実例に学ぼう!「振り込め詐欺」ハガキ・メールの怪しいポイント

つボイノリオの聞けば聞くほど / ライフ・ヘルスケア

「オレオレ詐欺」に始まり、日々進化する巧妙な手口で被害者が続出中の「振り込め詐欺」。

10月11日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』では、リスナーからの体験談に交え、パーソナリティのつボイノリオ自身に届いた怪しげなメールを紹介しました。

それらの事例から「これは怪しい」というポイントに気づいていただけるかもしれません。

『消費料金に関する訴訟最終告知』のハガキ

「世の中悪い奴もいますよー」とおたよりを読み始めるつボイノリオ。

「17日の放送で詐欺の話をされていましたが、実は"法務省"からのハガキが届きました。『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』ということで今日中に連絡しないと裁判になると書かれていて、びっくりして電話してしまいました。

弁護士を紹介しますと言われ、その弁護士さんから電話をいただき、裁判の取り下げの手続きをするので、今日中に手付として弁護士費用5万円振り込んでください、と言われました」(Aさん)

ハガキに驚き、確認のため電話をかけたAさん。様子がリアルに伝わります。

「この電話をしている途中に旦那が帰ってきました。ハガキを旦那がインターネットで調べて『同じ文言のものがインターネットにあるやないか、これ詐欺や!』とわかって、夫が電話を代わり、いろいろ聞いてる途中で向こうから電話を切ってきました」(Aさん)

文言の香ばしさ

つボイ「よくテレビ局が詐欺にかけるシーンがありますが、たいがい向こうから切りますね」

小高直子アナウンサーは「疑われてるとわかったら、もう時間の無駄、次に行こうとなるんじゃないですか?」と推測します。

つボイ「向こうは最初丁寧ですが、いろいろ聞くと、知らねーよそんなこと、と口調がおかしくなります。役人はそんな言葉を使いません。その前に電話をかけないのが第一ですが」

小高「途中で気づいてよかったですね」

すぐインターネットで調べた旦那さんは好判断ですね。架空請求詐欺のよくある手口のひとつのようです。

Aさんのおたよりは「なんとか難を逃れることができました。このことを放送で話していただけたらうれしいです」と結ばれていました。

つボイ「"総合消費料金"はなんでもあてはまりますね。まだ文言はいかにも法律にのっとっているようですが…」

このハガキのタイトル「総合消費料金」は、一見もっともらしいようで、実は通常の生活でほとんど見かけない文言でもあります。
文言のひとつひとつから怪しい臭いがしないか、これもチェックポイントのようです。

つボイにも届いた謎のメール

続いてつボイは、怪しい香ばしさを放つ別の事例を紹介します。
いわく「本当にどうしようもなく、ええ加減なメール」とのこと。

実はつボイのメールアドレスをはじめ、多くの人のところに届いたメールだそうです。

『こんにちは!おそらくあなたが推測したように…』

つボイ「確かに冒頭の部分としてはいいですね。文学的ですね」
小高「え、何のこと?とドキドキします」

『あなたのアカウントxxxxxxは、私があなたからそれをあなたに伝えたように、ハッキングされました』

つボイ「まわりくどい!」
小高「コンピューターで翻訳させたような文章ですね」

つボイと小高がダメ出しします。

自称"国際的なハッカー"へのダメ出し

続きを読み上げるつボイ。

『私は国際的なハッカーグループの一員です。
2018年7月23日から2018年9月17日まで、あなたが訪問した成人のウェブサイトを通じて、作成したウイルスに感染しました。
これまでのところ、あなたのメッセージ、ソーシャルメディアアカウント、メッセンジャーにアクセスできます。
さらに、これらのデータを完全に減滅させました』

つボイ「"減滅"がわからんです」

『私たちはあなたの小さな秘密を知っています...ええ、あなたはそれらを持っています。 私たちはあなたの行為を見て、ポルノのウェブサイトに記録しました。 あなたの味はとても変わっています』

つボイ「"味"…。国際的なハッカーがなんで私の味を知っとんのや!」

『しかし、重要なことは、時にはあなたのウェブカメラであなたを録画し、あなたが見たものと録画を同期させることです。
私はあなたの友人、親戚、あなたの親密な人にこのビデオを表示することに興味がないと思う』

「無視」という簡単な正解

このメールを要約するつボイ。

「要するに、パソコンのWebカメラで、あなたが変な画面を見てしこしこやっている姿が、ぜんぶ私たちに伝わっていますということを、わっかりにくい文章で書いてある。
だからそのビデオをみんなにばらされて困るならば…と、ぐちゃぐちゃ書いている」

まとめながら、つボイの言葉に怒りが交じってきたようです。

『料金が完了するとデータは消去されます』

つボイは「だから、早よお金振り込んでよ、というへったくそな文章は、みなさんだまされないと思います」と、怒りはマックス。
そこへ小高がひと言。

「その前に変なサイトに行ってなきゃだまされない、わたし行ったことないよ」。

「行くんだ、それが…」と声を落とすつボイでした。

こんなメールやハガキは無視しましょう。それが正解です。
(みず)
この記事をradikoで聴く

2018年10月11日10時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×