鼻毛のケア、どうしたらいい?

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

7月9日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』の「10時のつボ」は「毛の話」でした。

先日このコーナーでは鼻毛カッターの話題が出ました。毛はたくさんあっても疎まれ、少なくても困り、ほどよくある状態を保つのにみな苦心しているようです。

特に顔の真ん中にある鼻毛は関心の的です。つボイと小高直子アナウンサーが、鼻毛を新しい観点から語ります。

鼻毛の変化

まずは、Aさんからのおたよりです。

「鼻毛の話をさせてください。
私の鼻の中にある変化が現れてきました。鼻毛の高齢化、つまり鼻毛の白髪化でございます。

奴らは生え始めてきたかと思ったらみるみるうちに増殖して、在来種である黒鼻毛をおびやかしています。
そして白髪は鼻の穴という暗い場所に生息しているため、外から見てもよく目立つ。
今まで以上に手入れを怠れません。

毛抜きでまとめて抜きたいところですが、痛そうなのと、衛生上よくないので、鼻毛カッターでこまめにカットしております」(Aさん)

人生を感じます。
 

オシャレ鼻毛

これを聞いた小高があることを思いつきます。

「“白髪鼻毛染め”とかあればいいのにね」

“白髪染め”の鼻毛専用バージョンの“白髪鼻毛染め”。

つボイ「あれは結構強い薬ですから」

小高「鼻でも大丈夫な専用の鼻毛を染めるもの、ついでにいい香りがするもの」

だんだん楽しくなってしまう二人。

つボイ「そのうち鼻毛のオシャレ染め?」
小高「ピンクがいいとか」

つボイ「そうすると伸ばし出しますよ。目立ちたいから。せっかくピンクで染めてもわからへんもん」

小高「せっかく伸ばしたら編むよ」
つボイ「それか鼻毛パーマ。鼻パー」
小高「いろいろ可能性が広がりますね」

つボイは「今までのパーマ液じゃいかん。今後、染もパーマ液も開発が必要です」と主張します。

なるほど。いや、二人の悪ノリにのってしまいました。
染めるより、切る、抜く、のがよさそうです。
 

もさもさでキス

自分の鼻毛も気になりますが、他人の鼻毛も注目しがちです。

「直属ではないですが、鼻毛もっさもっさの上司がいて、奥様は気にならないのかなと隣の子と話しています」(Bさん)

つボイ「仕事、してますか?」

「だってこの方は、毎朝、奥様と玄関先で“行ってきますのキス”をすることで有名な人です。
鼻毛がもさもさ出ていても、キスくらいはできるでしょうけども、同じ女性としてなんかもやもやします。
小高さんは鼻毛がもさもさ出ている旦那様でも平気でしょうか」(Bさん)

小高「どのくらいまで“もさ”なんでしょうね。口までは行ってないってことね」

つボイ「鼻毛はそんなに伸びないでしょう。もし伸びるなら、人間ですからなんでもオシャレしますよ」

やっぱり最初の話題に戻ってしまいました。

「いまネイルサロンとかいろいろ細かいところのオシャレがある。鼻毛サロン、絶対出てくると思うわ。鼻毛専用にいろいろオシャレをするところ。
ネイルサロンみたいなオシャレな名前が欲しくないですか?鼻毛サロンではだれも行かない」

そこで小高は考えます。

「ノーズヘアサロン…そのままや」

「直訳ですね。そこを何とかもうちょっと考えて」と、つボイは注文をつけ、リスナーの反応を期待します。
「今もう、中村区で3人くらい考えてる」

果たして、鼻毛サロンのネーミングのおたよりは届くのでしょうか。
 

鼻毛サロンのオシャレ名

結果、鼻毛サロンの新しい名前はたくさん届き、番組最後で紹介されました。名前候補とつボイの感想です。

「サロン・ノーズヘアー」…サロンを前に持ってくるところがオシャレっぽい。
「ビューティー・フラワー・ヘアー」…花毛。そっちのハナ。
「サロン・ドゥ・ポワル・ドゥ・ネ」(Poils du nez:フランス語で鼻毛)…鼻毛もフランス語でいうと、オシャレやね。でも、長くなるのはいやや。

結局、つボイがピンとくるものはなかったようで、どうやら鼻毛サロンは見送りとなりそうです。
(みず)
 
この記事をradikoで聴く

2019年07月09日10時01分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×