2017年11月27日(月)

勝手に決定!ディズニーランドのパレードで楽そうなキャラNo.1は?

つボイノリオの聞けば聞くほど / ニュース

『つボイノリオの聞けば聞くほど』の金曜日は「おたより復活デー」。
読み切れなかったおたよりをまとめて紹介していますが、今回は「東京ディズニーランドのショーやパレードの勤務が原因で疾患が発生したことに対し、労災が認定された」という話題に関するおたよりを取りあげます。

認定された女性は1年ごとに契約を更新していましたが、2016年11~12月は約50回のパレードに出演。

20~30キロもの重い衣装を着ることもあり、左腕を上げると激痛が走ったり、左手の握る感覚がなくなることもあったそうで、現在は症状は改善されつつあるそうですが、完治はしていないそうです。

ミッキーマウスは働きもの!

今回の決定を受けて、ディズニーランドを運営する会社もトレーナーの配置やコスチュームの改善など、対応を検討すると発表しています。

また、この女性は業務量を減らして復職を求めているそうで、つボイは「ここが何か、救いになりましたね。大変な目に遭っても復職したいというのは、ちょっと夢の国のような感じがして、よろしいんじゃないでしょうか」と感想を述べました。

「パレードを観て、出演者は大変だろうなあと思っていました。復職を希望した女性もやりがいを感じているそうで、他に不調を訴えている人はいないかなとも思いました」(Aさん)

「ディズニーランドでミッキーやミニーを見ると、(今後は)『大変やろうなあ……』という目で見てしまう」(Bさん)

その他には「そもそもミッキーやミニーは着ぐるみじゃない、本体そのものだ!」という意見も寄せられていましたが、小高直子アナは、「ミッキーがそのものだとしても、パレードの時、全然止まりませんからね」と、その大変さをおもんばかりました。

そこでつボイは、「ミッキーよりも、ミニーの方がピピーッですよ。手をちょっと下げて、手のひらをグッと上にあげてピーっと振りながら、お口にパーっとやったら、またピピピピ、ピーッと……」

パレードを観たことがない方は、ラジオの音声はもとより、この記事でも伝わりませんね……。

パレードで一番楽そうなキャラは?

そこから話は別の方に展開し、逆にパレードで比較的楽なのは何のキャラクターかという話になりました。
もちろん、キャラクターに扮しているだけでも衣装の重量などがあるので、大変なのですが……。

小高アナは「くまのプーさん?パレードでも機敏な動きがなさそう」と予想し、つボイも「腹減った、って言うてるだけやからな」と同意しました。

この意見を受けて、新たなおたよりが届きました。

「パレードを観てると、プーさんは機敏によく動いていますよ。ちなみに、ミッキーやミニー以外で大変そうなのはドナルド・ダック、比較的楽そうなのは犬のグーフィーです」(Cさん)

確かにドナルド・ダックは、よく動きよくしゃべるイメージがありますね。そして、グーフィーはパレードではあまり細かい動きをしなさそうですね。

さらにその続きとして、「パレードで大変なキャラクターは、肌色の面積が多いリトルマーメイドです」(Cさん)とのことでしたが、それに対し、「肌色といっても、あれは肌色の衣装なので」と、細かいチェックを忘れないつボイでした。
(岡本)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line