2017年9月9日(土)

嫁に食わすな!嫁が食わすか?秋茄子を使ったピリ辛スープ

丹野みどりの よりどりっ! / グルメ

木曜日の「オトナのいろどりっ!」は、関富子先生のお料理レシピ。
毎月のテーマに沿ったレシピを1品ずつご紹介いたします。

9月のテーマは「秋の味覚を満喫!料理」
秋が旬の食材をテーマにした料理をお届けします。

今回は「秋茄子」を使った「酸辣湯」です。

想像してごらん、すぐに思い浮かぶだろ?

読み方は「サンラータン」や「スーラータン」。中国語ですので多少の表記のゆれはご勘弁。
どんなお料理かと申しますと、酸味が効いたピリ辛スープです。旬の秋茄子、そして夏の名残のトマトをたっぷり使った、夏バテ解消にもぴったりの料理です。

酸っぱ辛いものが大好き、そして、「おナス」と「御」を付けてしまうほどナスが大好きな関先生。
さらに、先月、先々月と変わり風邪を引かなかった丹野みどり。2人ともハイテンションでトークが止まりません。

さて、料理名を聞いても作り方がピンとこない「酸辣湯」。
気になる作り方は?

まず、鍋に少し油を引いて、ショウガとおナスを炒めます。
ショウガは千切りを少し。

おナスはたっぷり使います。
4人前のレシピで2本と書いておりますが、ナスが好きならもっとたくさん使ってください。秋茄子は嫁に食わすな、と言われるほど美味ですからね。

ナスは食べ応えがあるように、十文字で大きめに切ります。加熱するとびっくりするくらい小さくなりますから、ゴロゴロと大きく切りましょう。

ナスって油が大好きですよね。少し入れても、すぐになくなった感じになるくらい、ナスは油をよく吸います。
そこで関先生のテクニック。油をちょっとずつ足しながら炒めるんです。
全体で使う油は大さじ1~2。それを数回に分けることで、ナス全体に油が行き渡ります。

ナスが炒まったら、豚肉を入れて白っぽくなるまでしっかりと炒めます。
豚肉は細切れで、部位はお好きな部分で結構です。下味はつけません、ザクザク切るだけ。
楽チン、と目を輝かせる丹野みどり。
そこに豆板醤を加えて少し炒めます。

豆板醤が絡んだところに水をバサッと入れて、鶏がらスープの素を入れて一度煮立たせます。
灰汁はそんなに出ませんが、気になるようなら取り除いてください。
グツグツグツグツと10分ぐらい煮たら、調味料で味を付けます。
といっても、使うのは醤油だけ!
そんなにシンプルでいいの?と思いますが、トマトと豚肉と鶏がらスープ、これらから出る旨みで十分なんです。

いい具合に色がつき、おナスにも火が通ったら、トマトを入れ2、3分煮ます。
こちらもレシピでは大きめのを1個ですが、2個使ってもよいですよ。
湯剥きの必要はありません。皮付きのままポンポーンとクシ切りにします。
種の周りに旨みがいっぱい詰まっているので、残すことなく全部入れましょう。

さあ完成まであとちょっと。
酸味のポイント、お酢を入れます。1杯ずつ味見をしながらお好みの味になるまで入れましょう。ちなみに関先生は多めがお好きです。

盛り付ける直前に、ザクザク切ったニラを入れます。黒くなると色目が悪いですから、緑色を残すように後入れします。
あとは、器に盛って、食卓でラー油を垂らします。

広がるレシピ、作るしかない!

「酸辣湯」は中華料理ですが、アジアン風といいますか、タイ料理にありそうな見た目です。

しかしこれが、白いご飯によく合う!
具だくさんのスープですので、汁物というよりもおかずみたいです。
豆腐やきのこ、ズッキーニを加えてもおいしいとのこと。
リスナーさんからのお便りでも、卵を入れてみたら?なんて、レシピがどんどん広がります。

さて、口に運んだ丹野みどり。
トマトのグズッとした感じと、ナスのトロッとした感じが何ともいえません。
調味料はシンプルなのに、とても複雑な味。具材のおいしさが存分に生きたスープです。

今回のレシピは本当に簡単。切ることも大したことはないし、調理している場面が簡単に想像できます。

そして、収録が終わってからも、関先生にレシピを確認し続ける丹野みどり。
なんと、収録の翌々日に自分で作ったとのこと!
(この記事の調理画像も丹野みどり自身のもの)

関先生のコーナーを担当して3ヶ月目ですが、作ったレポートを受けたのは初めてでございます。
丹野も何度も食べたくなる味。ぜひお試しあれ!

材料とレシピ

【材料】
・豚肉 100g
・茄子 2本
・生姜 少々
・ニラ 1/2把
・トマト 1個
・油 大さじ2
・豆板醤 小さじ1
・スープ(水と鶏ガラスープの素でOK)4カップ
[A]・醤油 大さじ1/2~
・塩 小さじ1
・酢 大さじ1~
※ラー油 お好みで

【作り方】
① 豚肉は1cm幅に切る。
② 茄子はヘタを落として、縦4つに切ってから1.5cm幅に切る。生姜は千切りにする。
③ ニラは3cmの長さに、トマトはくし形に切る。
④ サラダ油を熱し、まず生姜と茄子をよく炒め、ここに①を加え炒める。豆板醤を加え、ひと炒めしたら、スープを注ぐ。
⑤ 10~15分煮て[A]で味をつけ、③を入れ2~3分煮て、酢を入れひと煮する。器に盛ってラー油をかける…できあがり。
(ディレクター榊原/調理・撮影 丹野みどり)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line