北野誠のズバリ

冬の健康リスク「かくれ脱水」を振り返る

昨年12月に続き今月も毎週水曜日の『北野誠のズバリ』では「冬の健康リスクにズバリ!」を放送しています。

冬の健康リスクのひとつ「かくれ脱水」に詳しいノザキクリニック 野崎院長から頂いた情報を元に、北野誠大橋麻美子が詳しく伝えます。

[この番組の画像一覧を見る]

不感蒸泄

12月のこのコーナーでの内容について感想を語る北野。

「(冬の健康リスクの話は)印象的だったので覚えています。『かくれ脱水』が引き起こす健康リスクについて、興味深く学ばせていただきました。」

冬の健康リスクのひとつとして取り上げていた「かくれ脱水」。
北野が続けておさらいします。

「『かくれ脱水』とは自覚症状がないままに、体重の1パーセント相当の水分が身体から失われ、脱水症状の1歩手前になっている状態のことでしたね」

冬は湿度が低く、乾燥しているので気づかないうちに皮膚や吐く息から失ってしまいます。これを「不感蒸泄」(ふかんじょうせつ)と呼びます。

通常、大人で失われる水分の量は1日に900ミリリットルもあるので、冬はさらに水分が失われやすい環境にあるとのことでした。

冬は暖房が利いた部屋や車の中など、基礎代謝が上がる環境も多く、意外と汗をかいていて、たくさんの水分・ミネラルを失います。
その上、冬の汗には夏の汗のなんと約2倍のミネラルが含まれていると言われています。

そして、その原因は汗腺機能の低下によるものと言われています。
冬は汗をかく機会が少ないため、汗で出たミネラルは再吸収されず、ベタベタしたミネラル成分の多い汗をかいてしまいます。

「その結果、ミネラル不足になってしまうということでしたよね。実際(私も)体感してます」

対策を振り返り

そしてこの「かくれ脱水」、放置することのリスクは3つあるそうです。

一つ目はノドや鼻の粘膜が乾燥して免疫が低下して風邪をひきやすくなるそうです。
二つ目は血液がドロドロ状態になり、血栓ができて、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるといわれています。
三つ目は、お風呂で上昇した体内の熱も放出できないため、浴室熱中症になる恐れがあること。

このように様々な健康リスクを引き起こすようです。

こうした「かくれ脱水対策」については「日常的な水分・ミネラル補給が重要なんだそうです」と大橋。

ノザキクリニックの野崎院長がオススメしているのがミネラル入りむぎ茶です。ミネラル入りむぎ茶は、無糖でカロリーもなく、カフェインもゼロのため、毎日手軽に水分・ミネラル補給できるかくれ脱水対策飲料とのことです。

血液をサラサラにする「血流改善効果」があるため、血栓を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも効果的だそうです。
また。血圧を下げる効果もあるので、冬の入浴の際の気温の急激な変化によって心臓や血管に負担がかかることから起こる「ヒートショック」の予防にもなるとのことです。

こうした水分・ミネラル補給のために効果的な飲み方は、少しずつ継続的に飲む「点滴のみ」だそうです。1時間にコップ1杯程度を目安に、日常的に飲むのが理想です。

リスナーの体験

コーナーにはこのような体験談が寄せられました。

「先日、風邪を引いて38℃以上の熱が出て寝込みました。
今回、誠さんが薦めていたミネラル入り麦茶を嫁に買ってきてもらい熱が下がるまで飲んでいました。ただ、水を飲むより飲みやすくていいですね。たくさん汗をかいたけど、ちゃんと飲んでいたので脱水しなかったです。今度、熱が出た時も同じようにしようと思います」

風邪をひいた時は、汗で失われる水分と同時に栄養補給も必要です。
今年もこまめな水分・ミネラル補給で「かくれ脱水」対策をして、今年を健康に過ごしましょう。
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年01月08日14時48分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報