「そだねー」「大坂なおみ」「サバ」…2018年を表す言葉あれこれ

つボイノリオの聞けば聞くほど / ニュース

もう2018年もいよいよ終盤。この時期のテレビや新聞、雑誌などでは、今年の流行語やヒット商品番付など、何かと振り返る話題が増えてきます。

12月7日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』では、つボイノリオと小高直子CBCアナウンサーがおたよりを元に、この番組ならではの流行語を紹介しました。

2018年に流行った食べ物は?

数年前からその年を代表する食べ物として『今年の一皿』がぐるなび総研が選出しているのはご存知でしょうか。
2016年は「パクチー料理」、2017年は「鶏むね肉料理」と、その年に流行ったものが選ばれていますが、今年はサバ缶ブームが起きたことなどから「サバ」が選ばれました。

「いろいろ候補があったらしいですよ。高級食パンやしびれ料理など」(Aさん)

"しびれ料理"?何やら怪しい雰囲気のネーミングですが……。

小高「"麻活(マーカツ)"っていう言葉が流行ったんですよね。麻婆豆腐の "マー"で、辛いものを食べようという」

つボイ「担々麺も。四川系ですよね」

小高「しかも今回のは唐辛子ではなくて、中国山椒、花椒(ホアジャオ)の辛さなんですよね」
 

2018年のヒット番付は?

続いて、SMBCコンサルティングが発表した、2018年に注目を集めたできごとや人物に関する『ヒット番付』では、東の横綱に本庶佑・京都大学特別教授受賞の『ノーベル医学生理学賞』、西の横綱に女子テニスの大坂なおみ選手と米大リーグの大谷翔平選手が選ばれました。

特に各方面で世界に向けた人物の活躍が目立ったようです。

その他には、コンピューターゲームによる競技の「eスポーツ」や「働き方改革」など、今年ならではといった流行やできごとも含まれていました。

「今年のヒット商品ですが、この番組的には『金太マルシェ』が良いのではないでしょうか」(Bさん)

『金太マルシェ』とは、今年の8月26日に開かれた番組イベントで、さまざまなお店が出店しました。
このイベントは7月に台風で中止した『CBCラジオ夏まつり』の代わりに開催されたものでしたが、今年は台風が多かった年でした。

来年は台風が少ない年であって欲しいものですね。
 

2018年の流行語は?

そして、今年を総括するもので最も注目されるのが、流行語大賞。

『「現代用語の基礎知識」選 2018ユーキャン新語・流行語大賞』で年間大賞となったのは、日本カーリング女子チームで話題となった「そだねー」でした。

その他には、行方不明だった子供を救出した「スーパーボランティア」や、2018FIFAサッカーワールドカップでの大迫勇也選手を讃えた「(大迫)半端ないって」などが選ばれています。

そして、『聞けば聞くほど』の番組内やリスナーの間での流行語も番組に届いています。

「今年は『つボイノリオ記念日』がヒットではないでしょうか」(Cさん)

今年の6月9日にリスナーさんの協力の元で制定された記念日です。
日付の根拠については、日本記念日協会のサイトに書いている通り、「つボイノリオ氏とリスナーが大切にしているというラッキーナンバーの69」から来ています。それ以上の由来はありません。

「やはりこの番組では、『何しに来たん?』」(Dさん)

これは、『Dr.コトー診療所』などでおなじみの漫画家、山田貴敏先生がゲストに来られる際、小高アナから毎回かけられる言葉です。

つボイ「毎年来とるやん」

今年に限らない、この番組の定番フレーズとなっています。

このような話題が出てくると、今年ももうすぐ終わりということを実感させられますね。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2018年12月07日09時42分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×