祝・ワールドカップ日本決勝進出!クラゲもタコも知っていた?

つボイノリオの聞けば聞くほど / ニュース

連日熱戦が繰り広げられている『FIFAワールドカップ2018』。
日本時間の6月28日深夜に行われたポーランド戦で日本は負けたものの、辛うじて決勝に駒を進めました。

同じ28日の朝、『つボイノリオの聞けば聞くほど』でも当然、ワールドカップの話題が取りあげられたのですが、それにちなんだ曲として流れたのが大塚愛さんの「クラゲ、流れ星」。
なぜこの曲が?と思いそうですが、何やら「クラゲ」に関係がありそうです。

クラゲの予想では日本の負け!

山形県鶴岡市の加茂水族館では、今回のワールドカップでクラゲを使った日本戦の結果を予想しています。

水槽に日本の国旗、相手国の国旗、両方の国旗が書かれた3つの容器を入れておき、最初の1匹がどれに入るかで日本の結果を占っています。

ポーランド戦の予想では、1匹のクラゲがポーランドの国旗が書かれた容器に吸い込まれるようにして入っていき、日本の「負け」を予想していました。

小高直子アナウンサーも「ダメじゃん!」と言っていましたが、実はこのクラゲ占い、コロンビア戦は「負け」、続くセネガル戦では「勝ち」の容器に入っており、ことごとく外れているのです。

つボイ「(占いの逆を考えると)だから、今回は勝てるなと」

小高「それだったら、そのクラゲで占うの止めたら(笑)」

つボイ「これは真逆ということも知りたいじゃないですか」

今回に限ってそのまま当たってしまいましたが、今後も違う意味で決勝戦の予想も期待できそうです。

タコの予想も日本が負け!

動物での試合予想は他でも行われており、北海道小平町にいるミズダコのラビオくんも、日本が負けると予想しました。こちらは過去2戦とも予想が的中しています。

2010年の南アフリカ大会では、ドイツのタコ、パウルくんがドイツ代表が出場したすべての試合と決勝戦の8試合をすべて的中したことで話題になりましたが、なぜかタコとワールドカップは相性が良いようです。

小高「ラビオくんは的中率が高くなかった?(日本戦の2試合を両方的中)」

つボイ「違います。ラビオくんは僕は今まで不安やったけども、クラゲくんが言うんだったら僕も負けの方へ入ろうと」

小高「(クラゲとラビオくんは)知り合いじゃない」

つボイ「今夜はこれ、期待できますよ」

こちらは3連勝、パウルくん同様に今後も当て続けるかもしれません。

今後の予想にも期待

ここで小高アナから、動物占いの根幹を覆すような発言が飛び出します。

小高「というか、メンバー構成とか今のチームの状況とかそんな話は(ラビオくんに)しないの?」

つボイ「ラビオくんに分かるわけないでしょう、そんなものは。すっと入っていくだけで」

小高「何を根拠に占ってるんですか、それ」

つボイ「あのね、そんなこと言ったら、動物占いの立場はどうなりますか、それ」

元も子もない小高アナの発言に苦笑したつボイ。

小高「ロシアの空気の動きが伝わってきて、海に……。わからない(笑)」

つボイ「僕らの英知で分かるようなこっちゃないですよ、占いは」

果たして決勝戦ではどんな予想がされるのか、今後も試合の前に注目を浴びそうです。
(岡本)
この記事をradikoで聴く

2018年06月28日09時11分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×