北野誠のズバリ

熱中症に打ち克つためには、どの飲料が効果的?

毎週水曜日の『北野誠のズバリ』では、5回にわたり「夏本番!熱中症対策にズバリ!」と題し、これから気をつけたい「熱中症」とその「対策」を、熱中症に詳しいノザキクリニックの野崎院長からの情報を元に詳しく紹介してきました。

パーソナリティの北野誠と大橋麻美子が伝えます。5回目となる8月12日放送分から。

[この番組の画像一覧を見る]

熱中症のリスクが高い高齢者や乳幼児

いよいよ今日は最終回。北野と大橋は熱中症とその対策についてずいぶん詳しくなったようです。
あらためて「熱中症」についておさらいする大橋。

大橋「熱中症とは、高い温度の環境の中で、体内の水分やミネラルが不足して、調整機能が破たんすることで、身体に熱がこもって発症する症状の総称です。
これにより、熱の放出ができないことが理由で起こる体温上昇やめまい、筋肉のこむら返りやけいれんなど、ひどい時には死に至ることもあるそうなので、注意しなければいけません」

ここで北野が、どれだけ熱中症が恐ろしいのか、あるデータを話します。

「昨年の5月~9月に愛知県内で熱中症の疑いで救急搬送された人は、およそ4,700人だったという話でしたね」

特に熱中症に注意が必要なのは、暑さを感じにくく、体温調節や発汗機能が低下している高齢者や、体温調節機能が未発達な乳幼児が挙げられます。

そして、多くの人が勘違いしている熱中症が起こりやすい場所と時間について大橋が説明します。

大橋「熱中症と聞くと、昼間の屋外で起こるイメージがあるかもしれませんが、実は、室内での熱中症に注意が必要なんです。冷房の効いた室内ですと喉の渇きを感じにくかったり、水分補給の意識が低かったりします。
加えて、人は常に皮膚や呼気から水分が失われる「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」も起きています。だから室内の熱中症にも注意が必要なんです」

北野「夜間に熱中症になる方も多かったですよね。気密性の高い住宅では、日中の日差しで壁や天井に熱が蓄えられ、夜に放射熱となって室内に流れ込んでくるため、室温が下がりにくいこともあるそうなんです。なので夜間の熱中症にも注意が必要なんです」

熱中症は昼間の屋外で起きるイメージがありますが、室内や夜間でも起こりうる怖い病気なのです。
 

血流改善効果と体温下降効果も

そんな熱中症にどう対策したらよいのでしょうか?

大橋「手軽にとれる熱中症対策としては、やはり、こまめな水分、ミネラル補給が挙げられます。
水分だけでなく、健康を維持するために必要な、五大栄養素のひとつである、ミネラルも失われてしまうそうで、水分とミネラルの両方を補給することが大切なんだそうです」

そこでおススメなのが、ミネラル入りむぎ茶ということです。
ノザキクリニックの野崎院長によると、人は汗をかくことで体温を調節したり、血液を皮膚表面に集めて身体の熱を放出することで体温を下げています。

ミネラル入りむぎ茶には、血液をサラサラにする血流改善効果があるそうです。
血液がサラサラになるということは、熱中症対策に効果的。
しかも、夏は汗で水分が減り、血液がドロドロになりやすく、血栓のリスクがあります。
そのため、心筋梗塞や脳梗塞対策にもなるということです。

加えてミネラル入りむぎ茶には体内の余分な熱を奪って、身体の内部体温を下げる「体温下降効果」があるため、さらに熱中症に効果的だとか。
 

毎日飲むのに最適

ただし、効率よく水分とミネラルを摂るにはポイントがありました。

水分とミネラルは、残念ながら一気に補給しても、血液内に吸収された時にしか効果がないので、少しずつ継続的に飲む「点滴飲み」がおススメ。また、飲む目安は、大体1時間にコップ一杯程度が理想的だといいます。

最後に北野は、数ある熱中症対策飲料の選び方として、生活シーンや体調に合わせた「飲み分け」が大切と話します。
その中でもミネラル入りむぎ茶は、無糖でカロリーもカフェインもないので、毎日ゴクゴク飲めると太鼓判を押します。

その他の熱中症対策飲料としては、大量に汗をかいた時には「スポーツドリンク」。
ただし、エネルギー消費量がさほど高くない方にとっては糖分の過剰摂取になり、急性糖尿病や肥満のリスクを高めることも。

さらに脱水症状の場合は「経口補水液」。
脱水症状に陥ってしまった後、特に医師から脱水状態の食事療法として指示された場合に限り飲んだ方ががよいでしょう。自己判断で予防的に飲むと、塩分の過剰摂取になることがあるので注意が必要。
状況によってこれらの飲料を飲み分けすることが重要です。

ここでリスナーからのメッセージが紹介されます。

「ミネラルが入ったむぎ茶は、農家の強い味方です。熱中症対策にはかかせません!今年もお世話になってます」(Aさん)

それを受けて「農作業に休憩にも、むぎ茶はおススメですね」と北野。そして…

「まだまだ厳しい暑さが続きます。今年の夏は、これまでとは違ってマスクが手放せず、熱中症のリスクが高まっています。充分に体調管理に気をつけ、この夏を乗り切りましょう!」

「夏本番!熱中症対策にズバリ!」では、これまで5回にわたって、熱中症とその対策について学んできました。恐ろしい熱中症も対策がわかれば怖いものなし。ミネラル入りむぎ茶を飲んで、熱中症を吹き飛ばしてください!
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年08月12日14時46分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報