完全なる表現の自由?有名人がアレもコレもしちゃう「夢の話」

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

誰もが夢を見ます。その内容は完全に個人の自由で、家族からも他人からも、何物からも縛られることはありません。
それゆえに、驚くようなエピソードが展開されることもあります。

8月13日の『つボイノリオの聞けば聞くほど』「夢のコーナー」では、リスナーから寄せられた夢のストーリーを小高直子アナと塩見啓一アナが紹介しました。

妻夫木聡との恋

芸能人が夢に登場するケースは多いようです。

「いい夢を見ました。私と妻夫木聡は、若い時お互い好きだったのに、本心が言えないまま、それぞれ結婚。ある日、日本橋のような古い橋の上で再会しました」(Aさん)

目と目が合った瞬間、二人は何も言わず抱き合いました。シーンはそのまま妻夫木さんの家の中へ。
「どうして早く言ってくれなかったの?」と涙ながらに言うAさん。妻夫木さんが昔、告白していれば二人は結婚していたのに…。

「私はパート先での忘年会に行かなければならず、妻夫木君の頬にキスをして別れようとしたら、『僕の作ったあれ飲んで』と言って、あさりの味噌汁を出してきました。
私は一口飲んで『これは合わせ味噌ね。おいしい』と言いながら、お椀を持ったまま、しぶしぶ別れ、涙を流しながら忘年会に向かいました」(Aさん)

「なんやコレ…」とぼやく塩見アナ。
 

吉田羊は女王様?

「このコーナーでは斎藤工さんがよく出てきますが、私の場合、吉田羊さんが出てきました」(Bさん)

男性のBさんからのおたよりはこう続きます。

「でもエッチは一度もなく、彼女が振る舞う"スズメバチのかき揚げ丼"や"カミツキガメのカレー"に、"キングコブラのひつまぶし"を食べ、お酒をたらふく飲まされるという、色気も何もなく、食い気ばかりの夢でした」(Bさん)

塩見「これは何かわかります。TBSの安住アナウンサーがよくロケやってます」

TBSテレビ『ぴったんこカン・カン』の中に「吉田羊の酒場放浪記」というコーナーがあります。もちろん『吉田類の酒場放浪記』(BS-TBS)のパロディ。

塩見「安住君がそれほど飲みたくないなと思っても、ガーッと注がれたり、吉田羊さんが焼酎持って来て、『これ空けるまで帰らない』ってやるわけですよね。たらふく飲まされるというのは、そういうのを見たイメージではないか」

「それはいいんですけど、お品書きが…」と小高が注目したのは食べ物。
現在までに、このコーナーで解明されていることがあります。
現実の世界で体験できていないものは、夢の中ではハッキリと体感できないということ。

ボカシがかかったり、その直前で夢が覚めてしまったりします。

小高「味とか食感とか、そこまでちゃんとこの夢で体感したんでしょうかね?」

塩見「この方の感じからするとイジメられたいってのがある。吉田羊さんってビシビシって感じがするじゃないですか?ちょっとSな女王様な感じで、『これ、食え』ってやられるんだけど、そこに興奮しているんでしょう」
 

米倉涼子の太もも

続いても男性からのおたより。

「なぜか立体的な迷路のような大きな家の中を移動していました。夜になって、部屋の一つで寝ました。夜中に自分の太ももに重さを感じて、見てみると米倉涼子さんが隣に寝ていて、その米倉涼子さんの足が僕の太ももの上に乗っているのです。

でも、それは全然エロくなくて、単に綺麗だな。お人形さんみたいだなと思ったら目が覚めてしまいました。もったいない夢でした」(Cさん)

小高「夢のコーナーで、不思議だなあとよく言っているのは、自分の好きな女優さんとか歌手が出てくるパターンもあれば、普段意識してないのに、なんでその人出てくるの?っていう時もあるんですよ」

パーソナリティとして毎度夢物語に接している小高アナのコメントは専門家のよう。

塩見「あの人はバレエをしてたんですよね。綺麗な脚を、本当はもっと味わいたかったのに、それをただ綺麗なだけで終わらせてしまった、という不完全燃焼な感じがありますね」
 

山根会長の恫喝される

小高アナの指摘が当たっているのか、おそらく「普段意識してない」有名人が登場するケースです。

「私はチューブのワサビに入っている防腐剤役のニンニクにも気づいてしまうほど、ニンニクに敏感、かつ苦手です。昨夜、ボクシングの山根会長が出てきました」(Dさん)

あの奈良判定の山根明会長です。昨年、アマチュアボクシングの謎の判定、謎の人物として話題になりました。夢のコーナーは、さらっと意外な有名人が出てきます。Dさんの夢はこう続きます。

「『なんでニンニクぐらい食べられんのや?おかしいやろ!』と恫喝される夢を見ました。怖かったです」(Dさん)

塩見「これは怖いわ。なんとも言えず怖い感じがしますね」
小高「チューブのワサビに防腐効果でニンニクが使われてるのが気になる」
 

天海祐希が家にいた

「今朝の夢は天海祐希が出演しました。家にいると天海祐希がなぜか僕の家にいてテレビを見ていたんです。僕は、天海祐希だと思いながら自然体にしていると、天海祐希が突然『このコタツの脚ってグラグラしてないか?』って僕に向かってではなく、テレビ向かって言い出しました」(Eさん)

Eさんはネジを探しに部屋を出ます。なぜか聞こえてきた高田寛之アナウンサーの野球中継を聞きながらネジを探すEさんですが、見つからず、諦めて部屋に帰ると…。

「そこには天海祐希ではなく嫁さんがいて、『どこまでネジを探しに行っとったの?ここにあるじゃん』とネジを僕に渡して、部屋を出て行きやがりました。天海祐希はどこに行ったんやろう?と思いながら、コタツの修理をしようとしたところで目が覚めました」(Eさん)

Eさんはその後の心境をこう綴っています。

「僕は天海祐希のファンとまでは言えない男ですが、久しぶりに綺麗な人が夢の中に出てきてくれて嬉しかったです。
しかし最後、嫁さんが天海祐希の代わりに出てきたのは複雑な気持ちになりました。こんなんだったら探しに行かなければよかった」(Eさん)

探しに行ったばかりに天海祐希がいなくなってしまっていたEさんでした。夢の中では一瞬で人が変わる時があります。

塩見「さっきまでは上等なご馳走を食べていたのが、いきなりこれ?みたいなガッカリ感です」
小高「これって何よ。嫁さん出てきて喜ばなきゃ」

どんな人が登場しようと、夢は何物からも自由です。 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月13日10時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×