北野誠のズバリ

冬の健康リスクに適切な飲料選びとは?

今月も毎週水曜日の『北野誠のズバリ』では「冬の健康リスクにズバリ!」を放送しています。

冬の健康リスクのひとつ「かくれ脱水」に詳しいノザキクリニック 野崎院長からの情報を元に、北野誠大橋麻美子が詳しく伝えます。

[この番組の画像一覧を見る]

冬のかくれ脱水

コーナーでは12月から「冬のかくれ脱水」について、重ねてレクチャーをしてきました。改めて説明しましょう。

冬は湿度が低く乾燥をしているので、気づかないうちに汗以外で皮膚や吐く息から水分が失われてしまう現象「不感蒸泄」(ふかんじょうせつ)が増えます。

通常大人で失われる水分の量は1日に900ミリリットルもありますが、冬はさらに水分が失われやすい環境にあるそうです。
冬は暖房のきいた部屋の中や、車の中など意外と汗をかいて沢山の水分とミネラルを失います。

冬の汗には夏のなんと約2倍のミネラルが含まれていると言われています。
水分、ミネラルをちゃんと補給しないと「かくれ脱水」になってしまう恐れがあるんですね。

「怖いですね~」と感嘆の北野。かくれ脱水を放置することで、起こるリスクがありました。

「ノドや鼻の粘膜が乾燥して風邪をひきやすくなったり、血液がドロドロ状態になり、血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞のリスクが増えたりするとのことでしたね」

さらにお風呂では上昇した体内の熱も放出できないため、浴室熱中症になる恐れがありました。
かくれ脱水対策として、水分、ミネラル補給が大切でした。

シーンに合わせた飲料選び

その水分、ミネラル補給について、このコーナーでは生活シーンや体調に合わせた飲料選びが大切であることも伝えてきました。

北野「冬の代表的な飲料にスポーツドリンク、経口補水液などいろいろあるよね。」
    
かくれ脱水に詳しいノザキクリニック・野崎豊院長によると、スポーツドリンクは、風邪を引いた時など、手軽な栄養補給としてオススメですが、糖分が多く、飲みすぎてしまうと急性糖尿病のリスクがあるので注意が必要です。

一方、経口補水液は、急な脱水症状の時に適した飲み物ですが、塩分が多いので、予防的に飲み続けると塩分の過剰摂取になりますので、こちらも飲み過ぎに注意が必要です。

日常的に飲む最適飲料

「おススメのミネラル入りむぎ茶はいかがでしたか?」と問いかける北野。
    
コーナーでは日常的に飲むにはミネラル入りむぎ茶が最適、と伝えてきました。
ミネラル入りむぎ茶は手軽にミネラルが補給できる上、無糖でカロリーもなく、カフェインもゼロなのでかくれ脱水対策飲料として最適とのことです。

さらに、ミネラル入りむぎ茶には、血液をサラサラにする「血流改善効果」があるため、血栓を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞の予防としても効果的とのことです。
血圧を下げる効果もあり、高血圧の方の「ヒートショック」の予防にもなるそうです。

ミネラル入りむぎ茶の効果的な飲み方は、少しずつ継続的に飲む「点滴のみ」です。
水分、ミネラルは一気に補給しても身体に上手く吸収されないため、1時間にコップ1杯程度を目安に、日常的に飲むのが理想です。
 

寒さと乾燥がいっしょに!?

コーナー宛てに50代の男性リスナーから寄せられたメッセージです。

「年が明けて、寒さと乾燥がいっしょにやってきたように思います。今は、乾燥に負けないように、麦茶を飲んでのどを潤しています」
     
北野「かくれ脱水の予防の為に、良いと思います。1時間にコップ1杯程度の点滴飲みは心がけて頂きたいと思います」

健康リスク対策を喚起し、コーナーを締めくくりました。
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年01月22日14時49分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報