あなたは大丈夫?ポイントカードのポイント失効が500億円を突破!

北野誠のズバリ / トーク

12月18日放送の「北野誠のズバリ」では、『マネーポストWEB』の記事から、ポイントカードのポイント失効についての話題を取り上げました。

60代男性でポイントカードを持っている人は、なんと全体の99.2パーセント。
今や、持っていない人を探す方が難しいほど、広く普及しています。

ところが、せっかく貯めたポイントをみすみすムダにしてしまう人が後を絶たないようです。

貯まったポイントはこまめに使うなどして、極力失効させることがないように注意したいものです。

消えるポイント

野村総研の発表によると、2012年度に国内企業が発行したポイントは現金換算で8,684億円分に上る一方で、同時に500億円分が失効されていたと推測されています。

「そうやで、みんな忘れてないか!みんなポイントを貯めることに一生懸命すぎて、使ってないやろ!」

こうリスナーに問いかける北野誠と、「ホントそう」と身につまされた松原タニシ。

「意外とラジオ聞いてて、失効しますよっていうのを聞いてて『えっウソやん』って思ってる人、結構多いよね」

北野は、ポイントが失効するということ自体を忘れている人が多いのではないかと指摘します。

かくいう北野自身も数年前まで「失効するの?これって」という認識であったとのこと。

「最後のお買い物から1年とか。だいたいそういう感じですね」と、詳しい佐藤実絵子。
 

「41円安くなってもねぇ」

ドコモユーザーなので、「dポイント」が貯まっているという北野。

メールで「ぼちぼち失効しますよ」という通知が来て「あっ、使わなあかんねんわ」と気づかされるものの、「結構失効しちゃうんですよねー」と嘆きます。 

ソフトバンクユーザーの松原も「Tポイント」が付いてくるものの、その使い方がややこしく、結局失効させてしまうそうです。

「ちょっとずつ使うのってお得感がないんですよね。なんかYahoo!とかでも、『41ポイント貯まっています。使いますか?』みたいな。41円安くなってもねぇ、みたいな」

この佐藤の意見に納得の北野と松原。

北野「『ポンタカード285円ほど貯まってますが使われますか?』『それなぁ』」
松原「そうそう」
佐藤「なんかね、お得感が感じられない」

1,000円を超えると「使った感」が感じられるものの、それ以下の金額では貯めたくなってしまうという意見で一致しました。
 

日本人の「貯める」性格

さらに、dポイントカードの「ウォーキングしたら貯まるポイント」までやってるという北野。

「失効さしてどないすんねん!」と自らに喝をいれます。

北野「それでよく歩いてるわけやのに、失効して。歩いた意味ねえやん!と思うから」
松原「500億円分のいくらかになってる」

500億円が1年間に失効されてるということは、日本人の「貯める」性格が出てると分析した北野。

佐藤は、「ある程度貯めないと使えないポイントも存在する」という事実にも注目します。

「年末に自分が持ってるポイント確認した方がいいですよ。もったいないですからね」

北野は自分に言い聞かせるように、リスナーにも保有しているカードのポイントチェックを促します。
 

チリも積もれば500億!

保有者6,400万人といわれる「Tポイントカード」ですが、「楽天ペイ」やドコモの「d払い」などのスマホ決済が広がり、現在かなり苦境に立たされているとのこと。

様々な決済の方法があるため、コンビニでアルバイトをする外国人の方は大変だろうと、その苦労を推し量る北野。

「あの子らも偉いなと思うよ、これよう覚えたなと思うもん」と感心します。

「僕ハタチの頃コンビニやってた。あんなん覚えられなかったですね。大変や、覚えるの」と、同意する松原。

北野「俺も一遍見直そ、今。考えてみたら俺、Tポイントって使った記憶ないぞ!」
佐藤「私もTポイントは使ったことない、永遠に貯まる一方…」

松原に至っては、貯めることさえ面倒になってきて、カードがあるのに「ないです」と言ってしまってるとのこと。

「アカンで、みんな。チリツモで500億やから、年間。ちょっと見直しましょう」と、莫大すぎる金額に心を入れ替えた北野でした。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2018年12月18日13時25分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×