モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

完全燃焼!?モー娘。牧野真莉愛がツアー終わって思うこと

コンサートツアーが終了すると、ファンはもちろんですが演じる側のメンバーたちもほっとしたような、寂しいような気持ちになるようです。

モーニング娘。'21の牧野真莉愛も、5月末まで行われていたハロープロジェクト(以下、ハロプロ)のツアーに参加していました。終わった今の心境や、ツアー中の裏話、公演先のご当地グルメについて話しました。

6月1日放送のCBCラジオ『モーニング娘。'21 牧野真莉愛のまりあん♥LOVEりんですっ♥』から。

[この番組の画像一覧を見る]

コンサートツアーが終了!

オープニングでは、牧野からハロプロのコンサートツアーが終了したことについて報告がありました。

このツアーは、モーニング娘。単独のツアーではなく、ハロプロの他グループと一緒にまわるもの。グループをシャッフルして、花チーム・鳥チーム・風チーム・月チームの4つに分かれて全国ツアーしていたとのこと。ちなみに牧野は月チームでした。

牧野「モー娘。単独のツアーができないのは残念だったんですけど。最初から最後まで、ハロプロのいろんな曲をたくさん歌っていました」

コンサートツアーについて説明していた牧野。「もう、本当にすっごく楽しかった!」と話しているうちに、思い出し笑いがこぼれていました。

普段はモーニング娘。のメンバーたちと自分たちのグループ曲を歌っていますが、違うメンバーたちと一緒にツアーをまわる経験は、牧野にとっても得難いものだったようです。

モーニング娘。以外のグループの曲を歌うため、振付や歌詞を覚えるのは大変だったはず。「練習やリハーサルが大変だった」と話しながらも、このツアーでしか得られない醍醐味だったとのことでした。
 

普段話さないメンバーと楽しく交流

いつもは話さないメンバーたちと、楽屋で会話したことを明かした牧野。

牧野「月チームは、個人個人で話すというよりもチーム全員でお話しすることがすごく多くて」

歌やダンスの話はもちろんですが、各自の近況などたくさんの話題が出たそうです。
メンバーたちの意外な一面を見たり、話が予想外に広がったりと、仲良くなれる機会を大いに楽しんだとのことでした。

モーニング娘。で一緒の月チームになったのは、生田衣梨奈・森戸知沙希・岡村ほまれ。サブリーダーの生田衣梨奈が一緒だと、つい頼りにしてしまうそうです。

牧野「生田さんが、ツアーが始まる前に月チームのモー娘。メンバーを集めてくれて。月チームとしてどんな風にやっていくかとか、目標なんかも話してくれて。気持ちが引き締まりました」

いい状態でツアーをスタートできて、感謝していると話した牧野。
もちろん牧野も生田さんに頼るだけでなく、後輩や他グループのメンバーと積極的に話して、チームの雰囲気をよくする手伝いをしていたと明かしました。
 

ご当地グルメがいっぱい!

ツアーのMCでは、公演先のご当地ネタを話すコーナーがあったそうですが、「演出の関係で一度もこのコーナーに参加できなかった」と残念そうに話す牧野。
その代わり、楽屋には毎回その土地のご当地グルメや有名なお土産が差し入れされており、みんなで食べていたんだとか。

牧野が印象に残っているご当地グルメは、地元・愛知県のフルーツ大福。
このフルーツ大福を知らなかった牧野はとても驚いたそうです。

最近、SNSで萌え断(食べ物のカラフルで美しい断面に「萌える」こと)が流行っています。フルーツ大福の断面が可愛かったのはもちろんですが、味も格別に美味しかったと明かしました。

他にも、奈良の大仏プリンや福岡の糸島プリン、大阪の551豚まんなど、美味しいご当地グルメがいっぱいあり。楽屋で毎回楽しんでいた様子。
ひょっとして、牧野は花より団子ならぬ、公演よりご当地グルメだったのかもしれませんね。
(葉月智世)

セットリスト:
M1 モーニング娘。'21「Hey! Unfair Baby」
M2 モーニング娘。'21「泣き虫My Dream」
 
モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2021年06月02日00時31分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報