2017年9月22日(金)

愛知県警、女性が使える防犯ブザーを開発中!北野誠も提案してみた。

北野誠のズバリ / ニュース

9/20の『北野誠のズバリ』では、不審者や痴漢などから身を守るための防犯ブザーについて取り上げました。

大きな音で周囲に異変を知らせ、不審者や痴漢などから身を守る防犯ブザー。
小学生向けはありますが、大人の女性が持ちたいと思うデザインがないようです。

そこで、北野誠がある提案をしました。

大人が使える防犯ブザーを

愛知県警が、企業、高校生と女性目線で防犯ブザーの開発に取り組みました。

愛知県警の調査により、こどもたちには普及が進んでいるのですが、働く女性の間では浸透していないことが判明したのです。
そこで県警は、地元の企業や現役の女子高校生、さらには識者等と連携して、性能やおしゃれ度をアップさせた防犯ブザーの開発に乗り出しました。

結構すごい音がする

多くの小学生がランドセルに防犯ブザーをつけています。入学時に配られたりするそうです。
本体のピンを紐で引っ張って抜くと、警報音が鳴り響く仕組みです。

「結構誤作動で、家の中で鳴ってるんですけど、すごい音しますよ」とアシスタントの大橋麻美子。

警報音は再度ピンを差し込むか、電池を抜くと止まります。

不審者撃退に効果あり

防犯ブザーの効果は抜群です。特に女性や子供に声かけしてきた不審者の撃退に有効と言われます。
被害者がブザーを使った場合、86.8%の確率で、不審者が逃走するそうです。

2015年、愛知県内の路上で見知らぬ男に腕を掴まれた20代の女性は、傘を振り回して抵抗したところ男はかえって逆上。しかし防犯ブザーを鳴らすと、逃げ出したという事例もあります。

知ってますか?防犯ブザーの使い方

不審者や痴漢にあった場合、防犯ブザーを鳴らすだけではダメだそうです。

前述のように鳴らすだけでも、相手が逃げ出す確率は十分高いのですが、中には、防犯ブザーを奪い踏みつぶしたりして音を止めようとする者もいます。音が鳴り続けている状況では犯罪を犯すことはできません。

そのため鳴らしたら、遠くに投げるのが良いそうです。
不審者がそれを回収しようとする隙に、逃げるのが良いそうです。

でもダサいし、可愛くない

「本来、防犯ブザーは鞄の外につけてるだけで、すでに効果はあると思うんですよ」と北野誠。
不審者が、防犯ブザーが鞄についていることを認識すれば抑止の面から、効果はあるかもしれません。

しかし「ダサい」とか「可愛くない」という声も多いのだそう。
卵型の無機質なものが多く、それ以外だとこども向けのキャラクター付きのブザーになってしまいます。

そこで愛知県警が女性目線の防犯ブザー開発に取り組んでいるわけですが、これとは別に、北野誠から提案が出されたのです。

「意味のないフワフワ」に意味を

北野「女性の方だったら、服屋さんで売ってる、意味のないフワフワをバッグにつけてるでしょ」
大橋「あのポンポンみたいなやつね」
北野「マリモみたいなやつ。あの中に、紐があって、差し込みがあったらいいんじゃないですか?」

しかし「それは、またダサくないですか?」と食い下がる大橋。

北野「女の人、フワフワをよく使ってるでしょ。だからあれが一番いいと思う。フワフワで覆い隠して、フワフワをそのまま引き抜いたら、防犯ブザーが鳴る」
大橋「フワフワから紐が見えちゃうと、もう、それでアウトですけど…」
北野「だからフワフワ本体を抜く。抜いたらビヤ~って、フワフワ本体が鳴る」
大橋「これ採用しましょう!」

商品開発会議のように話は進み、フワフワの防犯ブザーの形がまとまりました。

ブランド物の防犯ブザー

それでも、満足できない女性には次の提案。

北野「ちょっと悪いんすけど、ブランド物の、ルイヴィトンとか、シャネルとかカルティエに防犯ブザーを作ってもうたら、どうですか?ルイヴィトンにしては安いとかね」
大橋「コストは1,000円台に抑えてほしいです」
北野「ルイヴィトンが、防犯ブザーに見えない、ルイヴィトンの何かを作ったらええんですよ」

フワフワはイヤだけど、ブランド物の防犯ブザーなら、おしゃれでつけたくなる人も増える、という提案です。

北野「ルイヴィトンさんとかシャネルさんとかカルティエさんに、女性を守るためやから、無償でやってもらったらいいんじゃないですか」
大橋「企業として、社会貢献が言われてるから、その一環で作っていただけるといいかもしれない」

ウィメンズマラソンは防犯ブザーで

北野「名古屋ウィメンズマラソンに出る女の子には、完走したらティファニーのネックレス配ってるでしょ?だからティファニーの防犯ブザーでもええんちゃうの?」
大橋「来年から、参加者減るかも」
北野「逆に、ティファニーの防犯ブザーなんか、なかなかないで。胸にぶら下げて、いざという時引っ張ると縦笛みたいにピーって鳴る。企業の社会貢献で『我々は女性を守る防犯ブザーも一緒にやりますよ』ってやったらええんちゃうかなと、僕は思いますけどね」

フワフワは意外と高い

現実的なことを考えると、フワフワをイチ押しの北野誠。

「女の人、ぎょうさんフワフワしてますし、可愛いですし、僕もたまに鞄につけたいなと思う時があるんですけど、見に行ったら意外と高いねん」

あのフワフワ、5,000~6,000円はするそうです。

北野誠の提案、良いんじゃないですか?
愛知県警、名古屋ウィメンズマラソン、高級ファッションブランド関係者の皆さん、ぜひ一度ご検討ください。
(尾関)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line