モー娘。牧野真莉愛が「初対面の人と上手く話すコツ」を教えます。

モーニング娘.’19 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ / トーク

初対面の人と話す時は、緊張したり話題選びに迷ったりして上手く話せないことはありますよね。
モーニング娘。'19の牧野真莉愛は、最近初対面の人との会話である「コツ」を学んだようです。

7月23日放送の『モーニング娘。'19 牧野真莉愛のまりあんLOVEりんですっ』では、まりあんならではのとっておきのコツをお伝えしました。

実はまりあんも人見知り!

第165回目の放送は「らぶりんメール祭」。
”まりあん”が寄せられたさまざまな質問に答えました。

今月から病院実習なのに人見知りで困っているというリスナー。「初対面の人と楽しく話すコツは?」という相談でした。
病院はいろんな人が出入りする場所なので気になるところですね。

「自分も先日入ったばかりの15期メンバーとなかなか話せなかった」と同調する牧野。自分から積極的に質問ができなかったのだとか。

むしろ、こども頃の方が何も考えずに何でも話せたとのこと。大人になってからの方がいろいろと気を遣ってしまい、かえって話しづらくなっているようです。
話題の選択には「趣味を聞くのがいいかも」と牧野。

最近、テレビでしか見たことがなかったファイターズの解説・岩本勉さんと話す機会があったそう。
初対面にかかわらず向こうからたくさん話しかけてくれたため、牧野もとても話しやすかったとか。

「もしかしたら、いっぱい話しかければ相手も心を許してくれるのかも…」と感じた牧野。
「いっぱいしゃべったらいいと思います!」とアドバイスを送りました。
 

”まりあん”の名前の秘密?

続いて、自分の名前の候補がなんと”まりあ”だったというリスナーから。

名前負けしてしまうので”まりあ”でなくて良かったそうですが、「名前の由来を両親に聞いたことはありますか?」との質問でした。

牧野の母親は海外でも愛されるように「リカちゃん」という名前を最初考えていたとか。
「真莉愛」の字も当初はひらがなだったそうですが、結果的に漢字になったようです。

「真」の字がまだうまく書けないそうで、うまく書けるようになりたい、と牧野。

54画と総画数が多いところを含め、自分の名前を「とても気に入っています!」とのことでした。
 

ステーキ495gをペロリっ

他には食べ物の質問や話題が集中しました。

大人買いをしてしばらく放置していたマンガをようやく読み終えたリスナーから「ここ最近、スカッとしたことはありますか?」との質問。

牧野は「ご飯をいっぱい食べた時」で、最近はステーキを10%増量キャンペーンがあり、なんと495g(!)も食べたとか。
さすがにライスはなしにしたものの「ふつうに食べきった」そうで、「いつか500g!」と意気込んでいました。

また、バイキングでつい食べ過ぎてしまうリスナーから「バイキングで気をつけていることはありますか?」との質問。

ライス、サラダといった全体のバランスをあまり考えず、好きなものを食べられる量だけ持っていくと話す牧野。
お店はローストビーフがあるディズニーリゾートの「シェフ・ミッキー」がお気に入りだとか。
メニューはモッツアレラチーズとトマト、バジルがかかっているのが好きだそう。
デザートよりご飯が優先らしく、豪快な食べっぷりがよくわかる今夜の放送でした。
(nachtm)

セットリスト:
M1  モーニング娘。'19「人生Blues」
M2  モーニング娘。「気まぐれプリンセス」
M3  モーニング娘。'17「若いんだし!」
 
この記事をradikoで聴く

2019年07月24日00時47分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×