つボイノリオ、「新・御園座」初潜入であんなところものぞいちゃった!

つボイノリオの聞けば聞くほど / カルチャー

3/21放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』では、新しくなった御園座を特集しました。

まずはおたよりの紹介です。

「来月から待ちに待った御園座、開館いたしますね。外観のなまこ壁も素晴らしいデザインで、入り口付近は歩道までもが新・御園座と一体感となるように、象徴的な赤い色で”御園座レッド”となって」(Aさん)

「この人も観察詳しいね、私はもう言うことなくなりましたよ。今日はもうそういうお話をしようと思って」と、その新しくなった御園座に一足早く潜入してきたというつボイノリオ。

歌舞伎ソムリエ・おくだ健太郎さんをゲストに招いて、御園座トークを繰り広げました。

 待ち焦がれた御園座


度々歌舞伎を取り上げているこの番組。

「いよいよですね」というつボイの言葉に「いやーうれしいですよ、本当にもう。何とも言えないですね」と、感無量なおくださん。

つボイ「御園座が閉まっている間、おくださんよう頑張りましたね。名古屋から常設の歌舞伎が消えたわけですから」

おくだ「いつもレギュラーでやってる劇場がしばらく閉じましたからね」

つボイ「もちろん金山でもね、僕ら観に行きましたけども」

「大げさな言い方するとね、震災にあって熊本の人が熊本城がああいう風になるとなんか寂しいなっていうのと同じように、御園座がなくて、ちょっと名古屋寂しいなぁというそんな気持ちにもなりましたもん」と、しみじみ語るつボイ。

つボイ「その間、何度もいろんなことを試みながら」

小高「名古屋で歌舞伎が絶えないように」

「自分にできることをと思いましてね。もうとにかくちょくちょく故郷に帰ってきては、歌舞伎は面白いよと言う。自分がネガティブになっちゃったらもう、本当にそういう空気が蔓延していくなと思いましてね」と、御園座の復活を心待ちにしていたおくださんです。

女子トイレをじっくり


なんと、まだ御園座の中を見ていないというおくださん。

つボイの話を聞くのを楽しみにしていたんだそう。

つボイ「やっぱり中に入ると、赤・朱色」

小高「あの歌舞伎の鮮やかな赤」

おくだ「前の御園座もね、確かにシートの色は綺麗な赤でしたけれども。それを受け継いでいるわけですね」

つボイ「今回ね、下のじゅうたんから、壁から。その朱色がほんっとうに鮮やか。トイレの中もそうなんです」

伝統の朱色、「御園座レッド」を堪能したというつボイ。

「開館前ですので、これが私の特権やわ。女子トイレ、じっくり中に入って見た!」と自慢げです。

「こんな時しか入られへんもんー。内覧会ですから見てください」と、悪びれる様子はありません。

男性用も女性用もやはり赤。

「男性なんかちょっと便秘気味の人がウーっと顔が真っ赤になると、自分どこ行ったかわかれへんくらい赤かった」と、ふざけるつボイ。

六方一番乗り


花道では、名だたる役者さんたちよりも先に六方を踏み、見栄を切ってきたと証拠写真を見せて自慢します。

「すごいなぁ。その場に僕がいればね、生でイヤホンガイドしたんですけど」と、おくださんもノリノリ。

「そうですよ、『貧弱な男が出てまいりました。六方に力が入りませんねぇ、やっぱり歳でしょうかねぇ』とか言いながら」と、つボイ。

そんな大変に貴重な経験もさせてもらったとのこと。

2F9列13番


つボイによると、どこから見ても見やすい設計であるそう。

「忘れんとこと思って、これ撮ってきました」」と、つボイがカメラに収めてきたのは「2F9列13番」の座席。

猿之助歌舞伎の宙乗りで、2階席の一番後ろにすっと入る真下がこの席なんだそう。

一番傍で見たい人は、この席を選ぶべきだということです。
思わず「なるほど」と声が漏れるおくださん。

つボイ「後ろで席も安いですし、宙乗りではどの人よりも近くで見られる」

おくだ「つまり逆転するんですね、立場が。普段は上の席は一番舞台から遠いけれども。ひとたび宙乗りが始まると、役者さんが自分たちに近づいてくる一方ですからね」

つボイ「その一番の席がここですよ!皆さん」

ところがもう1か所消えていくところがある、とつボイ。

「どっち消えるかわからん。確率は2/1」だそうです。

楽屋も2世帯住宅


楽屋も見てきたというつボイ。

いわゆる大看板といわれる方の楽屋は、「楽屋ごとに風呂がある」んだそう。

「歌舞伎の場合なんかは特に、休憩時間挟んで何役も何役もなさいますからね。その度に一旦お化粧を落しますからね」とおくださん。

つボイが驚いたのは、楽屋同士がつながっていて中で行き来できるようになっているというところ。

「大概、歌舞伎は親子でやられますので、ガラっと開いて、通り抜けられる」とつボイ。

「楽屋も二世帯住宅」と言うおくださんのコメントは、まさに言い得て妙です。

緞帳Don't you know?


3枚あるうちの1枚だけですが、緞帳も見てきたというつボイ。

おくだ「なかなかポップな」

つボイ「名古屋城があって十二支がずーっと」

おくだ「虹がかかってね」

小高「かわいいですね」

つボイ「本当は全部見て、こんな緞帳、あんな緞帳と言いたい。緞帳知ってますか?Don't you know?」

小高「どんちゅーのー」

「いろいろと、建物については。ここだけです!おくださんに勝てているのは。後はもう、おくださん任せ」と語る、つボイの御園座初潜入レポでした。
(minto)
この記事をradikoで聴く

2018年03月21日09時02分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×