モーニング娘.’20 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

モー娘。牧野真莉愛、ハロウィンで仮装したいキャラは?

秋も深まり、10月はハロウィンの季節。ハロウィンといえば仮装パレードがすっかり風物詩になっています。
モーニング娘。'20の牧野真莉愛が、自身がしてみたい仮装について話しました。

10月20日放送の『モーニング娘。'20 牧野真莉愛のまりあんLOVEりんですっ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

ハロウィンは”うさぎ”に仮装?

「気がつけば10月。今年もあと残り3カ月であっという間だった気がします。10月といえばハロウィンですね!今年はなかなかパーティーは難しいと思いますが、まりあちゃんは例年仮装をしていましたか?どんな仮装をしていたか、また今後してみたい仮装があったら教えてください」(Aさん)

牧野「仮装はあんまりしてないですね、私は」

ディズニーに行ったりしたくらいで、仮装はあまりしていない様子。
かつてUTVの撮影では経験があるものの、自分ではなかなか仮装をしたことはないそうです。
そのときのメンバーはナースや魔女、シンデレラになっていた気がすると牧野。

牧野「してみたい仮装は…うさぎです!」

着ぐるみみたいなうさぎになったら幻滅されるかな…と思案します。

アニメのキャラだったら?」とスタッフに問われ、『ドラゴンボール』のキャラに扮したメジャーリーガーを思い出す牧野。
くしゃみしたら性格の変わるランチや、『ワンピース』のチョッパーは可愛いかも?と話しました。
 

360度ステージに戸惑い…

先日の日本武道館公演『ハロープロジェクト2020 autumn the ballad エクストラナンバー』では、ハロプロメンバー全員がJポップのバラードをソロで歌ったそうです。

牧野「いつもとステージが違うんですよ」

普段は花道の先に真ん中に小さいステージがあるのに対し、今回はセンターステージしかなく、初めて見る光景だったとか。
360度お客さんがいることに気づき、「どうしよう!」と慌てたそうです。
というのも、ソロでは自分でステージングする必要があったとか。
最後のお辞儀以外は好きに動いていいよって言われ、戸惑った牧野は先生に助言を求めます。

「どうしたいの?」と聞かれ、「みんなを見たいけどあまり歩きたくない」と返答。
顔の向け方についてアドバイスをもらい、リハーサルから本番までの間に動き方をいろいろ考えたそうです。

牧野「今回も先生に助けて頂きました」
 

思い出の行事は?

「私の住んでいる秋田では里芋の汁物を『芋のこ汁』と言います。小学生の頃は”なべっこ”という行事があり、グループごとに芋のこ汁を作りました。味付けや締めの食べ方など各自役割を決め、しょうゆ味で焼きマシュマロをしたり、味噌味でうどんを入れるなど。そんな行事があったので秋がすごく楽しみでした。
まりあちゃんの学校では独特な行事はありましたか?また秋に食べたいものはありますか?」(Bさん)

牧野「中学校の全校お茶会とお茶摘みかな」

毎年6月に行われた2日間のお茶摘み。
中1の時は全然できず、普通のペースで摘んでいた牧野。
中2の時に水を飲むのも忘れるくらい火がつき、32kgを摘み見事学年1位になったと話します。

また、全校お茶会では父母を呼ぶのだそう。
お客さんに抹茶を出し、女子は自由に衣装を決められたようです。
茶道部だった牧野は中1でセーラー服、中2で浴衣を着てお茶を立てたとか。

緊張もあり、裏で皆の分の抹茶を立ててお菓子も出すのに必死だった思い出も。
楽しい思い出話が尽きない牧野でした。
(nachtm)

セットリスト:
M1 モーニング娘。「恋愛レボリューション21」
M2 モーニング娘。'17 「若いんだし!」
M3 モーニング娘。’14「彼と一緒にお店がしたい!」
 
モーニング娘.’20 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2020年10月21日00時39分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報