺、オレオレ詐欺などの手口に用いられていたのは、主に電話でした。
そのため在宅率の高い女性と老人の被害が多かったんです。

ところが売りつけ詐欺の主な舞台はネット上。
老若男女、全部が引っかかる可能性があります。
詐欺の市場自体広がってきているので、特殊詐欺の被害が急増しているという背景があるようです。

「SNSとか掲示板を使っての不用品を『売ります・買います』は、良いことだと思うんですけども、このように良からぬことを考えている輩も多いので、やっぱりメルカリ、ヤフオクなどサイトを使った方が良いわけですね」(井上)

メルカリは大丈夫?

「一時、現金を売ったりとかね。あれは、面白かったですね。その後、2万円入ってるSuicaを、2万5千円で売りますとかね」と北野。

メルカリに現金が出品されたことが報道され、問題になりました。1万円に1万2千円、2万円に2万5千円といった値付けがされたのです。

誰がわざわざ買う?という話ですが、実際に売れました。
買い手の意図は不明ですが、クレジットカードの現金化や、マネーロンダリングなどに利用されたのではないかと言われています。

現金の売買に規制がかかって、次に出てきたのがSuicaをチャージ金額以上で売るという手口。

「僕が知っている限りだと、実は2000年代から、そういう業者さんと警察は緊密に連絡を取り合っているので、だから詐欺犯なんか捕まるの早いんですよ。なので、基本的に酷いことはありません」(井上)

今春にトラブルが多発したメルカリですが、現在運営サイドではチェック体制を強化しています。

完全に自分の責任、自分の判断

プライベートのSNSや掲示板での取引きは、誰も介在してくれません。
完全に自分の責任になります。
騙されたら、犯人を捕まえるより手はないということです。

また犯人も日本の人とは限らないわけです。海外からネット経由で行っている可能性もあります。

悪人は世相に便乗する?

「メルカリとか、今やこれだけ流行ったら、プライベートの売買なんて、あんまりやらへんのじゃないですか?」と北野の素朴な疑問。

ところが逆なんです。流行ってるからこそやる。
個人の売買は、ネットでは当たり前だ、という風に思わせる、その雰囲気に便乗してくるんです。

「悪い人って、だいたい世相とか雰囲気に便乗するじゃないですか。うまーく世相を利用して犯罪をする」と井上。

メルカリが流行ってるなら、メルカリっぽいことをしよう。
どうせなら、わざわざサイトに手数料を払うことはない。で、プライベートで取引き。
決済はプリペイド式電子マネーで。コンビニで買えるし、メールでID交換するだけだから簡単でしょ?そんな感じみたいです。

尽きせぬ人間の物欲。めちゃ安いやんと喜ぶ前に、破格の安さには注意しましょう。
ネット売買、大手サイトは手数料分、安心のようです。
(尾関)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line