鼻毛、白髪…ベストの処理は抜く?切る?それとも残す?

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

「ムダ毛」と言うと、伸びるに任せていると恥ずかしい思いをするものですが、人によっては必要だったり、シチュエーションによって一時的に不要になったりと様々です。

11月19日『つボイノリオの聞けば聞くほど』「つんつるりんのコーナー」では、毛にまつわるおたよりをつボイノリオと小高直子アナウンサーが紹介しました。

つんつるりんのゆるキャラ

「"こにゅうどうくん"もつんつるりんの頭してます」と口にする小高直子アナ。

ゆるキャラグランプリで市職員による組織票が話題になってしまった、あの四日市市のゆるキャラです。
あのだらしなく出た舌に目が行ってしまいますが、頭部は剃っているのか青々としています。

つボイ「あれはね、こにゅうどうくんの毛髪の毛根と舌が連動してんです。舌をぐ~っと引っ張ると毛がぐ~っと縮まっちゃったもんですから、舌だけベロベロベロしてる。そういう構造です」
小高「そういう構造とは初めて聞きましたけどね」
 

鼻毛は抜かずにカット

「僕は他は大丈夫なんですが鼻毛の白髪が増えてきてちょっと困っております。染めるわけにもいかないし、抜くのも良くないので、まめにカットしておりますが、みんなそうなんでしょうか?」(Aさん)

つボイ「とりあえずカットしやすいところはカットしたらいいんですよ」
小高「黒かろうが白かろうが鼻毛はカットしといたらいいんじゃなかろうか」

つボイ「抜くと良くないというのは、前にもこの番組で言いました。脳みそに近いので、抜いた傷跡に雑菌が入ると万が一…ということもあるらしいです。最悪、脳に影響を及ぼしますよと言う人もいますもんね」

このように注意を促すつボイに対し、小高がさらにフォローします。

小高「毛細血管がありますから傷つけるとあまり良くないと言われます」
 

白髪になる順番は?

「体毛の中で眉毛の白髪が一番遅く生えるみたいですが、最近鼻毛に白髪が目立ちますが、今やムダ毛もあそこも白髪だらけです」(Bさん)

また白い鼻毛問題です。

小高「順番はどっからくるんでしょうね?」
つボイ「この人は眉毛が一番遅いと言ってますね」
小高「紅葉は日の当たりやすいところから」
つボイ「温度もありますから。てっぺんの方から紅葉は始まりますよね」
小高「やっぱり上から下にかな?」

となると、Bさんの書いた眉毛の白髪が遅くなる理由に説明がつきません。
また陽の差し込まない鼻の穴はかなり遅くなるはずですが…
皆さんの経験ではいかがでしょう?
 

眉毛が長くなる理由

毛の問題は、白くなるばかりではありません。

「眉毛が長くなってきてうざいから全剃りするという話でしたが、長くなる眉毛は抜けることを忘れてるからだそうです。チコちゃんが言ってました」(Eさん)

チコちゃんとはNHKの『チコちゃんに叱られる』の着ぐるみキャラクターです。なんでも知ってますね。

同じような内容のおたよりが来ています。

「眉毛が伸びて仕方がないというのは、やはりそれも老化でありまして、本来の眉毛は一定の長さまで伸びたら止まり、やがて寿命が来て抜け落ちるサイクルがあるらしいです」(Fさん)
 

チコちゃんのは見るべきか?

突然「話は変わりますけども」と話し出すつボイ。

「地下鉄に乗った時に、前の席でミニスカートの女の人が足を組んだりした時には、これは見てあげんと失礼かなと思って、私の習性として見てしまうんですけども」

ここまでは、平常運転のつボイですが…

「この間、岡村(隆史)とチコちゃんが縁側で座って喋ってる時に、チコちゃん、足組んだ時に、テレビの前でふーっと頭を下げて見てしまって、俺はどういう人間なんや?チコちゃんやないかと、思った自分が情けなかったです」

いきなり妙な告白です。チコちゃんに対して、女性として見てしまった習性を悔やんでいます。

そんなしんみりとしたつボイに「そういう時は目をそらして差し上げてください」と、丁寧に言い聞かせる小高でした。
 

気になることが夢に出る?

最後にまた毛の話題に戻ります。

「今朝の夢で、見知らぬ人に僕のノリオ君(番組内の隠語)の毛を全剃りされ、見事につんつるりんになって焦った僕。そんな夢を見ました。夢の中とはいえ、つんつるりんは納得していなかった自分がおりましたですよ」(Gさん)

つボイ「揃るか剃るまいか迷ってたんでしょう。だけど、夢の中で剃られたら、やっぱり剃らんほうがいいと思ったわけです」
小高「よっぽど気になってたんだね」 

夢であっても、剃毛は嫌なものだという話題でこのコーナーは締められました。
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年11月19日10時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×