モーニング娘。’22 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

モー娘。牧野真莉愛が語った「アイドルの宿命」

7月6日、モーニング娘。'22の牧野真莉愛が、自身の番組『モーニング娘。'22 牧野真莉愛のまりあん♥LOVEりんですっ♥』(CBCラジオ)で、仲間の卒業について、そして卒業コンサートの模様を語りました。

生身のアイドルにとって宿命である卒業や引退。当事者としてはどのように考えているのでしょうか。

[この番組の画像一覧を見る]

仲間の卒業公演

牧野「6月20日に行われた『モーニング娘。'22 CONCERT TOUR ~Never Been Better!~ 森戸知沙希卒業スペシャル』のお話をしたいと思います」

森戸知沙希さん(以下、ちいちゃん)が、この日本武道館公演をもってグループとハロー!プロジェクトから卒業しました。

昨年12月にも、モー娘。から先輩の佐藤優樹さんが卒業していますが、ちいちゃんは2014年11月にカントリー・ガールズに新メンバーとして加入し、2017年6月にモー娘。との兼任を経てモー娘。へ正式加入した経歴を持っています。

ちいちゃんがカントリー娘。に加入したのとほぼ同じ時期に、モー娘。12期メンバーとして加入した牧野、「同期が卒業する気分だった」「いまだに実感が沸かない」と話します。

卒業の実感がないまま本番突入

卒業後、ちいちゃんが海外留学を表明しているため「あまり会えなくなると思う」と語る牧野ですが、意外にも卒業公演当日はその実感がなかったとのこと。

牧野は、ソロで「みかん」を歌ったちいちゃんをリハーサル中、客席から見ていました。
彼女を見て「今日もかわいいな、きれいだな」としか思わず本番を迎えます。

牧野「本番になって、ステージでちいちゃんと目が合った時に『あ、ここふたりで歌ってたところ…もうひとりになっちゃうんだなぁ』とか『ちいちゃんいなくなっちゃうんだなぁ』って」

だんだんその実感が生まれ、寂しくなってウルウルする場面もあったと明かした牧野。
メドレーに「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」があり、ステージでは牧野とちいちゃんが目を合わせる箇所があります。
その場面でも「最後だと気づいたら寂しくなった」とのこと。

旅立つ彼女へエール

そんな感傷もありつつ「卒業公演が今までで彼女が一番きれいだった」と思った牧野。

牧野「白いドレスも、ちいちゃんのメンバーカラーなのですごく似合ってたし、最後まで彼女らしさがあるコンサートだなと思いました」

佐藤優樹さんが卒業後、初めてのモー娘。単独ツアーだったため歌割りなどが大きく変わっていただけでなく、ちいちゃんも含め13人でやる最初で最後のツアーでした。

よく話すようになったのはこの2~3年だったそうで「もっと前から仲良くしておけばよかったな」と残念そうに振り返る牧野。

一方で彼女がカントリー娘。にいたままなら「こんなに仲良くなることはなかった」とも思っているそうで、モー娘。加入後には「助けられることも多かった」と振り返ります。
ちなみに、コンサート終了後のふたりは「お疲れ!」とハグしあったそう。

最後にエールを送ります。

「ちいちゃんにはこれからも幸せになってほしいと言ったらベタになっちゃうけど、ちいちゃんにとってうれしいこと、楽しいこといっぱいの人生になったらいいな」
(葉月智世)

セットリスト:
M1 モーニング娘。'22「大・人生 Never Been Better!」
M2 モーニング娘。'22「I WISH」
 
モーニング娘。’22 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2022年07月07日00時32分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報