2017年8月23日(水)

ボイメン田中俊介、4か月ぶりの出演なのにマイクの持ち方でいじり倒される。

BOYS AND MEN 栄第七学園男組 / エンタメ

名古屋を中心に活動するエンターテイメントグループ”BOYS AND MEN”がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。
8/21の放送では、水野勝・吉原雅斗、そして約4か月ぶりの登場となる田中俊介が登場。

「干されてない!出禁になってないよ!でも俺も2か月目あたりで『あれ?干されたかな?』って思った。聞いたら違った」

田中が語るように、あくまでもスケジュールの都合だったとのこと。
前回はド金髪にヒゲといういで立ちだった田中が、久々フレッシュに登場です。

マウスピースみたいなシリアル

おしゃべり大好きな3人ということで、今回のメッセージテーマは「フリメ」。
最近の出来事や、夏休みの報告、メンバーへ質問・疑問などを募集しました。

まずは愛知県のAさんからのこんなおたより。

「皆さんが最近食べたものの中で、一番おいしかったものは何ですか?私は青森の郷土料理、貝焼き味噌がおいしかった。貝のおいしさに改めて気づかされました」

「最近もっかいシリアルうめぇなって思い出した。ムチャクチャうめぇ、シリアルって」と話すのは吉原。
特に好きなのは「チョコの輪っか」。

「あれシケると、プリンプリンの食感になる」「あれはあれしか体感できん食感」「マウスピースみたいな」
牛乳に浸しすぎたシリアルも、また一興と語る3人。

水野は「俺はサムゲタンかな。定期的に行く焼肉屋さんで。あれはマジうまいですね。やべぇこのままじゃ風邪ひくってなったら食べるんだけど、全然元気になる。元気なって寝れんくなる時ある。そんぐらい復活するねーあれはいいね」

トゥルルルルルル

田中は「日本酒・稲村屋」と渋い回答。

対して水野は「俺、日本酒まだわからんのだよね。この間チョビ飲みしたんだけど、やっぱまだビールとかなんだよね」と、まだ田中の域には達していないことを語ります。

田中「勝もスイッチ入ってトゥルルルルルルって見てみたい!」
水野「恥ずかしいねー」
田中「恥ずかしいんだよ、これ。でもこれを味わわせたいんだよ。お酒の力によってトゥルルルルルルってなってしまう」
水野「トゥルルルルルルってなったことないもん、俺」
田中「そうだよね。そもそもそんなに量を飲まないもんね、勝はね」

ここで、メンバーの本田剛文が、以前打ち上げでトゥルルルルルルになって号泣しながら毒を吐いていたことを思い出します。

本田(回想)「勇翔は何もできんけど、いるかいないかわかんないかもしれないけど、アイツはアイツで頑張ってて(泣)」

「めちゃくちゃディスっとるよな」「めちゃくちゃ面白い」
楽しくて仕方がないと言った様子の3人。

名古屋は仲良くなったら家族

続いて福島県のBさんから。

「CBCラジオ夏まつりの時に初めて名古屋に行きました。車の運転の荒さにびっくりしました。車だけじゃなく歩いている人も、みんな自分に向かって歩いて来ている気がして戸惑いました。私の錯覚でしょうか、それとも名古屋ではこれが当たり前なのでしょうか」

水野「嬉しくないワースト1だよね。名古屋で走れちゃうと、他で全然走れますよって言いますよね」
吉原「(クルマはともかく)人はそんなことないと思うけどね」
水野「まあ名古屋の人って閉鎖的っていうか、仲良くなるまでにちょっと時間かかるっていう人いますね。ただ、めちゃくちゃ仲良くなったら、ホント家族同様みたいな」

加湿器を抱いて眠る男

そして名古屋のCさん。

「私はついに夏風邪をひいてしまい、咳と鼻水がとても辛いです。トップアーティストのボイメンの皆さんは、風邪の予防法などはありますか?」

「トップアーティスト」という言葉にひっかかった3人。「ちょっとイジっとるやろ!」「Cがイジってきましたね」

水野は前述のサムゲタン。
田中は「寝る時に加湿器抱いてるからさ。のどのために」

「とか言いつつ、昨日酒めっちゃ飲んどるけどね!」と、その矛盾に自ら爆笑します。

水野「夏はシャワーで終わっちゃいますけど、たまにはお湯にしっかり浸かるとか。全然興味ないけど吉原とかどうなの?」
吉原「ライブの前の日はお酒は飲まない、ま、そもそも飲まないけど」
水野「さすがトップアーティスト」
吉原「ええ、トップですから」

ずっとリンゴジュースを飲んでいたことをいじられる田中にイジられる吉原。

ロックアーティスト田中

愛知県の14歳、Dさんから田中へのメッセージでは、衝撃の事実が明らかになりました。

「俊君以外のメンバーはマイクをしっかり握って持ってますが、俊君はお兄さん指だけマイクから離して持っています。自分で気づいてますか?マイクの持ち方、めっちゃかっこいいよ!」

「なんかさー、ちょいちょいイジってくるよな!それも絶対イジっとるだろ!」

お兄さん指(中指)か人差し指かどちらかのようですが、田中がその理由を語ります。

「立ってるね。でもね、その理由っていうかね、クセなんだよね。俺がずっとこどもの時からの。ずっと野球やってたから、バット握る時、力抜くために人差し指を浮かすっていうクセがついてる。あんまギュッと握りしめちゃダメなんだよね。ある程度力を抜かないとっていうので。そのクセが多分マイクでも」

「バッター目線でマイク握っちゃってんだ」との問いかけに
「あー、なのかな。俺、上げてるね。恥ずかしい、恥ずかしいな」と、大テレの田中。

「ロックアーティスト田中」と、どこまでもイジられます。

マイクニギニギ田中

ここで、あることを思い出した吉原。

吉原「昔さ、俊君、こうマイクをさ、ニギニギ」
田中「乳搾りみたいなやつね。俺そんなことやっとった?」
水野「握りなおしたりとかね、ニギニギあった」
吉原「小指からグーにしていく感じ。1フレーズ終わったあとにニギッてやってたのよ。2年前くらいまでやってたよね。ニギニギしてるなと思ってて。どっかのタイミングで全くやらなくなって」
水野「ニギニギからバッターになった」
田中「うわー!これ恥ずかしいな」

うっかり気を抜いたら「アー出たー!バットじゃないよ!」という歓声が上がるもしれません。
今後、田中の人差し指から目が離せませんね。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line