『ふともも写真の世界展 開運編』で、つボイノリオが予想外だったこと

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

1月31日放送の『つボイイノリオの聞けば聞くほど』では、TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYA(名古屋市中区)で2月3日(日)まで開催されている『ふともも写真の世界展 開運編』が話題になりました。これまでにおよそ4万人以上を動員しています。

早速つボイノリオが見にいったところ、よくも悪くも思っていたものと違っていたそうです。小高直子アナウンサーがそれに迫ります。

何に惹かれて?

小高は「私がおすすめした本とか、あ、そうーでもちょっと時間がないからな、最近忙しいんや、とか言って行かないことが多いのに、そんなすっと行ってきたん?」と少し不満そうです。

つボイ「これは中区新栄で、CBCから歩いてでもすっと行けるところです。私、自転車やからもっと早い」と、どこか言い訳めいた返事。

小高は「『ふともも写真の世界展』って、何に惹かれて行った?」と切り込みます。

「写真展の『展』にひかれました。『展』はいい字やな。気づいたら『ふともも』やってるんか!」とはぐらかすつボイ。

エロに関しては殊のほかフットワークが軽いつボイです。
 

全部ふともも

写真展の内容はどうだったのでしょうか。

つボイ「ギャラリー全部がふともも写真。これでもかとぶわっと貼ってあります。
しかも、ありがたいことに、入りますと、これプレゼントですといって、ふともも絵葉書を一枚もらえます。
うちに帰ってもこれ見れるなと思って、まず喜びました。
そしたら壁に書いてありました。『写真撮影OK』だそうです。プラスSNSで流してもOK」

小高「インスタにふとももを送れる」
つボイ「『ふとももの作品』を送れる、です」

小高「本当に全部ふともも?」
つボイ「いつわりはなかったですね」

小高「フラミンゴのふともも、とかでなくて」

つボイ「フラミンゴのどこが太い?かえって見たいわ。
ふとももとは部位のことでしょう。膝から骨盤までの間をふとももと言います。だから太いかどうかでなくて、膝から上がずっとふとももです。
でも、フラミンゴは一枚もなかったです」

小高は「へー」と気のない返事です。
 

よくも悪くも予想外

つボイ「東京でやったときも話題になりました。と、同時にこれあかんのと違うかと。ちょっと非難もありました。行きましたら、よくも悪くも印象が違っていました。

よくはきれいな写真ばかりでした。悪い意味では、エロくない!」

小高は思わず笑ってしまいます。
どうやら、つボイは当てが外れたようです。

つボイ「ふとももばかり撮って悪趣味で、ゲスな感じではなかった。
でも、エロくない。
これをエロいと言った人はよほどエロい人やろうね」

小高も「確かに写真を見ると、しっかり女性のふとももですけど、エロくないですね」と同意。

「すっと伸びるふとももは、女性同士でみても、美しいなきれいだなという心はあると思いますよ」と納得します。
 

絶対領域様

「これは作者が謎みたいです。モデルさんも一切わからない。作品はどうだということに集中して欲しいという意味だろうと思います。

ニーソックスが多いです。ミニスカートとニーソックスの間は尊い領域だと思っています。絶対領域です。これを強調した作品もあったぞ、来てよかったぞ」と、つボイは気のせいか鼻息を荒くします。

「さまざまな美のシチュエーションがあり、自分の中で美術論がぐるぐる頭に回っている自分をしかりました。そんな小難しいことを考えずにもっと楽しめよ!」

いや、ずい分楽しんでいるようですが…。

小高「“開運編”とは、見たら運が開けるのでしょうか?」

つボイ「開けるでしょう。ただ久米の仙人は空を飛んでいるとき女性のふとももを見て神通力が切れてわーっと落っこちました」

小高「飛んでる人は見ないようにしましょう」

どんなふとももにもニーズがある

番組終盤、すでにこの写真展に行ったという報告もありました。

「先週の日曜日に行きました。エロくなかったですか。猫になめさせているの、ちょっとエロかったです」(Aさん)

つボイは「猫がエロかったですね。猫がペロッと、いい役やってるんですよ」と猫に嫉妬。

「そういえば、ふとももの内側のへこみが好きという男友だちがおりました。
私の毛細血管がよく見える太いふとももなら生で見せますよ。エロくないですから大丈夫です」(Bさん)

つボイは「この人は間違っています。どんなニーズでもありますから、血管フェチというか、世の中にはそういうフェチの人もおります」とBさんをフォローしているようですが、小高は「あまり褒めてもらっている気はしませんね」。

「絶対領域の話がありましたが、絶対空域というのがあります。ふとももとミニスカートの作り出す三角形の空間です。どっちが好きですか」(Cさん)

つボイは「これは私の永遠のテーマです」と締めました。

絶対領域vs絶対空域、永遠に考えていただきましょう。妄想がふくらんだ時間でした。
(みず)
 
この記事をradikoで聴く

2019年01月31日11時07分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×