血糖値が気になるラーメン好きは、このメニューを頼め!

北野誠のズバリ / ライフ・ヘルスケア

昨年9月に出版された『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(ダイヤモンド社)が話題となっています。
AGE牧田クリニック院長の牧田善二先生が書いたこの書籍では、巷にあふれる健康法や俗説、自己流健康法を否定し、人体のメカニズムにそった正しい「食の知識」を授けてくれるという内容です。

4月21日『北野誠のズバリサタデー』では、牧田先生をゲストに招き、血糖値と健康の関係について北野誠が話を伺いました。

自覚しない糖尿病予備軍

牧田先生は糖尿病合併症の原因として注目されているAGE(Advanced Glycation End Products:終末糖化産物)の研究を行い、延べ20万人の糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療を行っています。

その多くの臨床経験から書かれたのが『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』です。

まずは、そもそも血糖値が高いとどうなるんでしょうか?

「血糖値が高くなると、糖尿病になる危険性が高くなります。この糖尿病の数ですけれども、現在1,000万人と言われてます。さらに予備軍と言う前段階の方も同じく1,000万人いると言われています」

5人に1人が糖尿病予備軍です。

厄介なのは、予備軍の人が自分自身が予備軍であるとわかっていないことだそうです。

「予備軍でも、心筋梗塞、脳梗塞、がんの死因の原因になる頻度が高いということがわかっています」と語る牧田先生。

昼間でも眠くなるのは血糖値の変化が原因

血糖値が上がることによって起こる体調不良はどんなものがあるのでしょう?

「食べ物によって違うんですけども、血糖値が上がる時に、血糖値スパイクという、急激に上がる現象が起きます」

そうすると血糖値を下げるために、膵臓からインシュリンと言うホルモンが出て血糖値を下げるように働きます。
今度は逆に血糖値が一時的に下がる低血糖の状態になります。

「その低血糖がだるいだとか、眠たいとか、効率の悪い仕事の状態を作るということがわかっています」

昼間にすごく眠たくなる原因は低血糖だったわけです。

血糖値スパイクを起こしやすい食品

血糖値スパイクを起こしやすい食べ物や飲み物は何でしょう?

「最悪な物は清涼飲料。砂糖がたくさん入った液体の飲み物ということですね」

清涼飲料水がなぜ血糖値スパイクを起こしやすいかと言うと、砂糖が液体に溶けて入っているので、胃で消化する必要がなく、真っ直ぐ腸に向かいます。
そうなると血液中に糖分が速く取り込まれ、血糖値が一気に上がるわけです。

ということは甘い物も、清涼飲料水同様に血糖値スパイクを起こしやすいんですか?

「清涼飲料水ほどじゃないけども、砂糖が多く入ってるケーキだとかお菓子。これは、やはり血糖値スパイクを作る食べ物と言うことになります。それから意外に危険なのが果物です。例えばバナナ」

「え?バナナって凄い体に良さそうな果物ナンバーワンみたいな感じありますよ」と驚く北野誠。

バナナは食べる順番に注意

牧田「朝、バナナと何かを飲んで朝食の代わりと言う人は多いと思います」
北野「バナナと牛乳とか言う人、多いですよ」

牧田先生によれば、バナナは糖質が非常に多く、血糖値を一気に上げる食べ物だそうです。さらに果物の中に入ってる糖、つまり果糖は、特に太りやすい性質を持っています。

北野「ええ?そうなんですか?じゃあ、バナナはいつ食べたらええんですか?」
牧田「食べ物は順番と言うものが非常に大事です」

例えば、おにぎりでもパンでもバナナでも血糖値が上がるわけですが、先に肉や魚、たんぱく質を食べて、さらにできれば野菜を食べて、最後にバナナ。
それから、おにぎり、ラーメンという順番で食べると大幅に血糖値が上がらなくなるそうです。

おススメのラーメンの食べ方

「炭水化物も当然、血糖値が上がる食べ物ですよね?例えば、ラーメンを食べるとなったら、どういう食べ方が一番いいんですか?」と疑問を呈する北野。

「おススメの食べ方はチャーシュー麺を頼むことです。ラーメンだけ食べるんじゃなくて、先ほど言ったように、肉、魚があったほうが良いわけです。チャーシュー麺に、できれば野菜をトッピングして食べると、50くらい血糖値を上がるのを抑えることができます」

ご飯、パン、ラーメン、炭水化物は、胃で消化されるのに2~3時間かかります。肉はさらに長く3時間~4時間かかります。
つまり肉が胃に入った状態だと、炭水化物が胃の中にある時間が長くなります。
それで糖の吸収がゆっくりになり、血糖値が上がりにくくなるそうです。

オリーブオイル、白ワイン、酢

「昨年の研究で、パンだけ食べるよりもオリーブオイルをつけた方が、バターよりも血糖値が下がるという研究報告が出ています」

さらにワインにも血糖値を下げる物質が入っていると推測されているそうです。ワインの次に焼酎もいいそうです。

「ワインには赤と白があるんですけども、2004年のドイツの研究で、白ワインは特に痩せる効果があるということが分かっています。だから痩せたい人は特に白ワインがおススメと言うことになります」

その他には、酢も血糖値を下げる作用があるんだとか。

「ラーメンを食べる時にチャーシューを摂ってたら身体に悪いんちゃうかと思ってたら、逆にチャーシューとか野菜を一緒に摂った方が、血糖値的には絶対エエってことなんですね!」と目から鱗の北野誠でした。
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年04月21日10時27分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×