世界一の歌声の持ち主、海蔵亮太。Twitterではお茶目?

小堀勝啓の新栄トークジャンボリー / エンタメ

1月27日放送の『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』に、名古屋市出身の歌手、海蔵亮太さんが出演しました。

「本当に大きいですね」と小堀が感心してしまうほど、背の高い海蔵さん。

「すくすくと成長しまして。188で一応止まってるつもりなんですが」「いやーもうちょっとありそう」というやりとりから、小堀のインタビュースタートです。

発売されたばかりのファーストアルバム、『Communication』に込めた想いを語りました。

心に染みる歌声

リスナーから寄せられた海蔵さんへのおたよりを読みながら、和やかに話が進みます。

「生歌を聞いて金縛りにあいそうでした。心に染みます」(Aさん)

「歌がうまいに加えて、とにかく字がとても上手。性格もとても温和で明るく、欠点が全くありません!」(Bさん)

手紙を書くのが好きだという海蔵さんは、文字を書いて写真を撮ってあげたりしているといいます。

「亮太さんの生歌を拝聴して以来、美しい歌声、背が高く細身でかわいらしいお顔。毎日Twitterも拝見しております。細く長い指も大好きです」(Cさん)

「Twitterだとかなりお茶目入りますよね」と尋ねる小堀に、「普段は結構明るくポジティブな感じで生活してるので。普段のところを垣間見れたらいいかなって感じであげてます」と海蔵さん。
 

自分の声を一番聴いてほしい

KWC(Karaoke World Championships)というカラオケの世界大会で、2016年・2017年の2年連続優勝という輝かしい経歴を持つ海蔵さん。

「それが本当にきっかけで今こういうお仕事をさせていただいてるから。すごくありがたいなという気持ちがあります」

KWCは、約40か国の代表者による国際大会。

予選を突破して日本代表に選ばれるだけでも大変なことですが、「ほんっとうに運が良くて」と、謙遜する海蔵さんです。

「私は先日、『渡良瀬橋』を聞いてすっかりファンになりました」(Dさん)。

1月23日に発売となった海蔵さんのファーストアルバム『Communication』には、オリジナルの新曲が3曲。

そして、クリス・ハートさんの「I LOVE YOU」や、森高千里さんの「渡良瀬橋」などのカバー曲が10曲収録されています。

このアルバムのテーマは「自分の声を一番聴いてほしい」ということ。

楽器の数を極力減らし、声が引き立つようなアレンジとなっているそうです。

「歌詞とか日本語の美しさを、聴いている方々に届けられたらなっていう風には思ってます」と、今回のアルバムに込めた想いを語ってくれました。
 

新・3高

クリス・ハートさんのカバー曲「I LOVE YOU」は、今月の「いっしょに歌お!CBCラジオ」1月の歌。

海蔵さんはこの曲を歌うにあたり、クリスさんに手紙を書いたといいます。

「本当に僕もこの曲がすごく大好きで。もしお会いできたら直にお礼を言いたい。素敵な曲に出会わせていだいて感謝ですね」と海蔵さん。

この番組にも度々登場していたクリスさんについて、「本人も喜ぶと思う」と小堀。

「すごいいい人で。自分も色んな曲カバーするし。曲に対するリスペクトとか、人に対する優しさとか、半端ないから、喜ぶと思うなぁ」という小堀の話を聞いて、ますます「お会いしたーい!」と切望する海蔵さん。

2月には海蔵さんのワンマンツアーライブが決定しています。

「3高だよね、いわゆる高学歴・高身長・高音」と、とにかく羨ましがる小堀。
 

朝は笑って起きる

「うれしい!日曜の朝に海蔵さんの声が聴けて。アルバム『Communication』、毎日寝る時に聴いてます。アレンジの楽器が少ない分、声がすんなりと耳に入ってきます。
そして歌とは正反対の面をうかがうことができるTwitter。
2月23日、ボトムラインでのワンマンライブ参加します」(Eさん)

やはりTwitterでの海蔵さんに親しみを感じている方も多いよう。

「『Communication』、このアルバム。透き通る歌声で、大好きです。先日初めて生で聴いて感激しました。優しい笑顔にも癒されます」(Fさん)

小堀「いや、ほんと優しそうだね、大きいのに」
海蔵さん「毎日楽しく生きたいなとは思ってるので、形からとりあえず入ろうという感じで」

小堀「人は笑顔を見ると元気になるし、笑顔を見て怒る人はいない」
海蔵さん「僕も毎日、朝は笑って起きるようにはしてます」
 

世界へ発信するシンガーへ

「このアルバムもいろんな曲が入ってますが、どんな活動になっていくんでしょうね。世界に向かって歌っていくんじゃないかな」と尋ねる小堀。

カラオケの世界大会で、世界の音楽を肌で感じることができたという海蔵さん。

「これは僕にしかできない経験だなと思ってて。これからはその経験を逆に外に出すというか、アウトプットしていく時期かなと思ってるので。

今年は日本語の美しさ・素晴らしさというものを世界に発信できるようなシンガーになれるように頑張りたい」と、抱負を語ってくれました。

「自由に歌えるようなシンガーになりたいなと思います」

名古屋から世界へ発信していくシンガー、海蔵亮太さん。
これからの活躍にますます目が離せません。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年01月27日11時21分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×