これはもう焼肉だ!おつまみ『燃えつきホルモン』の充実感

河原崎辰也 いくしかないだろう! / グルメ

殺伐とした男くさい番組『河原崎辰也 いくしかないだろう!』ですが、CBCラジオの可愛い代表・清水藍のコーナー「清水藍のスイーツタイム」では、甘~いひと時を美味しいお菓子とともにお届けしています。

9月8日の放送では、甘くはない、むしろ辛い、パーソナリティの男くささが際立つおやつを紹介します。

「やみつき」から「燃えつき」

今回紹介するのは、アサヒの『燃えつきホルモン』。一口食べると焼肉気分になる人気おつまみです。



元々の商品はアサヒグループ食品の『やみつきホルモン』。
2016年に発売した、噛んだらやめられない旨さのホルモン菓子です!

その商品の新しいホルモンをつくろうと、開発者の方が日々ホルモン屋さんを行脚していたところ、激辛ホルモンのお店に出会ったそう!
 
激辛ホルモンと店内の充満する煙に「これぞホルモン!」と感じて発想したのが、この「燃えつきホルモン」。

旨辛タレで味付けしたスパイシーガツと、国産の山桜チップで燻製にしたスモーキーハツの2種類が楽しめるんです。

辛くてしかもスモーキー

「燃えつきホルモン」のコンセプトは、"『やみつきホルモン』以上のホルモン感"!

辛いお菓子は数多くありますが、辛くてしかもスモーキーなものはあまりないので、そこもこだわりとのことです。



ネーミングは「辛さ」×「スモーキー」=「炎」×「煙」⇒『"燃えつき"ホルモン』となったそう

食べると、お肉の旨味がすごい!
噛めば噛むほど肉汁が溢れてくる感じ。一滴も逃すまいと口を開けたくなくなります(笑)。

限定商品なので今すぐ急げ!

スタローンTシャツを着た河原崎辰也も『燃えつきホルモン』を手にし、男くささが倍増!



でも『燃えつきホルモン』はにおいが広がりづらく、音も出さずに味わえるのが嬉しいポイント。

さらに手がべたつかないので、小腹満たしとして携帯するには最適です。

9月いっぱいまでの期間限定商品で、セブンイレブンにて購入できます。

いつでもどこでも美味しい焼肉を食べられる『燃えつきホルモン』。
ごちそうさまでした~



(CBCラジオレポートドライバー 清水藍)
 
この記事をradikoで聴く

2019年09月08日17時32分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

×