2017年10月5日(木)

缶スプレーには”振っていい”ものと”振ってはいけない”ものがある!

多田しげおの気分爽快!! / ライフ・ヘルスケア

暮らしの中で浮かんだ疑問にお答えします。
「スプレー缶、振るものと振らないものがあるのはナゼ?」。

『多田しげおの気分爽快!! 』の名物コーナー「早川敦子のそぼQ」、10/3はこのテーマを取り上げます。

周りを見ると、ヘアスプレー、ヘアムース、化粧水スプレー、殺虫剤、塗料など、缶のスプレーがたくさん。その中に振るものと振らないものがあると意識したことはありませんか?
どれを振って、どれを振らないか、その理由が解き明かされます。

火曜アシスタント桐生順子に洗礼

今週から、月・水曜に加え火曜のアシスタントになった桐生順子、早速早川の洗礼を受けます。

早川「桐生さん、今日からよろしくお願いします。今日もおきれいでー」
桐生「おそろしいわ~」
早川「朝の支度には時間かかるのでしょうね?」
桐生「3時に起きてますから」

このやりとりに、男性スタッフがいっせいに引きました。内心「お、女同士ってこわい…」。

早川は「実は、私と桐生ちゃんはこういう仲なんで」と説明。
気の置けない間柄なんですね。ほっ。

早川は「桐生ちゃんは、朝に何本スプレーを使うんだろうと考えていまして。朝の身だしなみだけでも、ヘアスプレー、ヘアムース、化粧水スプレー式のものもあります。

今日のテーマのイントロです。

とりあえず、みんな振っていた

「みんな振るんじゃないの?」と多田と桐生。

いわゆるスプレー缶は、正式にはエアゾール製品と言います。
実物をよく見ると「振らない」のイラストのものと、「よく振ってからお使いください」というものがあります。

多田は「私の思い付きですが、当然ガスが入っています。それと成分を混ぜてからスプレーしないとガスしか出てこないのかなと思ってました」と推測します。

「そうなると全部振らないといけないですね」と早川が問題を提起します。
ここで、一般社団法人日本エアゾール協会 専務理事の齋藤英明さんにお話を伺いました。

なぜ、ガスで中身が出るのか?

──まず、エアゾール製品、なぜボタンを押すと中身が霧状や泡状になって出てくるのでしょうか?

エアゾール製品には噴射剤という成分を充填します。いわゆるガスです。ガスには液化ガスと圧縮ガスが使われています。ボタンを押すことで、そのガスの力が解放されて中身が出てくる。

早川は「薬剤と一緒にガスが注入されているので、缶の中身は外気より圧力を高くしています。それをボタンを押すことで高い圧力から解放されてガスが膨張し、その力を利用して薬剤を霧状にしたり、ムースにしたりします」と解説します。

LPGと圧縮ガスの2種類

──中に充填されているガスは2種類あるそうですが?

ひとつは”LPG”=「液化石油ガス」。ガスに大きな気圧を加えることで液体化させたガスです。これは圧力から解放させると、すぐ気体に戻って膨張します。

もうひとつが「圧縮ガス」という、窒素とか二酸化炭素を高圧で圧縮したものです。気体のまま圧縮されている。圧縮されていますから常に膨張しようとしています。

LPGは「よく振ってから」

──「よく振ってからお使いください」と書いてあるのがLPG。なぜLPGはよく振ってから使うのでしょうか。

ひとつは泡の製品の場合は、長期間製品を静置しておきますと、水溶性の成分とガスが分離します。それを使う前に振ることによって、混ぜないと泡にならないから。

もうひとつは、制汗消臭剤や塗料のように、パウダー、顔料が下に沈んでいる。それを攪拌させないと性能が出ないからです。

早川は「だいたいLPGが使われているのは粘り気が強い薬剤とか、水と油のように混ざりあわないものだったり、重さの異なるものだったりします」と補足。

振らないで使うと…残念な結果に

──「よく振って…」と書いてあるにもかかわらず、振らないで使うとどうなりますか?

製品の中にチューブがついています。そこから中の液体を吸い上げるようになっています。上の方にガスがあって、薬剤が下になっていますから、薬剤だけ吸い上げてしまって、濃くなってしまう、あるいは濃すぎて詰まってしまう。

ムースみたいな場合は、中の液体が発泡しないで出るだけです。

圧縮ガスは「振らない」

──圧縮ガスは「振らずにそのまま使ってください」。なぜ振ってはいけないのですか?

圧縮ガスを使ったものはもともとガスの圧力が高いので、ガス量が少量しか充填できないです。よく振ることで中に分散された状態になる。そうするとパイプから吸い上げられ、外に出るとガス欠になり、最後まで使いきれないことがあります。

多田は「この場合のガスは、中身を外へ出すための推進力の役目をしてくれるだけで少ししか入ってないから、振ったりしてガスを外に出したら途中で終わるよ。静かに使ってください」と納得します。

LPGと圧縮ガスのそれぞれの利点

──この2種類にはそれぞれ利点があります。

LPGは噴射させる力がとても強いので、いろいろな製品に使うことができます。

一方、圧縮ガスが使われている商品は、化粧水、ヘアトニックなど顔の近くで使用するものもあります。窒素、二酸化炭素など、もともと空気中にあるものを圧縮させて使っているので、人体に悪影響がありません。

恒例、早川の締めの一言!

最後に早川は「何事も、使用上の注意をよく守ってということですよ!」と締めにかかります。
「今日はスプレー缶のお話でしたが、多田さんにも申し上げたい!物事には振っていい場合と、振らなくていい場合とありますので、私に無茶振りをするのはおよしになってください」と、見事にまとめ切りました。

はい、振るのはLPGの時だけで結構です。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line