SHISHAMO、台湾ライブで実感したことは?

小堀勝啓の新栄トークジャンボリー / エンタメ

宮崎朝子(Gt.Vo)さん、松岡彩(Ba.)さん、吉川美冴貴(Dr.)さんからなる3ピースバンド「SHISHAMO」が、6月23日放送の『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』に出演しました。

小堀「このところの活躍、凄いよね」
3人「いや、いや、いや、いや」
小堀「デッカイ所ばっかりやるし」
3人「いや、いや、いや、いや」

6回目の出演と言うだけあって、小堀勝啓とも和気あいあいと会話が進みます。

等々力でライブ

5月17日に等々力陸上競技場で行われたJリーグ、川崎フロンターレと名古屋グランパスの試合。
SHISHAMOはハーフタイムショーで演奏しました。一体、どんな様子だったのでしょう。

「試合自体もすごい楽しませていただきましたし、サポーターの中に紛れて応援もさせていただきました。演奏もすごく緊張したんですけど、サポーターの皆さんが一緒になって曲を盛り上げてくれたので、その分、背中を押されて緊張もほぐれて、やることが出来ました」
 

サッカー少女感激

サッカー少女だったという吉川さん。

吉川「Jリーグのハーフタイムショーで、しかも等々力でライブをできるって、本当にありえないぐらい光栄なことだったので、その日はずっと興奮してましたね」

宮崎「ライブって、いつも凄く緊張するんですよ。まして、あれだけ大きいところでどうなるんだろうと思ってたんですけど、全然緊張っていうのがなくて。ずっと興奮の中で終わってた」

松岡「景色がとにかく凄かった。平日なのに、お客さんがたくさんいて、2万5千人ぐらい。その中でだったので本当に楽しかったです。普段とは違うところにお邪魔するというっていう意識だったので、やっぱ緊張はしましたね」
 

売れたご褒美?

6月19日、ベストアルバム『SHISHAMO BEST』をリリースしたSHISHAMO。

「ベストを出せるってことがとにかくありがたいよね。CDデビューして6年目なんですけど、ちゃんとベストが出せるような作品作りをしてこれてたんだなって、凄いありがたいことでもありますし、なんか良かったなって思います」

ベストアルバムのブックレットの写真を見ると、まるで台湾の思い出アルバム。

小堀「贅沢ですねえ。売れるとちゃうねえ」
3人「いや、いや、いや、いや」
 

台湾大好き

「去年、台湾で初めてライブをして、凄い台湾のお客さんの愛を凄い感じました。また台湾でライブもしたいし、これから、もっと頑張っていきたいなっていう気持ちも込めて、台湾で撮影したいということでやりました」

いかにも観光スポットという所ではなく、台湾の「その辺」で撮影した感じの良い雰囲気の写真です。さらに台湾にはこんな感想を口々に。

「美味しかったです」
「食べまくったね」
「めっちゃ食べましたね」
「夜市とか凄い良かった」
「買い食いした」

とにかく食べて楽しかったようです。台湾では食べるだけではなく、ライブの手ごたえもありました。
 

台湾での人気曲

宮崎「普段、自分たちがやっている活動が、遠い地にもちゃんと届いてるんだっていうのが、そこで初めて実感できたので、それが自信になったかなと思います」

台湾でのライブは、ほとんど現地の人だったそうです。

吉川「台湾だとこれが人気なんだ、みたいな違いがありましたね」

ライブの前日に、台湾でのSHISHAMOの人気曲を知り、急遽セットリストに入れたそうです。台湾ではバラードが人気なんだそうです。

みゃ崎「『夏の恋人』っていう曲のイントロをチャーンって鳴らした瞬間、オーッってなって意外でした。海外戦略はリサーチが大事だなと思いました」

海外でもファンを獲得し、等々力でもライブをしたSHISHAMOです。
 

ちゃんと喋れる

「自信がついたなと思うのは、みんな、ちゃんと喋って伝えられるようになってきた。最初の頃は、松岡なんていつも泣きそうになってて『俺のこと、怖いのかなあ』って思ったぐらい」

3人の成長を実感する小堀。

松岡「喋るのが得意じゃなさ過ぎて。喋りながら、凄いテンパっちゃうんです。でも、私も入って5年経ちまして、ちょっとずつ落ち着いて喋れるようにもなってきました」

吉川「確かに、最初は松岡が口を開いた瞬間に大丈夫かな?ってなってました」

宮崎「ちょっと心配気味なところもありました」
 

それぞれの交友関係

宮崎さんは現在「友活」中。

「ずっと私、友だちができないって騒いでたんですけど、去年あたりから作ろうと思って、動き始めてたら、ちょこちょこ友だちができました」

この友だち、いつも行く古着屋の女の子だそうです。

「たくさんとまではいかないですけど、信用できる友だち」が増えてきたそうです。

サッカー少女の吉川さんは、最近、昔のチームメイトとかに会う機会が多いそう。

吉川「一回ちょっと疎遠になっちゃった子と、また会ってご飯食べに行ったりが最近多くて、それは凄い楽しいなと思います」

「そして松岡は友達はいなさそうですね」と心配する小堀ですが。

宮崎「いやいやいやいや。これは友だちしかいないです」
吉川「友だちまみれ」
宮崎「パリピですよ」
 

おススメのバンドは?

これから夏フェスの季節を迎えますが、SHISHAMOも数多くのイベントに出演します。

同じようにフェスに出演するバンドで彼女たちが気になる存在は、ズーカラデルとgo!go!vanillasだそうです。
ズーカラデルは北海道出身と聞き、気になった同郷の小堀。

「他のバンドの人とは結構、やり取りしてるんですか?」

口々に「私たちは誰とも交流はないです」「交わることはないです」「リスナーとして」ときっぱり答える3人でした。
 

アリーナだって大丈夫

夏フェスの後は9月22日、日曜日は大阪城ホール。9月28日、土曜日はさいたまスーパーアリーナと大きな会場が続きます。ライブハウスと大型施設でのライブの違いをこう語ります。

「全然違う気持ちではやってますね。ライブハウスだとお客さん対私たちっていう感じでお客さんも負けじと盛り上がってきます。ホールやアリーナだと、一対一で音楽を届けられるっていう気持ちがあるので、実は凄くSHISHAMOに合ってると思います」

ライブハウスからアリーナまでこなすようになった成長したSHISHAMOを、まずは夏フェスで体験してみては? 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年06月23日08時22分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×