小堀勝啓の新栄トークジャンボリー

番組卒業のMILLEA、最後の投稿読みが止まった驚きの理由

3月28日放送の『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』では、5年間に渡って9時台のパートナーアーティストを務めたMILLEA(ミレア)がこの日をもって卒業となりました。

リスナーからは番組やイベントでの思い出など、多数のおたよりが寄せられ、MILLEA自身が感極まるかと思いきや、意外な理由でおたより読みを止めてしまいます。

[この番組の画像一覧を見る]

成人式でミレアの曲

MILLEAの卒業に対し、メッセージが紹介されます。

「以前、姪っ子が『ヒカリ』を地域の成人式でピアノの弾き語りをしたっていうメールをしましたよね。それがきっかけで翌年からの成人式の退場曲、毎年『ヒカリ』が流れるようになりました」(Aさん)

MILLEA「わ~すごい。嬉しい」
小堀「すごい後日談ですね」
MILLEA「感謝です。いつか成人式で歌いに行きたいですね」

「先週孫への高校合格おめでとうリアルタイムコールありがとうございました。radikoで聞いてとっても喜んでくれました」(Bさん)

おたよりを読んで「結果がわかったら教えて下さい」と言っていた矢先、番組中にお返事が。そんなこともありました。
 

キャリーケースのミレオ

MILLEAの卒業は寂しいがこれからも応援してます。ツイキャスライブもとても良かったです。早く生歌が聞けるようになると良いなあ」(Cさん)

コロナ禍の影響でステージで歌うことも難しく、また番組も今年はずっとオンライン出演でした。

MILLEA「この間のツイキャスは一番最後に『虹色のアーチ』を歌ったんですよ。来月もライブは予定してます」

「久しぶりにメールします。コロナ禍の中、MILLEAさんのいくつかの勇気ある決断は驚きの連続でした。新たなスタート、応援してます」(Dさん)

実はデビュー以来所属していた事務所から独立を決めたMILLEA

MILLEA「ありがとうございます。この方、『ミレオ』というキャリーケースの名付け親です」
小堀「キャリーケースのコロコロが取れたり大変なこともありました」
 

名古屋に来て変わったこと

「名古屋に毎週来るようになって、来る前に持っていたイメージに何か変わりはありましたか?新たな発見とかあったら教えてください」(Eさん)

MILLEA「来るようになって丸変わりですよね。というか、私が変わったんじゃないかなと思うんですけどね。すごい身近に感じすぎちゃってます」

東京在住のMILLEA。例えば「愛知出身です」とか「岐阜出身です」と言われると、友達のような気持ちになってしまうそうです。どの辺に住んでるんですか?と、そんな話になっていくんだとか。

MILLEA「自分の本当の地元と東京の自分の知ってるとこと、この東海エリアでは、東海エリアの方が知ってるんじゃないか?ぐらいになりましたよ」
 

仲の良い夫婦

「2年前のCBCラジオ夏まつりに妻と二人で行って、その場で買ったCDポーチにサインをもらいました。
その後メールで投稿したら、ちゃんと覚えててくれて。『奥さんがとっても可愛かったですよ』という言葉がめちゃくちゃ嬉しかったです」(Fさん)

MILLEA「すごく仲のいいご夫婦でね。旦那さんが奥さんのこと可愛がってる感じとか、すごく奥さんのことを大事にしてるんだなぁとか、やっぱり見るとわかりますよね。それが伝わってくる方でしたよ」

「お二人のやりとりがとても癒しの時間でした。ピントがずれたりずっこけたり。小堀さんの手のひらの上で転げ回ってる感じもたまりませんでした」(Gさん)

この投稿に爆笑してしまうMILLEA

小堀「そうかなあ」
MILLEA「相当転げまわってましたよ。時々、手のひらから落ちてたし」
 

TOTO仲間

「この番組で知ってファンになって、MILLEAに笑ってもらえるのが嬉しくて出しまくったものです」(Hさん)

MILLEA「面白いメールをたくさん送ってくれた方で、TOTO仲間なんです。TOTOの「アフリカ」。TOTOがすごい好きでいらっしゃって」

以前、番組でMILLEAが影響を受けた曲としてTOTOを挙げたことがきっかけで投稿を送ったHさん。

MILLEA「『アフリカ』が好きだって言ったら心が繋がったんです」

TOTOの「アフリカ」は1982年のヒット曲です。
MILLEA

ミレアらしい最後

そして「生歌は360度包まれて、掛け値なしにいいのです…」と、自分でおたよりを読んでいくMILLEAですが、なぜか途中で読むのをやめてしまいます。

MILLEA「掛け値なし?ええ?」

実はずっと「掛け値なし」を「垣根なし」だと思いこんでいたことが発覚します。

小堀「掛け値って言うのは、上乗せしたとかオマケした部分です」
MILLEA「こんな最後の最後に…」
小堀「大丈夫です。それ、MILLEAらしいです」

最後は涙ではなく、ほんわかしたMILLEAらしい雰囲気になりました。

MILLEA「この番組で、小堀さん、スタッフさんのおかげで、たくさんのリスナーさんに出会わせていただいて、応援してもらったことで、ここまでやってこれました。本当にありがとうございました。

ここでは会えなくなるんですけども、この地方にも通いたいと思ってますので、これからも応援よろしくお願いします」

6年に渡りお疲れさまでした。 
(尾関)
 
小堀勝啓の新栄トークジャンボリー
この記事をで聴く

2021年03月28日09時48分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報