2017年5月29日(月)

草むしり すればするほど 草生えるwww

北野誠のズバリサタデー / ライフ・ヘルスケア

話題の本の著者や、話題の人にインタビューするコーナー『ズバリこの人に聞きたい』。
5/27のテーマは「雑草の秘密について」。
ゲストは『植物はなぜ動かないのか 弱くて強い植物のはなし』の著者で、静岡大学学術院農学領域教授、稲垣栄洋(ひでひろ)先生です。

夏に向けて、「庭に雑草が生えて、抜いても抜いてもすぐに生えてくるので困る」という人も多いのではないでしょうか。しかし実際は、雑草は“弱い”植物なんだそうです。
今回は、弱い雑草が強く生きる秘密について、稲垣先生に電話で伺います。

どうぞ私を踏んづけてください!

「雑草が弱いだって?じゃあ、アスファルトに咲いてる花みたいに、涙の数だけ強くなれるって、ウソなの?」「『雑草魂』って、本当は心が折れやすい、“豆腐メンタル”ってことなの?」

そんなことを考えた人もいるでしょうね。まあ、そう悲観しないで下さい。ここで言う「弱い」とは、「他の植物との生存競争には弱い」という意味なのです。

「たくさんの植物が激しい競争を繰り広げているような、森のような所には、雑草は生える事ができないんです」と語る稲垣先生。
言われてみればそうですよね。

「ですから、強い植物が生えるのに適さないような、逆境や困難のある場所を選んで成功しているのが、雑草になりますね」

いつ踏まれるか分からない、いつ除草されるか分からない。そんな、予測不能の事が起こる場所では、植物は育ちにくいもの。しかし、その環境の変化さえ乗り越えられれば、他に強い植物はいない、最高の場所となる。
競争には弱くても変化には強い。それが雑草の生き方だと話す稲垣先生。

雑草は植物界のスキマ産業という訳ですね。

例えば、道端でよく見かけるオオバコ。この種は、水に濡れるとベタベタしてくっつきやすくなります。踏まれると、靴の裏とか車のタイヤなどにくっついて、種を遠く広く散布していく能力があるんです。

植物にとって一番大切なのは、種を残すこと。だからオオバコは「道端で踏まれたい!どうぞ踏んで下さい!」と思っている、ドM植物なのです。

のび太も草むしりをサボれる?

植物にとって劇的な環境変化のひとつが「草むしり」。文字通り草を根絶やしにすれば、キレイさっぱりの状態にはなりますが実は、土の中にはたくさんの雑草の種が埋まっているのだそうです。
草むしりでキレイになると、土の中に光が当たるようになります。

「日光を遮ってた邪魔者どもがいなくなったようだぞ!いよいよ俺たちの時代だぜ!ヒャッハー!」
とばかりに、種が一斉に芽を吹きだします。
つまり草むしりをすると余計に雑草が生えてしまうのです。

逆に言えば、「草むしりをしなければ雑草は生えない」ということになります。
これは、いつも庭の草むしりをやらされているのび太くんにとっては朗報ですよ。草むしりをサボってもママに言い訳できますからね。

しかし自然界はそんなに甘くありません。
「放っておくと強い植物がどんどん入ってきて、競争に弱い雑草は駆逐され、藪や森のようになってしまうことになります」と語る稲垣先生。

結局、草が増えるとはわかっていながらも、現実には草を取り続けなければいけないのです。雑草には永久脱毛など存在しないのでした。

日本人と雑草は良きライバル

日本の雑草は海外のものと比べて厄介なのだそうです。取っても取っても生えてくる力が強いのだとか。
その強さに困らせられながらもリスペクトを払ってきたのが、日本人の凄いところだと稲垣先生は感心します。「敵ながらあっぱれ!」精神ですね。

雑草の中に生き方を見出してできた言葉「雑草魂」。
この言葉を座右の銘にしていた上原浩次投手は、先発投手として投げることにこだわりを持っていたのに、メジャーリーグで生き残るためにリリーフ投手となることを受け入れ成功。2013年にはワールドシリーズ胴上げ投手にもなり、42歳の今でもメジャー現役です。
まさしく「どうすれば自分が生きていけるか」を考えた雑草魂。剛速球は投げられずとも、精密なコントロールで抑える。

体格では勝ち目がないので、技術で勝負する日本人の戦い方も、雑草の生き方に通ずるものがありそうです。

いい意味で腐れ縁。草だけに。

他にも、由緒正しき紋章である「家紋」。これにも、カタバミなどの雑草がモチーフになっているものがあります。家のシンボルなんだから、立派なものや綺麗なものを使えばいいのに。
それには理由があります。雑草は抜いても抜いても無くならない。つまり家が絶えないという意味につながるからです。雑草の生き方に共感するのは、日本人古来のもののようです。

このように、日本人と雑草とは、切っても切れない“クサれ縁”だというお話でした。
(岡戸孝宏)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line