話題の4WD不倫をまとめたら「強い、ドケチ、10分」

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

6月4日は「虫の日」ということで、この日の『つボイノリオの聞けば聞くほど』では、不定期の「虫のコーナー」を放送するのでは?という予測が届きましたが、意外にも「男と女のコーナー」でした。

いま話題の俳優・原田龍二さんの不倫について、あまりにも多くのおたよりが届いたからです。
生身の男女の話をつボイノリオと小高直子アナウンサーが語ります。

『強いです』

つボイは「今日は『虫の日』でもあるので、悪い虫が心の中にわいてという話です。
『助三郎はすけべえ』だった」とつボイはおたよりを読み始めました。

「週刊文春で複数の女性ファンとの不倫が報道された俳優、原田龍二さん(48歳)が、31日に東京都内で謝罪会見を行った。
愛車の4WDで情事におよんだ不倫について、ファン2人と肉体関係を持ったことを認めました。
妻からは『原田、アウト!』とブレイクにつながった出演番組の台詞で叱られたと明かしました。
記者たちの『性欲が強いのですか』の質問に、『強いです』と原田さん」(Aさん)

つボイはこれを、柔道でよく使われる「柔よく剛を制す」をもじって「性欲、我を制す」と表現しました。
 

“ドケチ不倫”

マイカーでコトをすませ、お金をかけないことも注目されました。

「一部で“ドケチ不倫”とまで報じられていました。財布もスケジュールも妻に管理されていたということで、後輩にご馳走することもできません。違う場所に走ってしまったということであります。

以前に聞いた芸能人の妻は、毎日財布をチェックして、10万円の現金を常に補充するという。後輩にご馳走もできないのは女房の恥ということで、こんな女房がいいなと思います」(Bさん)

「4WD不倫、いくら潔く認めてもやっていることは最低。女を囲うならそれ相当の金を使わなあかんと思います」(Cさん)

小高は「どんだけお金注ぎ込んでも、何の見返りもない人にとってはどうですか」と、つボイに話を振ります。

つボイは、「この間びっくりした」という話を披露します。
地下鉄でこのワイドショーをイヤフォンで聞いていて、「ドケチ不倫や。金どんだけ使ってもひとつもええことあらへんのに、使わずにこんなええことして」と言ってたら、とんとんと背中叩かれた。

「ふっと見たらうちのかみさんです。偶然一緒の地下鉄だった。びっくりしたわ!」。

これは天罰ですね。
「人のふりん見て、我がふり直せ」です。
 

“エロ短い”

いろいろツッコミどころの多い話題で、10分という短さも注目されました。

「原田さんはマイカーの中で情事に及んだ時間は約10分ということで。“エロ短い”ですね」(Dさん)

つボイは「原田さんは計算してやっているんです。これが2時間、3時間ならバレる。10分やったら渋滞かもしれない。ホントは長くて…
なんでこんなに庇わないかん!」と、我に返ります。

つボイは「今度は『水戸黄門』のテーマ曲をかけながらやりたいと思います」とコーナーを締めました。
 

『私は弱いです』

番組最後には前言通り『水戸黄門』のテーマ曲の流れる中、おたよりが読まれました。

「いま歯医者さんで歯の掃除をしてもらいました。とても混んでいたので、先生もバタバタしていて常連の私の扱いはいつもより雑でした。でもしっかりきれいにしてくれました。
原田龍二さんのマイカー10分不倫と同じようなものでしょうか?」(Eさん)

小高「それちょっと違う(笑)」

「私は原田さんの『強いです』を受けて、私も力強く宣言したいと思います。
『私は弱いです!』」(Fさん)

「芸能人の奥さんが毎日10万円を財布に入れてくれる話がありました。うちの奥さんも毎日財布に千円入れておいてくれます。僕はタバコも吸わないし、弁当も作ってくれるので、帰りに缶酎ハイを買うお金があれば大丈夫です。いい奥さんです。
でもね、ホント言うとね、もうちょっと欲しいと思います」(Gさん)

今回の不倫について、たくさん本音のメッセージが寄せられました。
(みず)
 
この記事をradikoで聴く

2019年06月04日10時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×