『聞けば』的新元号候補は「金」「玉」「万」「光」!?

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

4月1日に公表されることが決定した「新元号」。

『つボイノリオの聞けば聞くほど』にも、この話題に興味津々のリスナーからたくさんのおたよりが寄せられています。

3月5日の放送では、つボイノリオを有識者懇談会のメンバーに推薦するおたよりから、つボイと小高直子が大暴走!

とんでもない新元号候補が誕生してしまいました。

今回は女性2人

「政府は、新元号の原案に対する意見を聞く有識者懇談会のメンバーとして、ノーベル生理学・医学賞を受賞の山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長・教授)を起用する方向で検討に入りました。

前回1人だった女性からは、直木賞作家の林真理子さんと宮崎緑さん(千葉商科大学教授)の2人を選ぶ見通しだそうであります。

各界から幅広く人選いたしまして、法曹界では寺田逸郎さん(前最高裁長官)、経済界からは榊原定征さん(前経団連会長)が入ります」(Aさん)

ここでつボイノリオが「実はね、この方は地元の方ですよ」と、榊原さんについてのプチ情報を披露します。

「美浜の半田高校です。名大出て、東レの会社に入って。今も東レの相談役をしておられるというすごい方ですよね。原発再開を望んでおられます」
 

オファー届かず

「林真理子さんが入っているのには驚きました。とある週刊誌に林さんのエッセイが出ていますが、ユニークな話が多く、色んな視点での意見・感想に目を見張っております」(Bさん)

記事にある「選ぶ見通し」という文言に、「本人のところに、『候補に入れていいですかー』いうところぐらいまでは連絡はいっているんですかね?」と心配する小高。

小高「ここで初めて知るなんてことはないんですかね?」
つボイ「いってるんじゃないですかね」

つボイが、すでに本人に連絡はいっているはずだというのには理由がありました。
それは、続くリスナーからのおたよりで明らかになります。

「つボイさんもそのメンバーの中に入ってるんでしょうね」(Cさん・Dさん)

「とね。さっきの話からすると、多分林真理子さんのところには、いってますけど。ウチまだ来てないんですが」と、つボイ。

自分にオファーが来ていないため、恐らく名前があがっている他の候補者のところへは、すでに連絡がいっているだろうというのです。
 

金玉元年?

「私なんかは、政府の方でも『あいつやめとこか』ということに今、決まりつつあるんじゃないですかね」と、続けるつボイ。

「なんやら、いやらしい漢字ばっかり選んでくるんとちゃうやろか!」と政府から思われているだろうというのです。

つボイ「『華々しく豊かな、あの永遠の輝き。“金”というのを絶対入れてくるよ』や」
小高「金っていうとめでたい感じもしますからね。玉(ぎょく)とかね!めでたいもんね」

つボイ提案の「金」に、「玉」で応える小高。

つボイ「それでいこか(笑)それで決めてよろしいですか」
小高「2文字でちゃった、候補が」

『聞けば』的、新元号候補「金玉(こんぎょく)」が今ここに誕生しました。

つボイ「金玉元年?」
小高「なんかすごい!光輝いてるじゃないですか」

つボイ「我々はいいなと思うけど、一般の人は『いらんわ!』」
小高「絶対いらない、絶対いらない(笑)」
 

万金元年?

「万という、“よろず”という字もよろしいじゃないですか」

新たに「万」の字を挙げるつボイ。
しかし、小高も負けてはいません。

「よろずですか?じゃあやっぱ“光”とか付けときましょか」

つボイ渾身の「万」に、まさかの「光」で応える小高。

「ヒヒヒヒー」

つボイ、笑いすぎて声が出ません。

「あんた女子アナか!ウソやろ、本当は!」と、ようやく言葉を絞りだしました。

「絶対私たちには声はかからないから大丈夫!何言ってても平気、被らないもん!」

逆・自信満々の小高。

「ええ字ですもんね、金と光輝くとか。よろず。万金(まんきん)元年どうですかね」と、ノリノリなつボイ。

「金玉」「万光」「万金」。

果たしてこの中に正解は存在するのでしょうか。
 

禄久(69)元年?

「4月1日、発表の日でありますが。懇談会の結果を安倍首相が受けて、衆参両院の正副議長からの意見聴取を経て、全閣僚会議で協議し、閣議で新元号を決める」(Eさん)

「この番組でも、新元号の予想で盛り上がるんではないでしょうか」(Fさん)

つボイ「小高さんなんかもう、ええとこ全部取りましたよ」
小高「これ以上送ってこんでもいいからね」

「“安”という字、これが入るような気がしますね」(Gさん)

「元禄時代という華やかな時代がありましたね。元禄の“禄”は、福禄寿の“禄”。“久”しいという字もいいじゃないですか。禄久(ろくく)元年。数字でも表せますよ」(Hさん)

つボイの大好きな数字「69」を新元号に推す声が!

つボイ「ええ漢字ばっかりや!」
小高「戻したと思ったのに!」

まじめな流れに戻ったと安心していた小高でしたが、そうは問屋が卸しません。

いずれにせよ、新元号への関心の高さはかなりのもの。

しかしこの番組から生まれた新元号候補は、いずれも有識者会議で取り上げられることはなさそうです。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年03月05日09時26分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×