片山さつきカレンダーに続け!「自民党スターカレンダー」

つボイノリオの聞けば聞くほど / ニュース

11月2日放送の放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』、音楽を起点にニュースや情報をお届けする「トーマスの箱」では、ニール・セダカの「カレンダー・ガール」が流れました。

楽しげでノリのよい楽曲に、中学生の頃を思い出し、懐かしがるつボイノリオ。

さて、今話題の「カレンダー・ガール」と言えば?
ご名答!案の定、この方の話題です。

カレンダー・ガール

「予算委員会、早速片山さつき大臣が攻撃されております。
文春で伝えられた疑惑は予想通り、『裁判が迫っているため説明できない』と。

そんな中、新たな疑惑が出ました。
立憲民主党の逢坂誠二議員が、片山大臣に『"片山さつきカレンダー"なるものを売ってましたね?』」…(Aさん)

「で、カレンダー・ガール」と言うつボイに、「ガール?」と容赦ない小高直子アナ。

Aさんのおたよりに戻ります。

「『しかしその売り上げが、収支報告書に書かれていないのでは?』という質問に、『パーティーでは無償で配りましたが、販売ではお恥ずかしいことながら1枚も売れておりません』。

僕はこの片山さつき大臣の答弁に、大いに納得できます」(Aさん)

今までは全部「ウソやろ!」「そんなこと言うな!」「ごまかすな!」だった、とつボイ。

今回は「片山『売れてません』Aさん『そうやろ!』とまぁ、言っとるわけです」と、代弁します。
 

「どじょう」より「うなぎ」

「野田元総理大臣が自ら泥臭い政治家だという意味で"どじょう"と言われていたのに対し、片山議員は『どじょうより、うなぎというコピーはどうでしょうか』と…」(Aさん)

2012年、片山大臣は当時の野田佳彦首相の「どじょう」に対抗する形で「うなぎ」のカレンダーを作りました。

1部240円。

片山大臣がうなぎを持って微笑む写真とともに、「うなぎ」が"あいうえお作文"で書かれています。

う…うそがない
な…なき事を言わない
ぎ…ぎりがたい

「『1枚も売れてない』と答える姿は、泣き声にも聞こえました」(Aさん)
 

自民党スターカレンダー

「片山さつき大臣のカレンダー問題、他のお騒がせ女性議員がカレンダーを作ったらどうなるんでしょうか?

聖徳太子のコスプレをする、ともちん(稲田朋美・自民党筆頭副幹事長)というのもどうでしょう」(Aさん)

十七条憲法の「和をもって貴(たっと)しとなす」を引用して「民主主義の基本は日本古来の伝統」と主張したことが話題に。

「電動ドリルを片手に日曜大工にいそしむ、小渕ゆうこりん(小渕優子議員)というのもどうでしょう」(Aさん)

小渕議員の政治資金問題の家宅捜索の前に、パソコンのハードディスクがドリルで破壊されるという事件もありました。

「そして一番見たいのは、日本の未来を生産している真っ最中の杉田水脈議員の姿」(Aさん)

「LGBTは生産性がない」と主張した、杉田議員への皮肉が込められています。

1月は誰、2月は誰というように、「自民党スターカレンダー」を作ればいいというつボイ。

"うちわのようなもの"を配って辞任した、松島みどり元法務大臣も仲間に入れたい様子。

「これは売れると思う!面白がって!」と、自信満々のつボイでした。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2018年11月02日10時12分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×