つボイノリオの聞けば聞くほど

ホテルの有料チャンネル、100円を入れるタイミングに悩む

男女の営みで、女性には「お花畑」が見えるという話題から始まった『つボイノリオの聞けば聞くほど』「お花畑のコーナー」。

10月31日は、Aさんからのこんな書き出しのメッセージから始まります。

「人には五感があります。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚…」

つボイノリオと小高直子アナウンサーリスナーのおたよりを紹介していきます。

“お花畑”には五感が大事

つボイ「まともな話をするような感じで入ってきましたが、要は"お花畑"だから、どっからきても"あっち"に行きます」

Aさんのおたよりに戻ります。

「男性が臨戦態勢に入るのに、視覚と触覚は大きな要素だと思います。女性の場合も同じかも。
しかし、"お花畑"であの時の言葉を学ぶにつけて、聴覚もありかもと思います。特定のワードで感激したり興奮したりするケースはあります。

そうでなくても、私は付き合っている女性と電話をするだけで、条件反射で身体が反応することがしばしばありました。

さらにいえば嗅覚。フェロモンという言葉があるように、人にはムラっとする香りが確かにあります。ひとそれぞれ好みがあると思いますが。

残るは味覚です。これはありでしょうか。確かに若い頃、おいしいと思われるオッパイに出会ったことはありました。
AV女優さんが『おいしい』と口にするシーンはあります。

結論として、"お花畑"に五感はすべて大切な要素になりうるということです」(Aさん)

五感より第六感

なんだか尊い話を聞いた気になります。
ところが、小高は「五感より大事なものがある」と言います。

小高「五感ねー。第六感というのもありますよね。第六感で『いやや』と思ったら、もう"ない"」

これに対しつボイは、「どんないいプレゼントをしても、うまいもの食わしても『いやや』。六感が働くともうあかん」と、ぼやきます。

100円入れるタイミング

Aさんのおたよりからつボイは聴覚の大事さを語り始めます。

つボイ「五感のうちの聴覚も、本当に大事ですね。着るものもないような女の人の映像も、時々音が出ない時があります」

小高「知らんけどね(笑)」

つボイ「声をふっと消すだけで全然…」

小高「つボイさん、ホテルの有料のやつ、ばーっとスクランブルかかっていて、声だけでも楽しめると言ってませんでした?」

つボイ「視覚か声かというと、ひょっとしたら声の方が楽しめるかもしれない」

つボイによれば、ホテルの有料チャンネルはすぐスクランブルかかり、100円で10分くらいしか観られないそうです。お金を入れなければ声だけしか聞こえず、映像が見たい場合は100円を入れる必要があります。

つボイ「でも、すぐ入れるのは素人。スクランブルになって、100円入れてこれでまた10分見れると思ったら、『キミが今度うちに来たお手伝いさんか。歳はいくつかね?』」

つボイの小芝居にすぐ小高が反応します。

小高「はい、23になります」
つボイ「国はどこだね…そんな話10分間、いらんだろ。
だからすぐ入れたらあかん。そんなんやり過ごして、『あ、やめてください』。
ここやと100円バーンと入れたら、『じゃ、食事の支度でもしてもらおうか』。
せっかく入れたのに。そういう時に入れたらいかん!
100円入れる時は聴覚が大事という話です」    

ここまで妄想していきながら「"体験"を読むのがこのコーナー。分析はいらん!」と軌道修正に入るつボイ。

なぜ泣くの?

次の女性からのおたよりは、まさに"体験"です。

「私の場合、初めての体験だけど、『いやだめだめ』と続き、マックスはこどもみたいに泣き出した。その後、頭が真っ白で意識をなくすの。『泣くまでやろうか』と相手が言いますが、まさにそれです」(Bさん)

つボイ「短い文章やけど、実体験にもとづいているけど、もう少し現象にいたるまで(を詳しく説明して)、…『なんで泣かないかんのか』いうことです。

悲しい時に泣くのではないの。顔の表情見てもええのか、悪いのかという表情しません? どっちやという話があります」

小高「私に聞かないで!」

「お花畑」の体験も分析も、結局どちらのおたよりも歓迎のようです。
(みず)
 
つボイノリオの聞けば聞くほど
この記事をで聴く

2019年10月31日10時06分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報