気になる熱中症の予防。強豪駅伝チームが飲んでいるのは?

北野誠のズバリ / ライフ・ヘルスケア

いよいよ夏本番です。
『北野誠のズバリ』の水曜日では、7/17(水)から4週に渡り「夏本番!熱中症対策にズバリ」と題して、夏の健康リスク「熱中症」とその対策を、熱中症に詳しいノザキクリニックの野崎院長からの情報を元に詳しくお伝えしていきます。

紹介するのは大橋麻美子、そして北野誠です。

「熱中症」のおさらい

改めて「熱中症」のおさらいです。

熱中症とは、高い温度の環境の中で、体内の水分やミネラルが不足して、調整機能が破たんすることで、身体に熱がこもって発症する症状の総称です。
これにより、熱の放出ができないことが理由で起こる体温上昇やめまい、筋肉のこむら返りやけいれんなど、ひどい時には死に至ることもあるそうで、注意しなければいけません。」

北野「日常的に生活しているだけでも大量の汗をかいてしまう時期だけに体調管理はしっかり行いたいですよね」
 

アスリートも飲用しているミネラル入りむぎ茶

大橋「日常的な熱中症対策飲料として、ミネラル入りむぎ茶がオススメとお伝えしましたが、実はアスリートも熱中症対策飲料として飲用しているんです」

北野「えっ!?アスリートの方も飲用しているんですか?」

大学駅伝の強豪校、東洋大学の陸上競技部の駅伝チームでは、ミネラル入りむぎ茶を普段「無糖のコンディショニング飲料」として、夏は「熱中症対策飲料」として飲用しています。

東洋大学の酒井監督によると、昨年のあの酷暑の中でも熱中症になった選手はほとんどいなかったそう。

「ミネラル入りむぎ茶を飲むことで、血液がサラサラになったり、体温が下がったなどの効果があったと思います。
しかも、無糖で、カロリーゼロ、カフェインゼロということで、選手は安心して水分補給できたと思います。喉が乾いてから飲むのでは遅いので、こまめに水分補給することを指導していました」(酒井監督)

主将の相澤選手も、こう語っています。

「糖分が多すぎる飲料は体重増加に繋がりますし、健康的にも飲み過ぎは良くないと思っています。
無糖のミネラル入りむぎ茶なら安心してゴクゴク飲めます。喉が渇く前からの水分補給が大事なので、日常からゴクゴク飲めるミネラル入りむぎ茶は熱中症対策飲料として良いと思います」
 

状況に応じた飲み分け

実は熱中症対策飲料には、状況に合わせた「飲み分け」があるんです。

ノザキクリニックの野崎院長によると、ミネラル入りむぎ茶は、無糖でカロリーもカフェインもないので、毎日ゴクゴク飲める日常的な熱中症対策飲料として、オススメとのことです。

大量に汗をかいた場合は「スポーツドリンク」を、脱水症状の場合は「経口補水液」がよいそうですが、スポーツドリンクは、エネルギー消費量がさほど高くない方にとっては糖分の過剰摂取になり、急性糖尿病や肥満のリスクを高めるそうです。

また、経口補水液は、脱水症状に陥ってしまった後、特に医師から脱水状態の食事療法として指示された場合に限り飲んでください。
自己判断で予防的に飲むと塩分の過剰摂取になることがあるそうですので、注意が必要とのことです。

北野「状況に応じて飲み物を分ける『飲み分け』が大事なんですね。日常的な熱中症対策飲料としては、やっぱりミネラル入りむぎ茶がいいですね。
それに、無糖でカロリーもカフェインもないので、家族みんなで安心して飲めるのも嬉しいですね」

『北野誠のズバリ』では、この夏、リスナーからも「熱中症」についての体験談や感想を募集し「熱中症対策」に対する周知を図っていきます。
 
この記事をradikoで聴く

2019年07月31日14時51分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×