2017年8月31日(木)

再生総数5000万回!とろける声で人気急上昇中の橋本裕太

ナガオカ×スクランブル / エンタメ

「SNS世代の正統派男性シンガーソングライター」と言われる橋本裕太さんが8/29の『ナガオカ×スクランブル』に出演しました。

動画の再生総数は5000万回!
SNSで話題になってデビュー、と聞くと何の苦労もせずパッと現れたように思いますが、なんと音楽を目指してからデビューまで7年もかかったそう。話を聞くと、好青年でホントに応援したくなります。永岡歩アナウンサーのインタビューです。

オルゴールアレンジで歌ってみた

―SNSをやっているそうですが。
橋本「TwitterやMixChannel(ミックスチャンネル)とかやっています。MixChannelは、女子中高生版YouTubeみたいなもの。今とても人気がある動画コミュニティです。

―昔、あったVineは6秒だったけど、MixChannelは?

橋本「僕がやった最高が1分くらいです。YouTubeみたいに長くはないです」

―その中で橋本くんは何をしてたの?

橋本「僕はオルゴールアレンジでいろいろな曲をカバーしています。AIさんの『Story』とか。
ミックスチャンネルもそうですが、いろんな動画サイトがある中で、歌をあげている人はたくさんいます。その中で埋もれてないように、いろいろ考えました。たとえば、アカペラだと、すでにたくさんいて、ゴスペラーズには勝てないし」

―ヒューマンビートボックスでは?
橋本「歌をお届けしたかったので(苦笑)」

ケバブ丼にいちばん感動

オルゴールに音を変換するのに、音楽の専門学校時の友人で打ち込み系ができる人に、今まで100曲くらい頼んだという橋本さん。
ところが、まったく謝礼は払ってないそう。どうお礼をすればいいか考える二人。

橋本「今度ご飯ごちそうします、何をおごればいいですか?」
―学校はどこにあったの?
橋本「仙台です」
―東京で食べたいちばんうまいものをおごろう。
橋本「いちばん感動したのが、ケバブ丼!東京多いじゃないですか。仙台なかったんです」
―それじゃ許されないよ。

―全国各地、いろんなところでプロモーターさんにおいしものに連れて行ってもらったりするから、それをおごればいい。
橋本「ご当地ご飯めぐりツアー?」
―移動時間はひまやからパソコン持って行ってもらって、その間も作ってもらう、と。
橋本「いいですね(笑)」

総再生回数は5000万回!

―100何曲あげて、再生回数は?
橋本「5000万回くらいです」
―いったなー!!MixChannelはお金もらえるの?
橋本「もらえないです」
―YouTubeにしとけばよかったな。(YouTuberの)ヒカルさんが年収5億とかいうよ。その代わり歌わずに、企業案件ばかりになるよ。
橋本「それはもったいない。やっぱり歌が大好きななので」

デビュー曲『NEW WORLD』リリース!

―いよいよ8月9日、デビューシングル「NEW WORLD」がリリースされました。
2010年にアニソングランプリに応募。仙台予選で準優勝し、育成アーティストになった。しかし、そこからデビューまで7年かかった。

橋本「その間に高校と専門学校を卒業しましたので。いや、正直何回も心折れそうになって、歌向いてないな、やめようかなと思うこともありました。でも瞬間瞬間で、歌が楽しい、好きだと思うできごとがありました。ライブだったり、動画を聴いてくれた方の反応だったり。そのひとつひとつがパワーになってここまでやってこれたと思います」

―作詞もご自身ですが、どうですか?

橋本「デビューまでの7年間の思いをぎゅっと詰め込みました。作詞もそうですが、レコーディングに2年くらいかかりました。Aメロは2年前の声で、サビは今の声だったりして、思い入れの深い曲です」

―2年間の思い、そして2010年、歌手を目指した時から7年間の思い、すべて入った一曲「NEW WORLD」ぜひチェックしてください。

橋本「また、今年12月には初のクリスマスワンマンライブを12月15日金曜日、品川プリンスホテル クラブeXで開催します。クリスマスならではの曲だったり、サウンドだったりでお届けできたらと、まだ妄想段階ですが思っています」

まさにとろける様な歌声で、甘いマスクと共に人気急上昇中です。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line