名古屋と大阪で裏番組同士がつながる?きっかけはradiko

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

7月20日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』では、裏番組を取り上げるという禁断の(!?)展開となりました。

きっかけは17日放送の際、『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(ABCラジオ)で、喜多ゆかりアナウンサーが地震のためにやむなくお子さんをスタジオに連れて来ましたが、それをスタッフも受け入れて、一緒に番組に出演したという話題を取りあげたことです。

関西のリスナーが報告

その翌日の18日、『ドッキリー』では逆に、『聞けば聞くほど』のことが話題にあがったそうです。

「ウチは理容店をやっておりまして、いつも大阪でありながら(放送エリアが異なる)『聞けば』を流しているのですが、朝10時前に珍しく若い女性のお客様がいらっしゃったので、(下ネタが流れるとまずいと思い)地元の番組にチャンネルを変えました。すると、その番組でもつボイさんの名前が出てきました。
浜松の方からのメールで、三代澤さんは『CBCラジオとつながれたら良いですね』とおっしゃってました。
最後に言っていましたが、三代澤さんはアナウンサーの試験でCBC、落ちたそうです」(Aさん)

今やradikoプレミアムにより、全国のラジオ局の放送が聴けるようになったため、両方聴いているというリスナーも普通になってきましたね。

関西のラジオ局と交流戦も?

さらに、千葉の方からもメールが届きました。

「今日は大阪でトラックを走らせながら仕事をしています。三代澤さんが番組で、つボイさんが話題を取り上げたことについて、『ありがとうございました』とおっしゃってました。
実は、三代澤さんは『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』(CBCテレビ)の石井亮次アナウンサーと先日、食事をしたらしいです。
石井アナは、三代澤さんを"尊敬するアナウンサーの1人"と話されていたそうです。今後はCBCと何かしら接点を持ちたいと言われていました。つボイさんとの共演を楽しみにしております」(Bさん)

つボイ「石井アナはABCをすべってCBCに来てるんです。三代澤さんはCBCをすべってABCに」

小高アナ「それなら私も、ABC落ちました(笑)」

つボイ「真逆の人生を歩んだということですね」

石井アナも小高アナも同じ関西の出身。CBCは関西人が採用されやすいというわけではありませんが、ABCとCBCでは、採用基準が全く違うのでしょうか。

同じ時間に関西でも下ネタ

こどもと一緒に番組に出演したという喜多アナウンサーについてのおたよりも届きました。

「喜多アナは、小高アナと同じぐらい笑いのセンスがある方で、番組の冒頭、『みなさん、娘の食べこぼしとアンダーヘアーは、どこにでもありますね』と言っていました」(Cさん)

つボイ「この番組とよう似てますね~。"何でおまえここにおるんや"シリーズをずっとやってますけど」

小高「アンダーヘアーと娘のごはん粒を一緒にしたらアカンアカン(笑)」

元々、「誰かとどこまで」というコーナーも、『永六輔の誰かとどこかで』(TBSラジオ)のオマージュであり、つボイと永さんの交流によりできたものであり、ラジオ番組をきっかけに、さまざまなつながりができていくのも、ラジオ番組の楽しみですね。

全く同じ時間帯に放送されている番組のため、スタジオでの共演は難しそうですが、今後の展開が楽しみです。
(岡本)
この記事をradikoで聴く

2018年07月20日10時51分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×