2017年8月19日(土)

お買い物からがお料理です。ロール豚肉の梅肉風

丹野みどりの よりどりっ! / グルメ

木曜日の「オトナのいろどりっ!」は、関富子先生のお料理レシピ。
毎月のテーマに沿ったレシピを1品ずつご紹介いたします。

8月のテーマは「夏バテ解消!さっぱり料理」。
今回は「ロール豚肉の梅肉風」です。

料理作りは買い物から始まる

「『ロール豚肉』っていう段階で、面倒くさそうな香りがします」と丹野みどり。

そうですよね、“巻かなくちゃ”いけませんから。
ですが、それは料理を“台所”から始めるから。

簡単に作るために、まずは、スーパーで「ロール豚肉」にぴったりの「豚肉」をGETするところからはじめましょう。
お料理は“お買い物”からはじまるのです。

さて、選ぶ豚肉は、しょうが焼き用などの薄くスライスされて、パックにきちんと並んでいるもの。
200g前後入っている豚ロースなどを買ってきて、そのまま使います。

さきに梅肉ソースを作りましょう。
といっても、梅干をポンポンポーンと刻んで、お酒とお醤油とお砂糖でチュチュッと混ぜるだけ。
レシピでチュチュッて、関先生!

ですが、その先はぜーんぶ電子レンジが作ってくれるのです。

まずはクッキングシートを広げて、買ってきたお肉をパックからよいしょっとずらします。整列されている状態のまま、崩してはいけません。
ちょっちょっちょっと広げて、上から軽く押さえます。

そして、作った梅肉ソースを上からシュッシュッシュッとかけたら、大葉をトントントントンと散らして、あとはクルックルックルックルッとクッキングシートごと巻いていきます。

お肉がグルッと一周したら、キャンデーみたいに両端をキュキュッと閉めます。そしたらお皿に乗せて、電子レンジ500Wで6分チンして、できあがり。

この電子レンジの加熱時間は、豚肉が200gのときです。
心配な時は、3分チンしてから、ひっくり返してさらに3分チンすれば、ムラなく火が通ります。

味はさっぱり、調理も涼しい!

出来上がったお料理が丹野の前に並びます。
「バームクーヘンみたいでしょ?」と関先生。
確かに、かわいらしくクルンと巻かれています。

お肉が均等に並んでいないと、きれいに太巻き状に巻けません。だから、きれいに並んだお肉を買うことがお料理の最初のステップ、なのですね。
クッキングシート越しに巻いて、端を閉じてレンジでチン。

これだけですが、見栄えはとてもよい。
人が集まる時に、このお料理を出したら、どうしてこんなにきれいに巻けるの?なんて、料理の腕を上げたように見せることができそうですね。

梅肉ソースの代わりに、焼肉のタレを使うと、がっつりロール豚肉に大変身。
特にお子さんに喜ばれそうなお料理です。

今回は夏なので、梅干でさっぱり作りました。
梅干は、塩分8%で大きめのものを4つ用意。これで、塗るのも上からかけるのも十分な量が作れます。同じソースを塗ったりかけたりしますが、梅肉を大きめに切ると食べ応えがありそうですね。

この取材の様子を聞いた、夏休み中の丹野のピンチヒッターを務める室照美。
「私が取材したかったー!」と残念そう。
結婚されたばかりで、お料理を特訓中だとか。

このお料理は、火をまったく使いません。
梅肉ソースも、具材を切って調味料を混ぜるだけ。あとは電子レンジでチン。
台所で暑い思いをせずにお料理できます。味もさっぱり、まさに夏の救世主!
早速おうちで作りましょう、室さん。

材料とレシピ

【材料】
・豚肉 400g
[A]・梅干し(果肉) 4個
・酒 大さじ4
・醤油 小さじ2
・砂糖 大さじ1+1/3
・大葉 12枚
★つけ合わせ[B]・大根 100g
・水菜 50g
・大葉 8枚
[C]・酢 大さじ2
・梅干し(果肉) 2個分

【作り方】
① [A]を混ぜ合わせる。
② クッキングシートの上に200gの豚肉を並べ、1/2量の①をふりかけ、大葉を肉全体に置く。手前から肉をクルクル巻き、キャンディーのように包む(これを2本つくる)。
③ 500Wのレンジで1本につき6分、加熱する(2本で12分、1本ずつの方がオススメ)。
④ 5分くらいしたら肉を取り出し、1cm厚に切る。
⑤ 蒸し汁をボウルに移し、[C]と混ぜ合わせる。
⑥ [B]の野菜は細く切り、氷水に放ち、パリッとしたら水気をしっかりきり皿に盛る。④を盛りつけ、⑤をかける… できあがり。
(榊原)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line