モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

モー娘。牧野真莉愛、"大人"になって解禁したこと

来月の誕生日に20歳を記念した写真集『真莉愛 二十歳』が発売になるモーニング娘。'20の牧野真莉愛
この写真集の撮影では、スタジアムや地元の母校など、全国各地の思い出の場所を訪れたとのことです。

1月19日放送の『モーニング娘。'20 牧野真莉愛のまりあん♥LOVEりんですっ♥』から。

[この番組の画像一覧を見る]

思い出の場所での撮影に

リスナーからのメッセージです。

「20歳おめでとうございます。2021年のバースデーイベントと『まりラブ』の放送で20歳をたくさん楽しめますように!二十歳の写真集もありますね。少しですが予約しました。体調に気をつけて今年も幸せいっぱいのまりあちゃんをたくさん見せてください」(Aさん)

20歳を記念して、誕生日の2月2日七冊目の写真集に『真莉愛 二十歳』が発売される牧野。
撮影したのは北海道と沖縄と愛知県西尾市の全国3ヶ所。
北海道ではユニフォームとメガホンを持って札幌ドームとのツーショットを撮ったそうです。
ファイターズの観戦で何度も訪れているものの、ドームの外では撮ったことがなかったとか。

牧野「撮影は初めてだったので思い出の写真になりました」

沖縄は天候が悪かったため、二度訪れたので写真が多いそう。
今回は衣装を20着以上も着たうえに、水着も6着ほど着ているそうです。
また、写真集では二十歳になると黒水着を解禁するきまりがあるのだとか。

牧野「20歳になったからか大人っぽい水着が増えましたね」

”大人まりあ”を表現したい思いで撮影に取り組んだという牧野。
昨年の写真集では元気な感じの印象が強かった一方、今回は完全に大人っぽい表情が多めだそうです。

牧野「元気な写真もあるけど、ザ・大人て感じで。皆さん楽しみにしていてください!」
 

中学校の先生との思い出

地元・西尾市では、撮影のロケーションについても自分からアイディアを出した牧野。

牧野「行きましたよ。西尾のいいところもいっぱい」

母校の中学校を訪れたところ、担任の先生が異動になっていたり、校長先生が退職していたりと時の流れを感じたようです。
そんななか、旧知の”いしみね先生”と校内でバッタリ遭遇した牧野。
元千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大選手に似ていると思ったことから、当時”いしみね先生”と呼んでいたそうです。

本当は石川先生だそうですが、牧野が呼び間違えて以来、ずっとそう呼んでいるそうです。
でも実はあまり伊志嶺選手には似ていないそうで、ご本人には「伊志嶺じゃねーよ」「まだ言うの?」と微笑ましく返されたとか。

牧野「後で見返したら全然違うじゃんって。懐かしかったですね」
 

生まれてはじめての記憶は?

以前、バースデーメールでまだ歩くこともできなかった1歳の誕生日をお祝いしてもらったというリスナーからの質問です。

「こどもの頃について質問ですが、覚えている範囲で生まれてから一番最初の記憶って何ですか?あと最初に喋ったことは何ですか?教えてくれたら嬉しいです」(Bさん)

幼少の頃の記憶は断片的に覚えてるものの、時系列がわからないと牧野。

牧野「何だろうな、どれが最初かわかんないですが」

飛行機に乗っている時にシートベルトが苦手だった記憶と、デパートで迷子になった記憶があるくらいだそうです。
息子さんが大きくなったらコンサートにも遊びに来て下さい、と話す牧野でした。
(nachtm)

セットリスト:
M1   モーニング娘。'20「純情エビデンス」
M2   モーニング娘。'20「ギューされたいだけなのに」
 
モーニング娘.’21 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2021年01月20日00時41分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報