モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

モー娘。牧野真莉愛のトランペット愛再燃?吹きたい曲を告白

楽器も演奏できる人は、ちょっとカッコよく見えるもの。しかし、楽器をうまく演奏できるようになるまでには、意外と時間がかかるものです。

モーニング娘。'21 牧野真莉愛はトランペットを練習していますが、なかなかうまくなれず悩んでいる様子。苦労しているポイントや、いつか吹いてみたい曲について明かしました。

6月29日放送の『モーニング娘。'21 牧野真莉愛のまりあん♥LOVEりんですっ♥』から。

[この番組の画像一覧を見る]

久しぶりに触った楽器

冒頭の掴みトークで、牧野から報告がありました。

牧野「こないだ、お家でトランペットを吹いたんです」

ずっと吹くつもりだったものの、お仕事などが忙しくて手に取ることができない状態が続いていました。約2年ぶりに吹くことができたと嬉しそうです。

トランペットを始めたきっかけは、牧野が小学生の頃にマウスピースをもらったことでした。しかし、牧野自身も「そもそも、なんでトランペット始めることになったんだろう?」と思い返しますが、当時のことはあまり覚えていない様子。

その後練習しましたがなかなかうまく吹くことができず、放置しがちになっていたトランペットに再挑戦したというのが真相のようです。

すぐにうまくならないとわかっていても、挫折してしまうのが人間。
牧野はお仕事も忙しいため、練習時間を作るのも一苦労だったのでした。
 

トランペットのココが難しい!

早速ドレミファ…と音階の順番に吹いてみた牧野。

久しぶりにトランペットを触って無事に音を出せたのかが気になります。
牧野「(音階を)順番に吹いてみたらできると思って」
何とか音階を吹くことはできたと話す牧野ですが「何か曲を演奏するのはまだ難しい」と残念な様子。

牧野「ド・ソ・ドの音が指を動かさなくても同じ指使いなんです。音階は違うんですけど」

トランペットは吹き方で音の高さを変えています。これは、倍音列という音の性質を使っているから。そのため、ド・ソ・ドは同じ管の長さで吹き分けられますが、これが案外難しいのです。
トランペットをマスターする時に、つまずきやすいポイントのひとつだと言えます。

牧野「教えてもらっているわけではないので、どうやって音の違いを出せばいいんだろう?って思って。ちょっとはぁ…ってなってます」

この部分をマスターできると、トランペットが一気に楽しくなります。牧野もあと一息というところですね。
 

トランペット吹いてみたい曲は…

「真莉愛ちゃんが最近、無我夢中で頑張ったことは何ですか?」(Aさん)

「トランペットです」と即答した牧野。
冒頭の掴みトークで、苦労したポイントを熱心に話していたことからも、納得です。

上手い人の吹き方と比べて、音の出し方が違うことがわかっているものの、基礎からやっていない牧野にとってなかなか突破できない難関だと悩んでいる牧野。
「私は音が出せたことで喜んでいる状態です」と話しますものの、やはり曲を吹いてみたいという憧れはある様子。

牧野「最終目標は、何か曲を完璧に吹けるようになりたいな」

昔はセギノール内野手の応援歌を吹いたことがあるという牧野。この応援歌ならできるかも…と思い、最近また吹いてみましたが「ダメでした」と苦笑い。
しばらく楽器を触らずに時間が経つと、上手い人でもうまく吹けないことはよくあります。

牧野「まずセギノール内野手の曲を吹けるようになって…中田翔内野手の曲でもいいかな」

牧野がトランペットをマスターしたら、大好きな北海道日本ハムファイターズの試合観戦よりも、応援歌を吹くことに夢中になってしまうのでしょうか。
近いうちに、スタジアムでトランペットを手に選手の応援歌を吹いている牧野が目撃できるかもしれません。
(葉月智世)

セットリスト:
M1 モーニング娘。「みかん」
M2 モーニング娘。'16「泡沫サタデーナイト!」
M3 モーニング娘。'21「Hey! Unfair Baby」
 
モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2021年06月30日00時31分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報