2017年11月13日(月)

トランプ米大統領が次回来日の際は、ケチャップに合うアレがおススメ!?

つボイノリオの聞けば聞くほど / ニュース

11月6日の週、全国的に一番話題となったのは、何と言ってもトランプ米大統領の訪日でした。

政治的な話はさておき、どんな食事が出されたのかも話題となり、和牛の高級鉄板焼きだけでなく、ハンバーガーを出したことがテレビなどでよく報じられていました。

『つボイノリオの聞けば聞くほど』でも多くの感想が寄せられましたが、今回はハンバーガーではなく、なぜか他の食べ物の話題へと広がっていきました。

現地の料理よりも自国の料理?

まずは、トランプ大統領が日本食や韓国料理など、訪問した国の料理を食べることについて、ある疑問が浮かんだ方からのおたよりです。

「海外の人は現地の食べ物を出されて、喜ぶのでしょうか。僕の場合は、1食目は興味津々でうれしいのですが、何日も続くと納豆や味噌汁が恋しくなります。その点で、トランプ大統領にハンバーガーを出したのは良かったと思います」(Aさん)

「日本で王将の焼き餃子を出してみればどうでしょう。中国には無いので」(Bさん)
本場中国の餃子は、水餃子が主流ですね。

ここでつボイが「調べたところ、(中国にも)ちょっとあるらしいですね。ひょっとしたら、日本から逆輸入した物であるのかもわかりません」と一言加えました。

トランプに最適な餃子は何か?

さらにつボイは、「私は餃子に関する知識は結構ありまして、今は無くなってしまいましたが、大阪・梅田にあった餃子博物館(正式名は『浪花餃子スタジアム』)へ行った時に、いろんな説明がずーっと書いてあった(物を読んで学んだから)」と語りました。

何でも中国大陸から戦争で引き揚げてきた人たちが、中国で覚えた味を見よう見まねで作り、戦後の焼け跡で店を開いたのが、日本で浸透している焼き餃子の始まりだったそうです。

小高直子アナは、「餃子はやっぱり焼き餃子だと思って食べるんですけど、たまに水餃子を食べるとプリプリとしておいしいと感じるので、どっちが好きかと言われるとすっごく迷ってしまう」と答えました。

そんな中、「揚げ餃子というのもあります」(Cさん)というおたよりもあり、さらにどの餃子が良いか迷ってしまいますが、つボイは「トランプさんにとっては、(大好きな)ケチャップをかけるには揚げ餃子が合うでしょうね」とまとめました。

ところで、6日の放送で「ランチでハンバーガーを食べる際、大統領に配慮したからか、ハインツのケチャップとマスタードの瓶がこれみよがしに置かれてあった」(Dさん)というおたよりに関連して、「トランプ大統領は何でもケチャップを付ける人で、ステーキでも(焼き加減では最もよく焼く)ウェルダンでケチャップをかけるらしい」というエピソードを紹介しました。

それを踏まえてつボイは最後に、「トランプさんが(大好きな)ケチャップをかけるには、揚げ餃子が合うでしょうね」とまとめました。

ケチャップに合う日本料理はなかなかなさそうですが、今度来た時は日本発祥のオムライスが良いかもしれませんね。
(岡本)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line