モーニング娘.’22 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

モー娘。牧野真莉愛、過去にオーディション2度落選

同級生にデビューが決まった有名人がいたら、つい特別扱いしたり、態度が変わったりする人が出てきがち。

モーニング娘。'22の牧野真莉愛が、当時オーディションを受けようと思った理由や、その後メンバーとして加入した時のことについて語りました。

4月6日放送のCBCラジオ『モーニング娘。'22 牧野真莉愛のまりあん♥LOVEりんですっ♥』から。

[この番組の画像一覧を見る]

モーニング娘。に入りたいと思ったのは?

リスナーからの投稿です。

「僕は真莉愛ちゃんが生まれる前からモーニング娘。を応援してきたので、(牧野の年齢が)とても感慨深いです。これからも元気をたくさんくださいね。
真莉愛ちゃんがモーニング娘。に入りたいと思ったのは何歳くらいのときですか?」(Aさん)

モーニング娘。が「モーニングコーヒー」でメジャーデビューしたのは1998年1月でした。
牧野の誕生日は2001年2月2日なので、Aさんはかなり古くからのモー娘。ファンのようです。

いつ頃からモー娘。に入りたいと思い始めたのか記憶を辿る牧野。

「モーニング娘。に入りたいと思ったのは…小5くらいですかね」

すぐにはハッキリと思い出せず、少し答えに迷った様子。
 

オーディションに2度も落選

実は牧野が初めてモー娘。のオーディションを受けたのも小5でした。

最初に受けた2011年の「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション」では、3次審査まで進みましたが落選。

その後、CBCラジオ開局60周年記念イベントのドリームモーニング娘。(卒業した歴代モー娘。OGがメンバーとして参加)を見た牧野。
そこであらためて2012年の「モーニング娘。11期メンバー『スッピン歌姫』オーディション」に挑みましたが、残念ながら最終審査で落選しました。

その後ハロプロ研修生となり、約2年後の2014年9月30日にモー娘。メンバーに12期メンバーとして加入して現在に至ります。

牧野「真莉愛がオーディション受けたことも学校ではみんなが知ってて。TVで流れてたから。みんなが『すごいね』って言ってくれたのを覚えてます」
 

研修生になってよかった

ハロプロ研修生になりたいと思った理由は、オーディションで一緒になった小田さくらさん(モー娘。11期メンバー)浜浦彩乃さん(元こぶしファクトリー)がハロプロ研修生でダンスや歌のレベルが段違いに上手だったからでした。

牧野「私は歌とダンスをやってなかったから『(ふたりが)うわぁ、すごいな~』って。それで入りたいと思ったので」

今は、ハロプロ研修生に入っておいて本当に良かったと思っている牧野。
もし歌やダンスのスキルを身につけないままモー娘。メンバーになっていたら…と考えると恐ろしいと苦笑。

正式にメンバー加入が決まった時も、大々的に発表されたため学校のみんなは知っていました。
しかし、学校の先生が「明日から牧野が学校に来ても、普段通りに接しよう」と呼び掛けてくれたため、騒がれることもなく変わらぬ態度でいてくれたことがとても嬉しかったと言います。

その後、モー娘。の活動を本格化するにあたり上京することになりました。
上京前にみんながお別れ会を開いてくれて、手作りの卒業証書を作ってもらったことを告白。
感動のお別れになったかと思いきや、なんともう1日学校へ行けることに。

さすがにお別れ会の翌日に牧野が登校したら、みんなに「えぇっ?」と言われると予測したため、担任の先生と転校生が来たことにしようとしましたが、クラスメイトにはバレバレ。驚いてくれなかったことを明かしました。

今でこそ人気メンバーとして活躍していますが、アイドルだからと特別扱いせず接してくれる友達のありがたさは格別だったようです。
(葉月智世)

セットリスト:
M1 カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)「先輩 ~LOVE AGAIN~」
M2 DEF.DIVA「好きすぎて バカみたい」
 
モーニング娘.’22 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2022年04月07日00時36分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報