アゲアゲ・それな・ウェーイ…典型的な「パリピ人間」だった北野誠

北野誠のズバリ / トーク

7/19放送の『北野誠のズバリ』では、『週刊SPA』の記事から、最近耳にすることが多い「パリピ」について取り上げました。

近年、メディアや街中でもよく聞くようになった「パリピ」という言葉。
パーティなど、騒ぐのが好きな人という意味のパーリーピーポー、略してパリピ。

最近の若者言葉と思われがちですが、実は90年代から存在していた言葉で、当時は「必ずパーティーに出席して他人のファッションチェックをする人」という意味で使われていました。

最近では、単にパーティーを好む人だけを指すのではなく、事あるごとに集まって騒ぐ人たちという意味や、騒いで周りに迷惑をかける人たちという意味でも使われたりしています。

安易に若者に対して「君パリピだね!」と言ってしまうと、悪い意味で捉えられてしまうかもしれません。

氏田の夫はパリピ

「あの、事あるごとに集まって騒ぐ人たちって『マコ酒RUN』(番組企画の飲み会)がディスられてるわけですか?俺らパリピ?パリピの走り?」

思い当たる節があった北野誠。

「事あるごとに集まって騒いで、周りに迷惑かける人、いっぱいいますよ。うちの『マコ酒RUN』は。声大きいし、たまに1次会終わって2次会行く時にコケてる人もいるし」

身近なところでは、氏田の夫が周囲から"パリピ認定"されているといいます。

氏田「会社の飲み会とか、毎日のように飲んでるから。愚痴たまるじゃないですか。『パリピと結婚したからしゃーないよね』って言われる」

北野「パリピやった?旦那。おもろないやん、あいつ。別におもろないのにパリピなん?」

氏田「おもろないのは関係ない、条件に入ってないでしょ!」

毎日食事会に参加しているという氏田の夫、平日の夜は基本的にいないんだそう。

「ずーっとパリピやってんの?パリピって職業なん?」

疑問を抱いた北野。

還暦間近でも「卍?」

パリピがよく使う「パリピ用語」なるものも存在します。

4位は「一体感」。

同じく4位が「アゲアゲ」。

3位が相手の話に対する生返事、「それな」。

2位は「まじ卍」。

氏田「使いますやん、誠さん」
北野「いや俺、使わへんがな」

氏田「2回ぐらい使ってるの聞きました」
北野「俺だってサタデーの時、酒井(直斗)がクラブに潜入した時に、女の子たちが『卍~
』とか言うてるの、なんやろそれと思って、ギャグとして使い出しただけで。使わんよーそんなもん」

氏田「普段からじゃなかったんや」
北野「60手前のおっさんが『卍?』とか言うたらイヤやわ、自分でも。引かれるわ!」

「えっ!俺パリピ?」

ところが、北野がみんなから指摘されて1番悲しかったというのが、1位の「ウェーイ」。

「俺、よく使うそうです」

北野、雲行きが怪しくなってきました。

「言ってる、めっちゃ言ってます。OAでも言ってます。『ウェーイ』って言って、CM行ったりする」と納得の氏田に、「マコ酒RUNでも乾杯する時、『ウェーイ』って言ってるわ」と気づいた北野。

「えっ!俺、パリピ?」

なんと「北野誠パリピ疑惑」が浮上しました。

氏田「パリピですよ、だって。事あるごとに集まって騒ぐ人たちのリーダーやし」

北野「俺だけですけどね、3百20何回行ってるの。当たり前や!(マコ酒RUNは)俺の会やから。最高回数、毎回更新や。毎回ギネスにチャレンジ」

北野パリピのズバリ

「でも考えたら『今日アゲアゲや』とか言うてるわ。パリピや、俺パリピやったんや、かっこ悪(涙)」

どんどん、深みにはまっていく北野。

「北野パリピ。パリピのズバリ」

弱っている北野に、言いたい放題の氏田。

以前の『ボーリングマコ酒RUN』で、「こんな楽しいボーリング大会ないですよねー!」とテンションの高い酒井直斗に「それな」と言ったことも思い出した北野。

氏田「えー!いくつ使ってるの!?すごい」
北野「卍以外は使ってますね」

ということで。

「あなたは典型的なパリピ人間です!」

『金鳥』のラジオCM、「殺虫剤占いシリーズ」の女の子ばりに締めた北野でした。
(minto)
この記事をradikoで聴く

2018年07月19日13時24分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×