2017年10月30日(月)

寒い日のサウナは要注意!温度差が身体に与える影響とは?

北野誠のズバリ / ライフ・ヘルスケア

元大関・若島津の二所ノ関親方が倒れて1週間ほどが経ちます。

『日刊ゲンダイ』の記事によると、親方は倒れる前にサウナを利用して、自転車で帰る前に路上で倒れた状態で発見されました。サウナですでに具合が悪い状態だったといいます。
これからの寒くなる時期は、サウナと外の温度差によって、くも膜下出血や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こすこともあり、要注意なんだそうです。

10/27の『北野誠のズバリ』、「ズバリぶったりぎりのコーナー」で取り上げたテーマは「危険、寒い日のサウナ」。

このテーマについて、北野誠、角田龍平弁護士、片山淳子の3人がトークを繰り広げます。

ズバリでブームの痛風とサウナ

この番組のリスナーの間でブームとなっているのが「痛風」。
そして、もう一つ好きな方が多いのが「サウナ」です。

今回の二所ノ関親方のニュースで思い出すのが、同じくサウナが原因で脳梗塞を発症したといわれている西城秀樹さん。

人は気温が急に下がることで、血管が収縮して血圧が上がります。

寒い場所からいきなり温かいサウナや湯船に入る、そしてさらに水風呂に入って冷やすということを繰り返していると、血管の収縮が繰り返されて、脳への血流が減少してしまうのです。

若い頃は身体が対応できていましたが、年齢を重ねてからのサウナは危険も伴うというわけです。

マー君VSハンカチ王子で脱水症状

「サウナって、汗かくからハマる人多いですよね」と北野。
「なんか、痩せた気になるんですよね。体重計で量ったらちょっとだけ減るんですよね」と、角田弁護士も同調します。

「隣のおっちゃんが出るまで我慢するぞ!」「(サウナに備え付けのテレビで野球を見ながら)この回が終わったら出よう」など、独自にルールを定めて、サウナの熱に耐えた覚えのある方もいることでしょう。

実際、角田弁護士も司法試験を勉強している期間中に、同じような経験があったといいます。

時は2006年夏の甲子園決勝戦。
マー君こと田中将大投手と、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手の白熱した投手戦で、延長15回引き分け再試合が決定した、まさにあの時です。

「サウナで見ていて出られなくなって、最後まで見ちゃったんですよ、あの時ヤバかったですよ」

角田弁護士、2人の熱い戦いに自分も文字通り熱くなってしまっていたようです。

風呂入らんでも死にませんから!

「風呂で亡くなる人ってめっちゃ多いんですよ。お風呂から出てきて脱衣場がすごい寒かったりすると、温まったとこで出てきた瞬間に急激に温度が下がって、ポテっとなる人も結構多いので」と北野。

ここで北野から名言が飛び出します。

「風呂入らんでも人間死にませんから!」

実際、血圧低下による脳への血流不足以外にも、飲酒後の入浴で溺れて亡くなってしまうという事例もあります。

「ベロベロなって風呂入って、そのままスコーンなって、湯船に顔つけて死んでる人も結構おるから。風呂に入って死ぬ可能性はすごい高いですよ」(北野)

気持ちのいいお風呂ですが、入り方に気を付けないと死を招く可能性があるのです。

サウナ前後のアルコールは厳禁

角田弁護士、数年前にもサウナで危険な思いをしたといいます。

数年前の冬、サウナ上がりのビールのおいしさを期待して水分を控えてサウナに入ったところ、熱中症のような症状になってしまったんだそう。

「我慢してたら頭クラクラしながら『ちょっとヤバイわ』思って出て。『ビール飲まな』って思ったんですけど、このビールが最悪らしくて。一番、言うたら利尿作用があって」(角田)

「アカンアカンアカン!水やねん。絶対。絶対水!」

サウナ後のビールに絶対反対の北野。

角田弁護士、その後何日か体調不良が続いたそうです。
飲酒した後にサウナでお酒を抜こうという行為もアカン、と北野。

「もともとお酒は利尿作用が激しいのに、血中アルコール濃度が高く血液が濃くなっているところに、水も飲まんと我慢するって。あれ絶対水を飲まなあきませんからね!サウナに入る場合は」

「寒い日にサウナに入って身体温めようという時に、ほんまに50歳以上の方は必ず気を付けて。大量に水を飲んでから入ってください!」

とにかく、サウナ前の水が重要であると声を大にして語る北野。

サウナでは痩せませんから!

そして、サウナで痩せることはない!と全員が断言します。

北野「痩せませんから!」」
片山「脂肪は燃焼しないですね」

「あれは、単に脱水してるだけで!300グラムぐらい落ちてますけど、あれは痩せてるんじゃないですから!水飲んだら終わりますから!」(北野)

血流をよくするために水は絶対に必要で、無理をしてサウナに入ることは絶対に×。
正しい使い方をして欲しい、と語る北野でした。

なんでもほどほどに

コーナー後「ズバリ痛風隊」の隊員の方から、早速おたよりが寄せられました。

「私もサウナがめちゃくちゃ好きで、ほぼ毎日サウナに仕事終わりに行きます。そして、体重を毎回2キロは落とし、落とした分のビールを飲むので、さきほどラジオを聴いていて『あっしまった!身体に悪いことをしてるわ』と今頃気づきました」(Aさん)

Aさん、早めに気づけてよかったですね!

「そういえば、痛風で病院に行った時にお医者さんから『あんた、サウナとビールと肉好きやろ』と言われ、『この医者スゴイわ!俺の好きなものみんな知ってるわ!あと好きなものの中に女性を入れてくれたらパーフェクトや!』と思ったくらいで。この人ものすごい名医やな、と思ったんですけど、違ったんですね。これからサウナもビールも肉もほどほどにいたします」(Aさん)

なんでもほどほどが良い、ということですね。
女性もね。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line