アラフィフは要注意!突然襲ってくる燃え尽き症候群

北野誠のズバリ / ニュース

働き盛りと言われる40代・50代前半で、現在仕事をバリバリやっているという方、急にやる気を失ってしまう危険性があるかもしれません。

9月4日放送『北野誠のズバリ』では、パーソナリティーの北野誠と大橋麻美子が、「中高年が突然やる気をなくす理由」に関する記事を紹介しました。

急にやる気がなくなる原因は?

ビジネス情報サイト『ダイヤモンド・オンライン』の記事によりますと、これまで頼りにしていたベテラン社員が、突然電池が切れたかのようにやる気を失ってしまい、周囲が困惑してしまうという現象が一部に見られるそうです。

50歳前後で、ふと「自分の人生はこれで良いのか?」と立ち止まって考える人が多く、それは仕事や出世が順調であっても思うことが多いそうです。

さらに北野は、50歳に迷いが生じる原因について、語りました。

北野「ちょっとくたびれてくるのと、肉体的な衰えと、物忘れとかが増えるのが被さってきて、やれてると思ったことがやれなくなってしまったことに、すごく愕然とするんですよね」

大橋「徹夜なんか平気だったのがだんだん…」

北野「いや~、僕も怪談のイベントで徹夜しますけど、さすがに24時間起きてんのは本当、この歳になったらツラいんやなと」

50歳で体力の衰えを感じて物忘れも出てくると、自分に自信がなくなったり、今までやってきたことに虚しさを感じるようになるのではないか、とまとめました。

やる気を保つ方法は?

急に仕事へのやる気がなくなることを防ぐには、趣味や勉強、ボランティアなど、やはり仕事以外にやることを見つけるのが大事なようです。

北野「脳の活性化を考えると、仕事以外に熱中できるものを(持っておく)、たとえ奥さんに罵倒されようとも。
50ぐらいで『できない』って言うのが恥ずかしくなるんですけど、新しいことをやる時は(誰でも)初心者なんで。
かといって『俺、料理やんねん』言うて、奥さんに教えてもらったら、ケンカになるだけですから」

大橋「外でやった方が良いですね。こどもと一緒ですね。親が勉強を教えるの無理じゃないですか?すぐケンカになって」

北野「料理教室とかに通って」

大橋「きれいな先生に習って、そこへ行くのをモチベーションとして」

会社と家の往復だと、それこそ「同じことの繰り返し」と思ってしまい、悩みが深くなってしまう危険があります。

刺激を求めてどこへ行く

そこで、新しいことを始めて、刺激を得るのが良いという結論に達しそうになったところで、大橋が夜の中高年男性に対し、釘を刺します。

大橋「そこで浮気とかの刺激に走っちゃいけないわけですよ。男性は『刺激を求めて』って言い訳にしますけど、きれいな料理の先生ぐらいに留めておいて。見とくだけね。触れない触れない…」

北野「その後、キャバクラやフィリピンパブにハマると、家庭崩壊に…」

自分の仕事の成果がわかりにくかったり、最近のIT技術などは若い人の方が詳しいと痛感することも増えます。
年齢が上になって、スキルの優位性を保つことは難しかったりと、50歳を過ぎると、仕事のモチベーションを保つのはなかなか難しいのかもしれません。

が、刺激が必要とはいえ、夜の方向はほどほどに。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2019年09月04日13時15分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×