2018年2月2日(金)

血圧を測らない方がいいのはどんな時?

丹野みどりの よりどりっ! / ライフ・ヘルスケア

血圧はいろいろ変動します。
一日の中でも絶えず変わり、一週間の中でも、気温の差やストレスなど様々な要因で変動します。自分の血圧を知るにはどうしたらいいでしょうか。

『丹野みどりのよりどりっ!』、1月31日放送の「大人のクリニック」では血圧について、「みわホームクリニック」院長の神野美和さんに伺いました。

血圧は変動する!

─健康診断で、年に一回しか血圧を測る機会がないとして、それがずっと自分の決まった血圧の数値ではないわけですね?

「健康診断はある種特殊な環境で測るので高くなる傾向があります。リラックスした状況で常日頃測った血圧、つまり家庭で測る血圧がとても大事になります」

血圧の変動は危険

─血圧が一日の中で変動することによって危険なことは?

「一般的には、夜寝ている時は交感神経の緊張がなくなるので血圧は下がってきます。ところが下がらないという夜間高血圧の方もいらっしゃいます。
逆に朝ぐっと上がる、早朝高血圧の方もいらっしゃいます。
急に血圧が上がるのが血管にとって危険なので、血圧の変動の大きい人は、とても危険です」

─その変動を知るためにも、家で計測しないといけませんね。

「病院によっては、循環器内科などで使用している24時間血圧計というのがありますが、家では無理なので、ざっくり朝と夜、自分の血圧を確かめることは大事だと思います」

リラックスして測る

─計測する際、このタイミングは避けた方がいい、というのはありますか。

「リラックスした状態で測ることが大事です。朝起きてすぐ測ると高いので、朝はちょっと落ち着いてから。食事を食べると血圧は変動するので、食事の前がいいと思います。また排便は済ませた後がいいかなと思います。
夜は入浴を済ませて、トイレも食事も終わって、あとは寝るだけという時がいいと思います」

─測るのも難しいですね。

「この時間に測らないといけない、というのは逆にストレスになるので、自分のタイミングでいいです。一応おすすめします、というだけで。この時間どうしてもやらないといけないとなると、それだけで血圧が上がります。
自分のタイムスケジュールの中で、なんとなくこの辺りと決めてもらえればいいです」

ギュウギュウ巻かない

-測る時の姿勢や注意点はありますか。

「まず椅子に座るのがいいです。心臓の高さに机の上に腕を出してもらいます。マンシェットといって、巻く布がありますが、ギュウギュウに巻かずに、指一本分はいるくらい、ちょっと緩めにするのがいいです。
またこれから血圧計を買おうと思っている方は、指や手首で測るものもありますが、可能なら腕で巻くものが一番いいと思います」

自分の身体に興味を!

─まずは我々が意識してないということが問題ですよね。

「何も症状として出るわけでないので、自分の身体のデータは自分でもわかりません。一年に一回の健康診断だけではわからないし、ましてや血圧は変動していくわけなので、自分の身体がどうなっているか、まず興味を持っていただくことが大事です」

丹野は「自分の血圧を把握することから始めないと、ではどういう食生活をするのか、どういう行動をすればいいかという次のステップにつながらないですよね」と、血圧を測る大事さを前向きにまとめました。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line