2017年7月7日(金)

性欲はいくつになったら衰えるの?という素朴な疑問。

北野誠のズバリ / ライフ・ヘルスケア

CBCラジオ『北野誠のズバリ』、水曜日は「ドクター石蔵の中高年よろず相談室」と題し、リスナーから寄せられた健康の悩み・夫婦の悩みなどを、循環器・心療内科・更年期が専門の医師で、中高年アドバイザーの石蔵文信先生に電話で伺います。

7/5は、40代男性のリスナーからの質問を取り上げました。

女性は子作りチャンスで性欲UP

「最近同世代との会話で、性欲が減ってきたという言葉がよく出ます。私自身はまだ性欲は充実しているのですが、一体いつこの性欲が減るのか、そんな日が本当に来るのでしょうか。教えてください」(Aさん)

男性の性欲は10代と、女性よりも早く出てきます。
すなわち、性欲という面だけで考えると、若い男性は年上の女性と交際をする方が相性が良いということになるのです。

一方、女性はホルモンの関係で排卵時に性欲が起こります。
これは「こどもを作りたい」という本能から起こる現象です。
さらに生理があるうちにこどもを生んでおかないと、ということで35歳くらいにも性欲のピークがくるんだそうです。

ここで北野が「閉経が近づく頃に性欲が増す」と話していた、とある女性リスナーさんを思い出します。
「それが最後のチャンスなので、増す可能性があります」と、石蔵先生。

つまり女性の場合、生理前・35歳前後・閉経前の“子作りチャンス”に性欲が増すということのようです。

同じ相手じゃ飽きる

「こんなん言うたら女性の方に怒られるんですが…」としながらも「男性は同じパートナーの場合はだんだんダメになっていく場合が多いですよね」と核心をついてしまう北野。

水曜アシスタントの大橋麻美子は「えー!」と、かなりショックな様子。
頼みの綱の石蔵先生も「食事と一緒で、飽きが来るのは当たり前のこと」と認めてしまいます。

男性の場合は、老眼が始まる40代半ば頃に性欲が落ちてくると言われています。

「考えてみれば男の厄年(数え年で42歳)って、よう言うたもんですね」と、厄年と性欲減退との因果関係に気づいた北野。
石蔵先生も「50歳が寿命だった時代から考えたら、当たり前」とフォローします。

男性は厄年を超えたあたりから、少しずつ性欲も衰えてくるということのようです。

性欲を刺激する薬

「性欲が衰えてくるのを止めるというのは、どうなんすかね?運動したらええっちゅうもんでもないですし」と、悩める北野。

対して「身体の問題は鍛えたらいいんですけど、欲はなかなかね。気持ちを切り替えるとか、雰囲気を変えるとか」と、性欲の減退はトレーニングできないとする石蔵先生。

「性欲が落ちるわけですから、バイアグラみたいな改善薬を使われると、欲が落ちていても力は保てるという状態になりますね」

性欲が減ってしまったら、改善薬を使うのが手だということですね。

一方、性欲と身体能力のバランスを考える北野。

「(身体は)薬を飲んだらカバーできますけど、女の人とエッチしたいという気持ちが衰えてくるということですもんね」

性欲の減退をどうしても諦めきれないようです。

石蔵先生は衰えるのは仕方がない、としながらも「性欲そのものを盛り上げる薬」があるという驚きの情報を提供してくれます。

その朗報に興味津々!の北野と大橋。
ですが、その薬には大変残念な副作用があったのです。

それは「吐き気」。

性欲の中枢と吐き気の中枢は近いところにあるため、性欲を刺激することで同時に吐き気も催してしまうという、なんとも残念な話でした。

「今から女の人とエッチしよう!と思って高まってても、吐き気があったら全然したいと思いませんから」

北野も苦笑いする他ありません。

ウルトラマンか!

石蔵先生いわく「45歳を超えて性欲がある方が珍しい」とのこと。
不倫をせずに奥さんと続けていくなら、やはり薬に頼るのが良いそうです。

改善薬として有名な「バイアグラ」、そして「レビトラ」の効果は、飲んだ1時間後から4~5時間。
「シアリス」の効果は、なんと36時間継続。

「36時間勃ちっぱなしじゃなくて、その間にチャンスがあれば効いてくれる」

土曜日の夕方に飲めば日曜日までカバーできるため、別名「ウィークエンドピル」とも呼ばれているそう。

北野「バイアグラ飲んで今から1時間後と言っても、そんな計算通りにいかない場合もありますよね」
石蔵「せわしいなと」
北野「なんであんた、こんなに急いでんのよ!」
大橋「聞いちゃう、聞いちゃう(笑)」
北野「さっきバイアグラ飲んだから、っていう話ですからね」
大橋「ウルトラマンか!」

大橋の見事な例えがズバリ炸裂したところで、コーナー終了です。

45歳前後に性欲が衰えてくるのは仕方のないこと。
薬を上手に利用して男性力を持続させることが、豊かな“性活”を送るポイントのようですね。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line