ラブホの料金設定に不満、けど言えない!

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

1月28日放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』では「ラブホのコーナー」をお送りしました。
日本のラジオ番組でも、この手の話をレギュラーで話すコーナーは稀でしょう。

今回はラブホの料金についてのおたよりが紹介されましたが、これを受けてつボイノリオが小高直子アナウンサーとともに、意外と厳密なラブホの料金設定を話します。

ラブホ体験談を“ひとーつ、ふたつ”

最初は割引についてのおたより。ラブホもいろいろな料金サービスを取り入れているようです。

「このあいだ森林公園(愛知県尾張旭市)に行く途中にあるラブホ、昔旦那がお世話になったそうです」(Aさん)

ここでつボイが「こんなこと話し合うんですか、昔のこと」という疑問に思います。
小高「その流れから行くと『私じゃない』という話ですね」

つボイ「誰やったんやとか、どうなっとんやとか、あんまり話せへんですね」

小高は「一対一で、私もひとつ、あなたもひとつだとお互いにケンカにならずに済むかも」と提案します。

つボイ「ちょうど運動会の玉入れの最後に球を数えるように」
小高「ひとーつ、ふたーつ…」
つボイ「早くから白なくなって、赤ばっかりどんどんでてくるという」

二人の妄想はさておき、おたよりに戻りましょう。

「見たら『10%割引』という旗がひらめいていました。あれは利用するアベックが恥ずかしいんじゃないかな」(Aさん)

つボイ「金はないが気持ちはあせるわという時には、この割引はどんなに役に立つことか」
小高「魅惑の旗だわ」

現実的な二人はむしろ割引大歓迎のようです。
 

“愛欲4時間説”あれこれ①

次のおたよりは「“愛欲4時間説”の件ですが」で始まります。

この番組での遠距離恋愛のコーナーで言われるようになった“愛情4年説”。
これは恋愛感情は4年でなくなるという説です。

ここから生まれたのが“愛欲4時間説”。愛欲は4時間で消えていくというものです。ホントでしょうか?

「“愛欲4時間説”の件ですが、大阪難波のホテル街に4時間4,980円のホテルがあります。2時間でいい時は受付で伝えると少し割り引いてくれます。土日も同額なので助かります」(Bさん)

つボイは「この人は利用者として助かっています。景色だけで終わらないですよ」と、少しうらやましい様子。
 

“愛欲4時間説”あれこれ②

「愛欲4時間説が話題になっていますが、以前W不倫をしていた人妻さんとラブホに行った時ですが、お互いに時間がなく、ぱっぱっと“濃いこと”をいたしまして、1時間くらいで会計しようとしましたら、ショートタイム設定の金額が、時間が短すぎて使えないとのことです。
それならもう少し濃い時間を過ごせば満足度もいいし、財布にもやさしかったですね」(Cさん)

小高も「短か過ぎたらダメなの!?」と、びっくり。

つボイは「これはおかしいことじゃないですか!」と、義憤にかられた様子です。

「面と向かって裁判沙汰にするわけにもいかず。
ちょうど夜中に自転車でエロ本買いにいって、500円玉入れても、うんともすんとも言わない。“何かお困りのときはここに電話をください”に、かけるわけにもいかずというのによう似ていますね」

ここまで言ってハタと気が付きます。

「私が自転車に乗ってエロ本買いにいくのと、人妻との濃い時間とは格差あるな、うらやましいかぎりや」

やっぱりうらやましいようです。

2分前にチェックイン

最後はちょっと生々しい失敗談です。

「張り裂けんばかりの股間を押さえながらサービスタイムだと思い、ラブホに突入。
それが清算時にエアシューターで送られてきた請求書を見ると、サービス料金でなく、一桁違う通常料金。
そこで彼女の懐をあてにするも、千円札一枚しか持っておらず、フロントに連絡して免許証を預けて残金分を取りに戻ると約束。

その原因は私の時計が数分進んでいてサービスタイム2分前にチェックインしたことでした。バカでした」(Dさん)

つボイは「ここも厳密やな~。入って、お茶飲んだりして、服をぬいで始まったときはサービスタイムに突入してたやないか、開始時間と違うのか!
と、あまりそういったところで大声で食ってかかるわけにもいかず。向こうは強気やね。こういうところはクレームつかへんもんね」

確かに、ラブホの利用はちょっとした後ろめたさがありますね。でも、皆さんよく活用されているようで、参考になったでしょうか。

つボイ「今日はラブホ代の金銭問題についてお話いたしました。続きはまた、後日としてさせていただきます」と締めました。
(みず)
 
この記事をradikoで聴く

2019年01月28日10時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×