北野誠のズバリ

冬は汗に注意!健康維持に必要なミネラルが2倍失われる!?

今月も毎週水曜日の『北野誠のズバリ』では「冬の健康リスクにズバリ!」を放送しています。

冬の健康リスクのひとつ「かくれ脱水」に詳しいノザキクリニック 野崎院長からの情報を元に、北野誠大橋麻美子が詳しく伝えます。

[この番組の画像一覧を見る]

「かくれ脱水」おさらい

まず北野誠が「かくれ脱水」について、おさらいします。

「かくれ脱水」とは、自覚症状が無いままに体重の1%相当の水分が失われ、脱水症状の一歩手前の状態になってしまっていることを言います。

冬は湿度が低く、乾燥をしているので自覚症状のないまま皮膚や吐く息から水分が失われる「不感蒸泄(フカンジョウセツ)」が増えるんですね。
通常、大人で1日に900ミリリットルの水分が皮膚や吐く息から失われるので、冬はさらに水分が失われやすい環境にあるそうです。

基礎代謝が上がっているため、暖房の効いた部屋や車の中などは注意が必要です。

北野「意外と汗をかいていて、たくさんの水分とミネラルを失ってしまうということでしたね」

大橋「もう、完璧ですね!」

冬にかく汗

さらにポイントは冬にかく汗。

北野「自分でもわかります。冬は地下鉄内などでかいてるじゃないですか」

冬は汗をかく機会が少ないため、汗腺機能が低下します。
その結果、汗で出たミネラルが再吸収されず、ミネラル成分の多いベタベタとした悪い汗を
かいてしまい、その結果、ミネラル不足に陥るんだそうです。

冬の汗には夏の汗の、なんと約2倍のミネラルが含まれると言われています。
水分・ミネラルを失ってしまう冬こそ水分とミネラルを補給しないと、かくれ脱水になってしまう恐れがあるんですね。

かくれ脱水を放置することで、3つの健康リスクの恐れがあります。

1つ目、喉や鼻の粘膜が乾燥することにより免疫が低下し、風邪をひきやすくなること。
2つ目、水分不足で血液がドロドロになり、血栓ができて、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まること。
3つ目は、お風呂では上昇した体内の熱を放出できないため、浴室で熱中症になる恐れがあるようです。

こまめな水分とミネラルの補給を

北野「いや~怖いね。これらのリスクを少なくするための対策は、どうしたらいいですか?」

かくれ脱水に詳しいノザキクリニックの野崎院長がおすすめしているのは、ミネラル入りむぎ茶。
野崎院長によれば、無糖でカロリーもなく、カフェインもゼロなのでお子さんや妊婦さん、ご高齢の方など、どなたにでも推奨できる"かくれ脱水対策飲料"とのことです。

さらにミネラル入りむぎ茶には、血液をサラサラにする「血流改善効果」があるため、血栓を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞の対策に効果的だそうです。

また、血圧を下げる効果があるので、冬の入浴の際の気温の急激な変化によって心臓や血管に負担がかかることから起こる「ヒートショック」の予防にもなるとのことです。
    
効果的な飲み方は「点滴飲み」。
1時間にコップ1杯程度を目安に、日常的に飲むのが理想のようです。

リスナーからのメッセージ

コーナーの最後、50代の男性リスナーから寄せられたメッセージが紹介されました。

「最近、自動販売機で飲み物を買おうとしたら、無意識に麦茶を選んでいる自分がいます。麦茶は夏のものと思ってますが冬でもいけますね。身体にも優しい気がします」(Aさん)

北野自身も現在、お風呂に入る前はミネラル入り麦茶を飲み、「かくれ脱水」対策を実践しているようです。
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年01月15日14時50分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報