モーニング娘.’20 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ

祝・200回記念放送直前!牧野真莉愛のやりたいこと発表

モーニング娘。'20の牧野真莉愛が担当するラジオ番組が、3月に200回目の放送を迎えることに。

リスナーから記念放送のリクエストがあり、公開録音?生放送?と牧野真莉愛がいろいろと考えを巡らせました。

2月18日放送の『モーニング娘。'20 牧野真莉愛のまりあんLOVEりんですっ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

200回記念に何ができる?

まずはリスナーからのメッセージ。

「いきなりですが、『まりラブ』の放送が200回目の放送が近づいていることを知っていますか?
順調にいくと3月26日の放送が200回記念放送になるのですが、まりあちゃんはやってみたいことはありますか?ぜひ、公開録音や生放送スペシャルをやってほしいです!」

まだきちんと考えていなかったものの、200回が近づいてるなー、と何となく気づいていたと牧野。

以前の公開録音が楽しかったようで、「やってみたいです!」と意気込みます。

牧野「でも生放送はドキドキしますね」

番組を始めた4年前は15歳だった牧野も、もう19歳。夜の生放送にも対応できる様子。
しかも「この番組はあまり編集していないので大丈夫」と自信を見せるやいなや、「なまほうしょう」と早速かんでしまいます。
 

うるう年に挑戦したいこと

今年はオリンピックも開催される、4年に1度のうるう年。これにちなんだ質問が。
 
「今年はうるう年なので1年が366日になりますね。まりあちゃんが4年に1回くらいやりたいことを教えてください!」

牧野「バンジージャンプ、みたいな?」

小さい頃から一度やってみたい、と思っていたというバンジージャンプ。

「4年に1回…なんだろうな~?」と頭をひねります。
そして「わんこそばをやりたい!」と突然思いつきます。
わんこそばは1回でかなりの量を食べるので、1~2年に1回くらいが丁度いい(?)と経験者にしかわからない説明をする牧野。
以前に盛岡で挑戦した時は、7人前に相当する100杯以上をたいらげたと武勇伝も披露。

「激辛カレーは?」というスタッフの提案には「あれ、6年に1回くらいでいいかな…」と敬遠気味。
胡椒はいけるようになったものの、唐辛子系はまだ苦手だとか。
また最近、ユッケジャンスープは口の中がヒリヒリしつつも克服できたそうです。

激辛ラーメンは苦手らしく、「大丈夫じゃん!」と思った5秒後には「キャー」となるそう。
メンバーで辛いものに耐性があるのは、小田さくらや北川莉央だそうです。
 

写真集のベストショットは?

先日、19歳の誕生日に発売された写真集についての質問。

「写真集のベストショットは?」

牧野は反省を込めて3回くらい目を通したとか。「一緒に見てください」と写真集をめくりながら説明する牧野。

牧野「ニットのとこかな?ベッドでゴロゴロしてるとことか」

ワンピース姿でジュースを飲み干しているところや、ふわっとした感じのツインテール姿もお気に入りだとか。
黄昏時に黄色っぽく映るカーライトのシーンもいい感じになっているそうです。

また、「今後出してみたい写真集のテーマは?」と問われた牧野。

牧野「二十歳になるので、一段と大人っぽい自分を出してみたい」

と意気込みをみせます。
今回の撮影では「大人っぽくならないように柔らかく、だけど大人っぽく」と難しい注文を受けたそうですよ。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
(nachtm)

セットリスト:
M1   モーニング娘。'20「LOVEペディア」
M2  モーニング娘。'20「人間関係no way way」
 
モーニング娘.’20 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ
この記事をで聴く

2020年02月19日00時36分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報