2017年8月19日(土)

04 Limited Sazabys、新曲のメッセージは「自分自身に生まれ変われ」

ナガオカ×スクランブル / エンタメ

ロックバンドの04 Limited Sazabysが8/17放送の『ナガオカ×スクランブル』に出演しました。
メンバーはGENさん、KOUHEIさん、RYU-TAさん、HIROKAZさんの4名です。

「素晴らしいね、フォーリミは。ここまで来たとしても、まだちゃんとプロモーション回ってくれると。それはもう30分遅れでインタビューがスタートという、どうなってんだ!!という話ね」

感謝の言葉を述べるのかと思いきや、遅れてきた4人への嫌味をキッチリお見舞いする永岡歩です。

GEN&永岡。まるで漫才コンビ?

「他局の人がようしゃべるしゃべる。盛り上がっちゃってね」と、こちらもキッチリ言い訳をするボーカルのGENさん。

「それを外して『ナガオカ』に遅れずに来るっていうそういう選択肢は!」と、なおも詰め寄る永岡に「アップがいるんで」と秀逸な返し。

これには永岡も「そういうことか。前座、オープニングアクトか!」と気分を取り戻します。

「下地っすよ」
「ファンデーションみたいなもんすよ」
「なるほどな!ファンデーションの上、なんか塗るんかい!チーク?要る?要らんでしょ!」

漫才のようなやり取りが止まりません。

「Squall」に込めた想い

昨日のライブで8/30にリリースされる「Squall」が初披露されました。
シングルとしては1年3か月ぶり、作詞・作曲はボーカル・ベース担当のGENさんです。

「僕たちもこうやって武道館させてもらったり、”YON FES”2年もやらせていただいて。なんかこういろんな達成感があって。今僕らのモチベーションとしてはどこに向かってるんだろうと。上に目指すとか前に進む先に進む、新しい武器を手に入れる、引き出しを開けるとか。なんかそういう歌をいっぱい歌ってきたので。ここで一回立ち止まって自分自身を見つめなおして、”自分自身に生まれ変われ”っていう曲にしました。今回は」(GEN)

永岡も「だからその立ち止まる、そして自分自身をまず高める。いろんなものを増やすんじゃなく、自分が一回自分を確認して。自分というものに向きあうっていうのが大事だなって思ったんだ」と納得。

「僕たちバンドとして集団でいるし、いろんな関係者、いろんな人がサポートしてくれているので。言ったら”群れ”でいるわけじゃないですか。群れでいると、自分が本当に何を考えていて何をしたいか、ちょっとわからなくなってくると思うんですけど。その時に一回ちゃんと自分自身を見つめなおして、その上でみんなと話し合っていかないと、なんかこうわからなくなってしまうんですね」(GEN)

「いい曲ができたと思ってます」

ドラムのKOUHEIさんもこう語ります。

「思ってますね、やっぱこうシングル出すたびに歌詞が最後あがってくるんですけど。すっと入ってくるというか。僕は言葉に表すのがそんなにうまくない方なんですけど。思っていることをGENがこう言葉を選んで出してきた時の『ああそうそうこういう感じこういう感じ』みたいな。なんか代弁してくれる感じなのか。別に打ち合わせしたわけじゃないけど、そういうのがGENから出てきた時に、そのタイミングで奮い立たせられるというか。リンクするというか」

「まあ、『だいべん』だけに出てきたということですね」

真面目ないい話のあとでGENさんが下ネタに走ります。
照れ隠しでしょうか。

「それこそ、この4人が別々の方向を向いちゃいけないっていう時に、今回こういう曲、あがってきた歌詞で、メンバーが同意してくれるっていうのがGENとしてはうれしいの?」

核心に触れる永岡。

「やっぱり発信して、いろんなメッセージを言う側じゃないですか。僕の意見がバンドの意見になったりするわけですよ。なので、僕が言ってることは、きっとメンバーも感じてることだろうとか。これを言えば、きっとメンバーもこう思ってくれるだろうとか、そういうことも考えたりしますね」(GEN)

「本当にいい曲できたと思ってますんで」と語るように、かなりの自信作なんだそう。

因果を感じる展開

今後もイベントやフェスへの参加が続く04 Limited Sazabys。
この中京エリアでは、10/20に永岡が「大好き」なガールズバンド・SCANDALとの対バンツアーがZepp Nagoyaで開催。
さらに10/28には⽇本ガイシホールで行われるHi-STANDARDのライブにも参加決定です。

中学生の時に初めて行ったライブが”ガイシホール”だったと語るGENさんにとって、とても思い入れの深い場所。
そこで憧れの「ハイスタ」とツーマン。
さらにその日はGENさんの誕生日。
そしてHi-STANDARDのフルアルバムの名前がなんと『gift』という、なんとも運命を感じる展開。

「なんかいろんな因果を感じざるを得ない。なんか持ってるなと思います」と、GENさんも感慨深げです。

来年1/25・26にもZepp Nagoyaでの単独ライブが決定しました。
こちらもぜひぜひチェックしてください。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line